--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末はいつも

2007年03月30日 23:44

060521白馬鑓温泉

去年の5月21日の白馬鑓温泉です

 月末月始はいつもの事ながら商売柄異常に忙しくなります。それに加えて年度末や年末年始、ゴールデンウィークや連休になるとそれに輪を掛けて忙しくなるのが恒例の職場ですが、今年はどういうわけか狂乱状態に陥るほどの忙しさではないような気がします。働く立場からすれば人間らしい生活を送れるので結構な事ですが、会社的には前年との比較で売り上げがダウンするのは決して良い傾向とは言えないでしょう。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

いよいよ春?

2007年03月29日 00:02

060401白谷シュート

去年の4月1日・三方岩岳下部の無名シュート

3月に入ってしばらくは寒の戻りで寒かったけど、今週に入ってからは完全に春モードに突入してしまいました。僕的には精神的に非常に安らぐのですが、山スキーモード全開の人達にとってはあまりにも急激な気温の上昇にヤキモキしている事でしょう
[ 続きを読む ]

イライラの一日

2007年03月28日 02:50

060504室堂乗越

昨年のゴールデンウィーク後半。5月4日。立山の室堂乗越にてリュースケ氏と雄山をバックに

 今日(昨日が正しい?)は朝から仕事で最悪な出来事があって、それに輪を掛けるようにいろんなトラブルが続出するもんだから、午後からは終始イライラカリカリしていた。普段は馬鹿話をしながら呑気に(って事も無いか)仕事しているけど、今日ばっかりは目の前の仕事を次から次へとこなしていかないと手遅れになるような事ばっかりだったので、夕方以降にはちょっとした事でもイライラ度が急上昇し、周囲に余計なプレッシャーを放出してしまった。これは僕の悪い性格の一つで、早いとこ直さないといけない、とは思っているけど、一度この症状が出るとその日のうちに回復する事は極めて難しい。結局家に帰ってフリースを脱ぐ時にもファスナーがスムーズに開かないとみるや、この野郎!と勢いにまかせて引きちぎってしまった。これはある意味病気かもしれない。


[ 続きを読む ]

地震その2

2007年03月26日 22:46

070224三方崩山Aルンゼルート図

 写真は2月24日に滑った三方崩山のAルンゼ(仮称)です。本峰に向かって順番にDルンゼまであります(もっと過激なラインもあるのかもしれませんが、僕には見出せません)Dルンゼは恐らく唐松本谷と同じくらい広いと思われるので、ルンゼと言う呼び名は適正ではないかもしれません。とりあえずは来シーズンの課題です(写真は大ソロさんが対岸の御前岳前衛から撮って頂いたものです。有難うございます)。
[ 続きを読む ]

地震

2007年03月25日 22:50

三村山1327からの白山

(三村山近くからの白山です)

今日もやる事がなくて、布団の中でウダウダ寝てました。すると何だかグラグラ揺れ出し一向に収まる気配がありません。15秒位でしょう?ようやく地震が収まりました。テレビの上に置いてある目覚まし時計が落ちそうで落ちなかった程度で、被害は全くありませんでした。揺れの大きさとしてはかなり大きな規模の地震でしたが、割とゆったりした横揺れだったので、その後すぐに二度寝に突入。ぐっすり寝入ってしまいました。しばらくするといろんな友達から安否確認メールが入ってました。有難い限りです。
[ 続きを読む ]

RUSH~Exit...Stage Left

2007年03月24日 23:17

ラッシュ 神話大全

 写真のアルバムはカナダの至宝・ラッシュが1981年にリリースしたライブアルブアルバム『ラッシュ・ライブ~神話大全』です。当然の事ながら’81年の時点では私はまだ9歳(小学校3~4年)。なので、リアルタイムでは購入していません。僕がラッシュにはまり始めたのは確か大学2~3年の頃だったと思います。きっかけはドリームシアターを聴き始めた事です。
[ 続きを読む ]

スキーの原点

2007年03月23日 23:31

070321キゴ山下から

 つい先日も登って来た(ツボ足での登り下りです。決して滑ってはいませんから)金沢市営医王山スキー場、通称キゴ山スキー場の全景です。このスキー場は僕の自宅のある湯涌温泉から車でわずか15分弱と言う近距離にあり、リフトはファミリーコースにシングルリフトが1基、中上級者コースにペアリフトが1基設置された非常に小規模なスキー場ですが、週末ともなれば沢山の子供連れや一般のスキーヤー、ボーダーが訪れます。その理由は近い、と言うのはもちろんですが、値段が強烈に安い(一日券1500円、半日券800円)と言うのが一番の理由だと思います
[ 続きを読む ]

