--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雨の影響

2008年07月30日 07:45

PAP_0413.jpg
 月曜日の早朝に金沢を襲った豪雨は僕の地元・湯涌温泉に甚大な影響を及ぼしました。温泉の最奥にある玉泉湖から大量の土砂が流れ出し、普段は地下の水路を流れるはずの水が温泉街にあふれ出し、最大で肩付近まで浸水したそうです。

 写真は総湯の白鷺の湯ですが、駐車場のアスファルトは隆起&陥没しており、その他の施設も打撃を受けたらしく、復旧には相当な時間が掛かりそうです。こんなとんでもない大雨は今まで経験がありません。幸い僕の自宅は影響を受けませんでしたが何とも複雑な心境です。
スポンサーサイト

7月27日・乗鞍大雪渓

2008年07月27日 23:08




 5月の立山以来のスキーです。あまりに久しぶり過ぎてまともに滑れませんでした、と言うのは単なる言い訳でいつもながらのショボイ脚前でございました。とは言え初めてロードレーサーでヒルクライムが出来たし、肩の違和感もなくスキーが楽しめたのでまあまあの休日となりました。しかし、それにしてもいろいろとトラブルの多い一日でした。災難に遭われた方々におかれましては一日も早く元気を取り戻して頂きたいものです。

7月21日・周辺ポタリング

2008年07月22日 07:42



DSCN5793.jpg
 自宅近くには何故か萱葺き屋根が数軒あります。では早速新車WILIER LAVAREDO君と一緒にポタリングです。それにしても何と言う暑さ!漕ぎ始めから速攻汗が噴き出してきました
[ 続きを読む ]

7月19日・朝練

2008年07月19日 07:48



DSCN5785.jpg  連休前はいつものごとく仕事が立て込み前夜も午前様スレスレで帰宅。しかも頭痛がひどくて余計に作業効率が上がらぬ二重苦でした。でも翌朝は天気予報だと晴れ!となればやはり自転車に乗らざるを得ませんよね!(完全に自転車バカになりつつあります)ちなみに今朝は『山ぼーずitazoの館』の貴重な読者、O氏との初ツーリングです。もちろんお会いするのも初めてでした。

 ルートはまずいつもの犀川右岸のサイクリングロードを健民プール側へ下ります。その後しおさいロードで松任方面へ進みます。キリン北陸工場を横目に高速をくぐった最初の信号を今度は左折、御経塚方面へ。その後市街地へ入り御影大橋付近から犀川サイクリングロードへ復帰。今度は上流側の終点まで行きUターン。そしてサイクリングロードをまた終点の健民プールまで流した後、待ち合わせ場所の大豆田大橋に戻りツーリングを終了しました。朝から55km、野郎二人で快適に飛ばしました。

 その後しばし談笑。O氏より『ロードレーサーの踏み出しの軽さには驚きますよ』と言われ、ちょっと心が躍りました。そう、今日は待望の新車の納車日です(←もちろん自転車の事ですよ)。今日の午後にご対面予定です。一体どんなマシンに仕上がっているのでしょうか?パーツ類の選択はお店にお任せにしているので何だか福袋を開けるような気分です♪(福袋は普段買いませんけど)でもその前に仕事を片付けないと・・・。いい汗掻いたのに今から早速気が重いです。

Adele / Chasing Pavements

2008年07月15日 23:45



会社の同僚が「これ良いっすよ!」と薦めてくれたADELE。声だけ聞いてたらもうかなりのベテランか、と思うほど渋いのですが、なんとまだ19歳だそうです。しかもジャケットの中を見るとこれまたウソでしょ、と思えるほどメタボリックな女性が写っているじゃないですか?少々ガッカリしつつも曲が良いので許す!

 世の中何でもかんでも歌姫とかディーヴァとか言ってスタイルが良くて歌が上手いだけの(ってこれだけそろえば文句なしですが)歌手を持てはやしますが、やはり良い楽曲を自分で作って謳える人って尊敬しちゃいますね。とは言いつつ恋心は到底湧きませんが・・・(余計なお世話ですか?)

