--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月27日・乙妻スモー回収&黒姫高原

2008年01月27日 23:19



DSCN5234.jpg
我ながらとてつもなくアホな行為をしている、と思いつつ先週の土曜日に山中に置き去りにしたスモーを諦めきれず、かと言って他人に面倒を掛けて回収してもらうのも気が引けるので手術前の動けるときに行ってしまえ、と今週も懲りずに大橋から乙妻へスモーの回収に行って来ました。とは言えさすがに先週は救急車に乗せられ、しかも入院までさせられた揚げ句に、自家用車の回送をオヤジにやってもらった立場上、とても大手を振って山に行きます、とも言えず黙って(余計訳悪いですが)と自宅を後にしました。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

入院に先んじて

2008年01月23日 23:21

20080123232124
信濃町病院の二階から眺める黒姫山はえらく大きかったです。
ところで昨日は入院に先駆けていろんな検査を受けました。胸のレントゲンや血液検査に心電図やら意味不明のエコーやら。それに加えて何故か肺活量の検査もありました。高校時代には6000ccの計測計を振り切った事があり何気に自信がありましたが、社会人となった今でもかろうじてですが6000ccを上回りました。体力は確実に落ちているのを実感しますがそれでも何とか無理が利くのはこの人並み以上の肺活量のお陰ではないかと密かに確信しています(だからどうした、と言われたら返す言葉もありませんが)

1月19日・乙妻山負傷退場

2008年01月23日 01:00



乙妻山sumo1
19日は当初の天気予報の曇りから一転、終日快晴の絶好の山スキー日和でした。普段は近場の奥美濃でバリエーションを楽しむ所ですが、思ったよりも降雪量が少なかった事もあり珍しく遠征してみました。目指すは乙妻山北東斜面。厳冬期の日帰りは人並み以上の体力と好天が必須条件の難易度の高いルートですが、それだけの苦労をしてでもその魅惑的な北東斜面を滑ってみたいと以前から挑戦のタイミングを見計らっていました。結果は行程の半分にも満たない位置での負傷による無念の撤退、そして愛機のスモーとストックを残置と言う最悪なものでした。
[ 続きを読む ]

1月14日・平湯温泉スキー場~2000m地点北西尾根激藪滑走記録

2008年01月15日 00:26



DSCN5225.jpg
平湯大滝横に無事滑り降りて山ちゃんと記念撮影。滑り自体は雪質もさることながら木々の間隔が狭すぎるのと絶対的な積雪量が足りないためほとんど楽しめませんでした。スキー場のリフトを使ってオイシイところだけペロリと頂こうという魂胆でしたがそれは甘い考えでした。まあ13日の三方崩山みたいな極悪モナカじゃなかっただけでも良しとすべきなのかもしれません
[ 続きを読む ]

1月13日・某休止中のスキー場にて

2008年01月13日 22:45




当初の予定は平湯付近の裏山を山スキーで楽しむ予定でしたが、山ちゃん、私揃って朝起きることが出来ず9時過ぎまでウダウダと布団に包まっておりました。このまま寝て過ごすのはあまりにもったいないのでどこかお手軽な良い場所はないものか、と考えた結果今年から営業を休止することになったとあるスキー場をハイクする事にしました(一応入り口には立ち入り禁止の看板が立てかけてありましたのでマネはしませんように!説得力ゼロですが)
[ 続きを読む ]

1月12日・三方崩山東尾根

2008年01月13日 22:01

DSCN5199.jpg
久しぶりの東尾根です。前日から雨が降り続いていたのでさぞとんでもない雪質だろうと覚悟していましたが想像以上でした。標高1000m以下ではただのザクザク雪でしたが、それ以上の標高は全面が平均して1cm程度のブレイカブルクラストで覆われており、ちょっとでも加重を掛けるとすぐに板が10cmほど沈み込み直進しか出来ませんでした。山スキーのエキスパートならば極端なテール加重で無理やりクラスト層を叩き破って直滑降に近い滑りをしていくのだろうと思いますが、昨年谷川岳で右膝側副靭帯を損傷している僕はそこまで極端な滑りをする勇気もなく、ただひたすら斜滑降で標高を下げるだけの情けない滑りに終始してしまいました。今日は滑りよりも下調べのつもりで来たのですが、さすがにここまでまともに滑れないと上級者ではないとは言えかなり凹みました・・・
[ 続きを読む ]

1月6日・白峰温泉スキー場

2008年01月09日 00:00




私が所属しているスキークラブなだれの皆さんが出場した金沢市ジャイアントスラローム選手権大会の様子です。と言う訳で興味のある方のみ閲覧頂ければ、と思います(すいません。肝心のスギヤマ師匠の滑りを編集時に削除してしまいました)。
[ 続きを読む ]

1月3日・安比高原

2008年01月06日 22:33

DSCN5120.jpg
昼休みになると正面ゲレンデは一旦クローズとなり数台のピステンが一斉に圧雪作業を始めます。日本では中々見れない光景ではないでしょうか?
[ 続きを読む ]

1月2日・夏油高原

2008年01月06日 22:07


これまた長い動画ですのでお好きな方のみご笑覧下さい。長い割りに豪快な滑走シーンはあまりありません。それにしても今時ありえないくらいモダンでお客さんもバブル期を彷彿とさせるくらい一杯いました。その代わりお値段もバブリーでしたが・・・

1月1日・猫魔スキー場

2008年01月06日 21:45

Still0001.jpg

Still0014.jpg
リュー
Still0018.jpg
山ちゃん
Still0017.jpg
マミオ

 あまり多くを語る訳には行きませんので、とりあえずダルジャンのセンターとインの両コースは中々に素晴らしかったとだけ言っておきましょう!
[ 続きを読む ]

07年12月31日・上越国際スキー場

2008年01月06日 21:02


 30日の夕方、年末の仕事を片付けて颯爽と越後湯沢へ車を走らせました。道中、滑川市辺りからとんでもない雪の降り方となり、上越市まで来るとここはどこだ!ってな具合だったのでさぞ越後湯沢もすごい事になっているだろう、と不安半分、期待半分でした。
[ 続きを読む ]

1月5日・野谷荘司山東方1324Pの北東斜面

2008年01月05日 17:29



DSCN5141.jpg
今年に入って初の奥美濃出撃です。3日までの冬型から一転して昨日は気温が上がり、今日も午後からは天気が崩れるとの天気予報と来れば、ハズレなしの野谷荘司しかあるまい、と確信し(それでもしっかり寝坊しましたが)、体調不良を押して雪山へと出撃しました(懲りないアホですな)
[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。