キリン・ザ ゴールド

2007年03月22日 23:49

キリン ザ ゴールド

 ここ最近のお気に入りビールと言えばもっぱらサントリーのザ・プレミアムモルツです。でなければ適当に発泡酒やその他雑酒をその日の気分で選んでました。

 そんな中で20日(火)にキリンが一番搾り以来の新製品を発売しました。発泡酒やその他雑酒でキリンを買う事はあってもラガーや一番搾りを好んで買う事がなかった僕としては特にこのザ・ゴールドに注目していた訳でもありませんでしたが、ものは試しで早速飲んでみました。

 で、感想は?意外や意外、中々に美味しいです。ラベルを良く見てみると、やはり、と言うか原材料には麦芽とホップのみが記載されてました。酒の微妙な味の違いが分からない僕でも何故かビールの微妙な味の違いだけは判別出来るみたいで、結果として米やコーンスターチなどの余計な(僕にとってですが)原材料の入ってないビールは僕の嗜好にとても合っている、と言うのが判明しました。ちなみに左はアサヒの発泡酒・本生のアクアブルーです。ザ・ゴールドを飲んだ後にこれを飲むとビール風味のシュワシュワな味気ない水を飲んでいるような気がします。比較するのが間違いと言えばそうなんですが。

懲りずに医王山ハイク

2007年03月21日 18:45

070321キゴ山山頂

医王山スキー場のトップから大門山をバックに。

やる事がない休日。とは言っても自宅でのんびり寝続けるにも限度ってもんがあります。けれど無理してスキー場に行ったり山に行ったりしたら折角固まりつつある靭帯をまた損傷させてしまうのは間違いないので、無理せず雪景色を楽しめる近場、という事でまたしても医王山スキー場(通称キゴ山)に行ってきました。
[ 続きを読む ]

連日の雪

2007年03月19日 21:31

 ここ二週間ほど季節が一ヶ月半逆戻りしたかのように連日雪が舞っています。さすがに市街地では積もる程の勢いはありませんが、昼間の気温は5~7度ほどと一定しており、上空に寒気が入っているおかげで、決して雨にはなりません。こんな天気が一月下旬から二月上旬に掛けて持続してくれていたら、過去最悪の小雪なんて事態にはならなかったかもしれません。石川県内のスキー場もこの寒気のお陰で何とか25日まで営業のメドが立ったようです。こんな小雪な年こそゲレンデでコソ練しておきたかったのですが・・・。

 ところで、今日でケガしてから2週間ちょっと経過しました。症状は一進一退しながら徐々に回復している(と信じたい)と思いますが、お医者さん曰く、靭帯が固まるまで3週間は掛かるので、無理をしないように!との事。折角の日曜日も夕方に市内の温泉に行くまでは家に閉じこもりっきり。アウトドアの人間がじっと家にいると体が段々腐っていきそうな恐怖感にさいなまれます。復活の日が待ち遠しい・・・

 しばし古いネタをお楽しみ下さいませ

070103白乗山ちゃん

今年の1月3日。白馬乗鞍での山ちゃん

010703白乗いたぞ~

同じく白馬乗鞍での私

3月3日の芝倉沢上部

2007年03月18日 00:00

 ホームページにもクイックタイム形式のより便利な動画がアップしてありますが、ブログにも動画があったほうがより簡単に楽しんでもらえるのでは、と思い早速実験してみました。ブログやホームページでサーバーに保管出来る容量は限られているので、無料で保管出来る動画サイトの保管スペースへリンクする形でアップしようと思います。

 クイックタイムのようにコマ送りしたり、画像切抜きしたり、と言った小細工が出来ない(ツワモノなら出来るのかもしれませんが)、と言った不便さはありますが、クリックして直ぐに再生してくれるので、雰囲気を気軽に楽しめます(ひょっとしたらホームページも今後はこっちに移行するかもしれません)。あの時の動画を載せてくれ!なんてご希望があれば遠慮なく連絡下さい。アップして欲しくない場合は直メールする事も可能です。