サイクリングロードの猫

2008年07月15日 23:15

DSCN5781.jpg
 僕が最近よく利用している犀川河川敷のサイクリングロードの終点は海浜健民プールの入り口になるのですが、その周辺の道路でよく見かけるのがこの猫です。

 同じような柄の猫が全部で3匹いますが、この猫だけはやたらと警戒心が薄くて逃げるどころか僕が歩くとすぐ脇をまるで飼い犬のように付いて来る愛らしさです。猫って本来なつかないものだと思っていましたが、この猫に限っては例外のようです。それにしてもこの猫、サイクリングロードのど真ん中で体を伸ばして堂々と寝ているので、猛スピードで突入すると危うく轢いてしまいそうです。何とも野性味のないと言うか呑気な猫ですね。

スネイクマウス VS お魚マウス

2008年07月14日 22:46



KC3A0380.jpg
KC3A0382.jpg
 しょうもないネタですいません。つい先日購入したばかりのお魚マウスがあまりにも小さ過ぎるのとクリック感が今ひとつでとても使いにくかったので、早々に後釜を探していたらスゴイのが出てきました。その名もスネイクマウス。コブラの頭をイメージしています。

 ネットでは通常のマウスと比較してかなり大きめと書いてありましたが、実物を見たら本当にデカかったです。いくら手がデカイ僕でもさすがにこれは大き過ぎでした。手のひらの下端を机に接触させたままで指をクリックボタンに伸ばそうとしてもギリギリ指先が届くだけで、肝心のスクロールボタンにまで人差し指が届かないのです。しかもこのクソ暑いのに大きなマウスに手のひら全部をベッタリ乗せるのはとても不快で、これを触ったままネットサーフィンなんてとてもそんな気にはなれません。と言う訳でこれもお蔵入りになるんでしょうか?とりあえずはもうしばらく使ってみて判断しようと思います。

7月13日・白山登山

2008年07月14日 05:31

DSCN5760.jpg
 今季初の白山登山。スキークラブの仲間と一緒に行って参りました。もう何十回と登っている裏庭的存在の白山なので、『私は楽勝でした!』と言いたいところですが、前夜の宴会で飲みすぎたせいで、序盤は二日酔いとの戦い、本当にしんどかったです。登山前の飲み過ぎにはご注意を!
[ 続きを読む ]

朝練&洗車

2008年07月12日 08:08

KC3A0369.jpg
 今朝もいつも通り(と言ってもここ2週間の話ですけど・・・)の犀川河川敷で朝練。と言っても前日は遅くまで仕事&ネットしてたので今朝は力が出ず時速20km前後ののんびりペースでした。おまけに風が結構きつくて行きも帰りも向かい風(←そんな事ってあるのか?)なので、終始ペダルを漕ぐ脚が重くて、いつもなら休まないのですが、今日は芝生の上にゴロリと一服入れてしまいました。


KC3A0370.jpg
 帰ってきてからは久しぶりに自転車をクリーニング。汚れていたチェーンやスプロケ、ディレイラー、およびBB付近を丁寧に磨いて、ピカピカになりました。やはり高い自転車はいつもキレイにしとかないと申し訳ないですよね。そう考えると車も自転車も僕の場合どうでも良いモデルを買うと文字通り道具と化して全く手入れしなくなるので、やはり高くて気に入ったものを買ったほうがよりモノを大切にするのかもしれません(と言う訳でLABAREDO CARBONを買った事を正当化する私でした)。早く新車が出来上がらないか楽しみです!

リハビリ順調!

2008年07月10日 22:54



DSCN5708.jpg
 2月20日に受けた右肩手術の後、ほぼ毎週木曜日にリハビリを受けてきましたが、ようやく肩の可動域が90%程度にまで回復して来たので、リハビリの間隔が2週間おきに伸ばされました。パチパチパチ。

 リハビリ開始当初は肩甲骨が独立して動かず、肩関節に引っ付いた状態でしたが、ようやく自然な動きが出来るようになってきました。ここまで来るのに5ヶ月掛かりました。治りの早い高校生だと3ヶ月もしない内にスポーツ復帰していくそうですが、僕はもう30半ばのおっちゃんですから、まあそんなもんでしょう。でも無理は禁物。コブ斜面で転倒なんてもってのほかです。クライミングなんて来年の夏に出来れば御の字でしょう。