再・10分ほど前に動画の開始画面を他のブログと同じように貼り付けてみましたが、やり方が間違っているのか上手く動作してくれませんでした。と言う訳で、一手間掛かりますが、保存しているサイトへリンクで飛んで頂こうと思いますので、ヨロシクお願いします。↓↓↓↓↓

芝倉沢イッシー2



http://f.flvmaker.com/mc.php?id=fFxcQpY4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpXCjEYGJBYeIHBtbf/CMgTEYY_6tqRiiNDPOecPQAcgkiCVT1pcEkKix

今日も雪が降ってます

2007年03月17日 23:23

一時ほどではありませんが、今日も時折雪が降ってました。積もるほどではありませんが、気温が低い分山では中々の良いコンディションが持続しているのではないか、と推測出来ます。今さら期待してもしょうがないのですが・・・。

ちなみに痛めた右ひざの内側は普段歩く分にはほぼ支障がなくなりましたが、正座を長時間した後に膝を伸ばそうとすると普通に痛みます。痛みがないと下手に無理する可能性が大なので、かえって注意信号として良いのかもしれませんが、やっぱ痛みなんてない方が良いに決まってます。明日も当然の事ながらやる事がありません・・・
071123立山

写真は去年の11月23日の立山・雄山山頂です。バックの尖ったピークは針の木岳、その後方には蓮華岳です。復活予定のゴールデンウィーク以降にでも行きたいのですが、果たして雪が残っているのかどうか?

ホテルパン

2007年03月16日 23:59

DSCN3731.jpg

くだらないネタでスイマセン。

 ご存知の通り(?)僕は普段ろくな物を食べてないので、味にこだわりなんてないだろう、と周囲の人達に思われているかもしれません(まあ大学時代や就職したての極貧時代はまさにそうでしたが)かと言って決して食通な訳でもありませんが、微妙なところでこだわってしまいます。

 それがこのホテル食パンです。半年ほど前たまたまイオンで半額で売っていたのをひやかしで買ってみたら、普段食べてる一斤150円弱のパンとは比較にならないほど美味しくて、以来安物の食パンは買わなくなりました(ウソです。たまには買ってます)。ちなみにこのイオンのホテル食パン、定価240円です。驚くほど高い訳でもありません。だけど貧乏性の僕は夜9時以降に2割引になってからしか買いません。食べる時もフワフワ感をガブリと楽しみたいので、必ず4枚切りを買います(耳もとても美味しいパンなのですが)。

 こういったちょっとした贅沢が日々の生活に微妙なアクセントを付けてくれて、充実度を高めてくれます。さて、明日からの週末、積雪が増えて山スキーヤーには最高の休日になるのではないでしょうか?僕もケガさえしていなければ週末の運動消費を当てにして普段食べれないデザート類に一気に食指が動くのですが、さすがにそれだけはガマンガマン。一刻も早く治って欲しいものです。

僕はメタル好きです

2007年03月16日 00:12

 と言っても金属マニアではありません。ヘヴィメタルの事です(んなこたぁ分かっとるわい、って?)。
 
 ちなみにいきなりヘヴィメタルが好きになったか、と言うとそうではありません(当たり前か?)小学生の頃は周りの皆と同じで歌謡曲(えらい懐かしい響きだなぁ~)ばかり聴いていました。で、中学生になると、ある友達がまだ当時珍しかったCDプレイヤーを既に持っており、その中にはポリスやカルチャークラブ、シカゴなどのCDがありました。そのままでは当然聴く事が出来ないので、テープにダビングしてもらい家のラジカセで聴き始めたのが洋楽への取っ掛かりでした。

 その頃テレビではマイケル富岡のMTVや小林克也のベストヒットUSAが放映されており、それに引きずられる様に徐々に洋楽漬けとなっていきました。とは言え高校に入るまではもっぱらスティングやマドンナ、バングルスなどのポップ路線中心でした。

 高校に入ってしばらくして、ある同級生が『これ絶対カッコいいから聴いてみい』とDOKKENのBack For The Attackのテープをくれました。これがきっかけとなり、徐々にヘヴィなものばかりを聴くようになってきました。ハードロックから次第にヘヴィメタル~スラッシュメタル~デスメタルへと。で、一時70年代中心のプログレを聴いたか、と思えば今度は現代版プログレの代表格DREAM THEATERと出会い、以降はひたすらプログレッシブヘヴィメタルにはまりまくりました。さすがに30歳を越える辺りからは常にヘヴィメタル、と言うのも疲れるので適度にポップも聴くようになりましたが、未だに基本はヘヴィメタルです。

DSCN3730.jpg

前置きが長くなり過ぎましたが、今一番のお気に入りアーティスト&アルバムを紹介します。PARADISE LOSTと双璧を成すゴシックメタル(シンフォニックメタル)の代表格THERIONの最新作『Gothic Kabbalah』(右下)です。たぶん10作目位だと思います。このバンド、初めはゴリゴリのデスメタルだったらしいのですが、徐々にシンフォニックな要素が多くなり、今ではデスともスラッシュともヘヴィメタルとも言えないいろんな要素を持ったとても個性的な音楽を作ってます。とても一般受けする音楽ではありませんが、一聴して彼らと判別の付くオリジナリティやその高いクオリティ、そして次々と高品質のアルバムをリリースし続ける無尽蔵の創造性には本当に驚かされます。いろんなヘヴィメタルを聴いてきて、最近聴きたいのが見当たらない人には是非ともお薦めしたいアーティストの一つです。

モンチュラのシャモニージャケット

2007年03月15日 01:01

DSCN3723.jpg

 HPの道具欄にもアップしてありますが、谷川岳山行き直前に衝動買いしたモンチュラのシャモニージャケットについて詳細を書きたいと思います。

 僕がジャケットに期待する事はいくつもありますが、やはり何だかんだ言ってもデザインの良さが最重要事項です(そんなんで良いのか?)。誰にも見られる事なく単独で山行を重ねているので、デザインなんてどうでも良いのでは、と思われるかもしれませんが、自分がダサいものを着ている、と感じた段階でモチベーションがかなり減退してしまうのです。その点、このジャケットはシンプルだけどどこかプロっぽい雰囲気がして、シルエットも中々に良いです。色調がモノトーンなので、ガスに巻かれた時や遭難時には風景と同化して仲間に発見されにくい、と言う欠点はありますが、まあそれは諦めます。
 
 で、本題の機能です。 まずは気に入った点

 ①正面のファスナーに余計なフラップがないので、ファスナーの開け閉めがストレスなく行える
 ②止水ファスナーが初期のモノとは違い操作感が非常に軽い
 ③ポケットが大ぶりで携帯やカメラの収納に非常に便利
 ④換気がスムーズでほとんど結露しない(厳冬期にどうなるかは分かりませんが)。内側に一枚メッシュ生地があり、それが湿気を一時的に蓄えて結露するのを抑制しているのかもしれません。もしくはe-ventがかなり高性能なのかも。良く分かりませんが
 ⑤フードの形状が非常に良く出来ておりストレスがない(登りながら上目遣いがしやすく、つっぱり感が少ない)

 気に入らない点

 ①マンティコアジャケットで気に入っていた胸上部中央に並列していたポケットがない(その代わり両腕上部に容量十分のポケットがあるので、まあ納得はしていますが)
 ②脇下のベンチレーションファスナーの開け閉めがイマイチやりにくい(ファスナーの根元から引けば問題ないのですが)
 ③ファスナーの引き手がいずれも短く、グローブをした手では掴みづらい(全てのファスナーに100均で買ったネームプレートを継ぎ足して掴み易く直しました)

 気に入らない点は全て別の方法や手を加える事で解消出来たので、僕が求める全ての性能が揃った完璧なジャケットとなりました。にもかかわらず谷川岳でいきなりケガしてしまい、それ以来出番がないので、これ以上の検証は出来ていません。とは言え各メーカーから現在発売されている山スキー用(?)のジャケットの中では最高品質にランクするのは間違いない一品だと断言します。ただし、問題はその流通量と値段です。いつもの僕なら店で触るだけ触って、後はネットで買い叩く、と言う戦法なのですが、モンチュラの場合販売店自体がかなり限られますし、しかもどの店も値引き販売するほど在庫を置いていないようです(間違ってたらスイマセン)。なので、気に入った時にはもうそこで買うしかない、という所が最大の難点と言えるかもしれません。ちなみに片手では到底買えませんので悪しからず

DSCN3724.jpg

エルゴノミックデザインが売り物だけに袖口のデザイン一つ見ても、ただのブツ切りではなく、手のひら側は浅くカットしてあります。ベルクロも造り込みがしっくりしており、実際かなり使い易かったです

DSCN3725.jpg

ジャケットの内側は携帯用の伸縮ポケットが左側にあり、両サイドには幅、深さ十分なメッシュポケットがあります。なので、ボトルを入れたり、凍りついたシールを入れたり、と汎用性が高いです。パウダースカートはありません(要りませんが)が腰上(ジャケットのグレーと黒いところの境目)とスソの2段でゴムを独立して絞る事が出来ますので、雪の進入をほぼ完全に防ぐ事が出来ます。ザックを担いでいる時には使用する必要性を感じませんが、ゲレンデでは便利かもしれません。

相変わらず雪が降ってます

2007年03月13日 00:40

 ここのところ積もる程ではないけれど金沢の市街地でも日中かなり激しく雪が降ってます。とは言え決して断続的と言う訳ではなく、雨が降ったり、青空がのぞいたりして、中々に複雑な空模様です。僕のホームゲレンデの白川村平瀬でも二月下旬に積雪がゼロになりましたが、ここのところの降雪で38cmにまで増えていました。今回の雪が春山シーズンにどれだけ残ってくれるのかは微妙なところですが、5月以降に復活予定の僕としては少しでも沢山の雪が降っておいて欲しいものです。

 それにしてもケガした右ひざはまだまだ動きが不自然です。思い切って曲げるのもちと勇気が要りますが、これはもう待つより他ない、と言う事ですね。明日からは毎日懸垂、腹筋、腕立てでクライミングの体を作っていった方が良いかも?
target="_blank">DSCN3349.jpg

写真は2月4日・奥美濃北方の野谷荘司山1550m地点

医王山スキー場ハイク

2007年03月11日 20:28

医王山スキー場の上級者コース

止めときゃ良いのに、家でじっとしてられず15分で行ける医王山スキー場にハイクしに行った。積雪は下で10cmくらいかな

ペアリフトの山頂にて


クローズするにはもったいないくらいの雪がありました。でも今の僕じゃ到底スキーを履いては下山出来そうにありませんでした。ゲレンデには雪遊びに興じる家族が結構いました。ハイクの後は地元の湯涌温泉総湯に行ってホカホカと温もりました。

片山津温泉

2007年03月11日 17:40

20070311174041
普段は会社の新年会に参加する事のない僕ですがケガをしてしまったお陰で(?)やる事がないので初めて参加しました。毎月積立しているので出費はありませんでした。元気な人達は宴会終了後も外へ飲みに行ったり特殊なお風呂(スイマセン!)に行ったりしてましたが僕はおとなしくサッサと寝てしまいました。普通の人の余暇ってやっぱ退屈だわ!写真は柴山潟です。お湯は塩味で良く暖まります。

もう一丁

2007年03月10日 16:42

20070310164209


実験です。

2007年03月10日 16:35

20070310163520
早くも心は夏の乗鞍です。携帯より

中々膝の痛みが治まりません

2007年03月10日 15:03

先週の土曜日に負傷した右ひざ内側側副靭帯。同じ日に受傷した尼崎の照れ屋さんは既に回復されたのか今週も元気に白馬へ出撃だそうです。僕の方は、と言うと受傷翌日のどうにもならない疼痛からは開放され、普通に歩こうと頑張れば何とかゴマかせるレベルにまでは回復しましたが、とてもスキーを出来る状態には程遠く(当たり前ですが)、久々の新雪三昧であろう今週末もじっと指をくわえて見守るだけです。谷川岳山頂にて リュー&イッシー

天気も最高で雪も粉雪なら言う事なしの谷川岳。けど、その後にはモナカの洗礼を浴びてしまった私。いつまで経ってもモナカ雪は上手く滑れません・・・。ヘタクソitazoでした。

野獣の咆哮を引越し

2007年03月10日 14:13

いろいろな方々に今までのHPを見ていただいており、感謝感激なのですが、とりあえず流行りと言う事で僕も遅ればせながら『野獣の咆哮』コーナーをブログ化致します。山行記録なども簡単なものはこちらにアップし、詳細な報告は今まで通りHPに記載しようと思います。でも肝心なのは脚のケガでネタがしばらくアップ出来ない事でしょうか?情けないです。しばらくは過去の写真の焼き直しという事でヨロシク・・・http://www.geocities.jp/itazo555/DSCN3682.jpg



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。