 でもこれで何とか完全復活への道筋だけは見えてきたような気がします。とにかく今は自転車をガンガン乗り倒して冬に蓄えた脂肪を燃やしまくって、去年の夏みたいにバリっと引き締まった体に戻すのが一番の目標です(それにしても異様に首だけ日焼けしてますねぇ)。

 ちなみに僕のいい加減なオムロン体脂肪計によると僕の現在の体重は65.7kg、体脂肪率は12~13%、体年齢は28歳前後だそうです。出来たら体重は65kg以下、体脂肪率も10%を切れるくらい絞れたら良いなぁ、と皮算用しております。さて、どうなるやら・・・

禁断のカンパニョーロへ・・・

2008年07月10日 00:14



VEL_Brake-front.jpg
 カンパニョーロの上から4番目のグレード・ヴェローチェのブレーキ・Dスケルトン(詳しくはよ~分かりません)

 先日フレームを発注していたウィリエール(そうです、私とうとうロードの世界へ足を踏み入れてしまったのですよ!って、まだ手元にはありませんがね)のLAVAREDO CARBON。空の旅を終えてあっという間にお店に届いてしまいました。前回のログでも書きましたが、今回は完成車での購入ではなく、全てをバラバラに購入し組み上げていくやり方なので、今日は夕方に職場を抜け出し、またまたカツリーズサイクル&デザインさんへ組み立てのご相談に行って参りました。

 さて、前回お伺いした時にもいろいろと親身に相談に乗って頂いたのですが、何だかんだとお話する内にディレイラーやクランク関係はカンパニョーロのヴェローチェ、ハンドルはチネリ、ペダルはタイム、ホイールはカンパのカムシン、その他うんぬんかんぬんと決まっていきました。

 それは良しとして、コンポがカンパニョーロですか!来ましたねぇ~。ネットや雑誌上でのシマノとの比較を見る限り、値段は相当に高いようです。しかも性能面だけで言えばシマノの方が良い!?との分かったような分からないような説明を受け頭が混乱。でもイタ車にはイタリアのパーツでしょう!みたいなノリで、まあそうかなぁ、と何となくシマノを避けるようにカンパに決まってしまいました(何じゃそれ!)。で、実際のところこのヴェローチェってモデルはしょぼくないの?と聞いたところ、違いなんて分からん(これまた何じゃそれ!)との事でした。僕自身、もしシマノだったら最低でも105、出来ればアルテグラクラスで揃えたいなぁ、と思っていたのに、ヴェローチェだったらレコード→コーラス→ケンタウル→ヴェローチェで、何だか105よりもランクが下のように思えてしまうんですが、それほど気にする事ではない、との事でした。

 まあ、冷静に考えて自分の体重が数100g変化しても気が付かないのに、自転車のパーツ一つが数10g重いのを使ったって僕なんかが簡単に識別出来るはずありませんよね。ウン万円掛けてパーツを数100g軽量化するよりも自分の体重を1~2kg減らす方がよっぽど効果を体感出来る、と言うのはもっともな考え方だとよーく理解出来ます(とは言ってもコーラス、ケンタウルがカッコイイなぁ~、と見てくれ重視の僕はちょい残念気味だったりもします)。

 しかし、スキーもピンキリですが、自転車のピンキリはその比じゃないですね。一つ一つのパーツの値段設定がもう一般人の理解不能なレベルですから。自転車のタイヤに7,000円(しかも1本)なんて有り得ねぇよ、まったく。これはそこそこのはまり具合で止めておかないと本当にスキーが出来なくなりそうです。

7月6日・一里野ツーリング

2008年07月07日 05:16



DSCN5702.jpg
 旧鳥越村のサイクリングロードをスキークラブの仲間3人で仲良くツーリング

 週末に天気が良いのは久しぶりのような気がします。こんな時は外で運動しない訳には行きません。スキー熱は今のところそれほど高い訳でもなく、今は自転車乗りが楽しくてしょうがないので、今日は往復100km超を目標に白山麓の一里野温泉スキー場へ向かいました。それにしても帰り道の大トラブルには本当に参りました・・・
[ 続きを読む ]

7月5日・近所をポタリング

2008年07月05日 21:21



DSCN5683.jpg
 金沢市のお隣、内灘町にあるサイクリングターミナルから日本海をバックに。

 前日に職場で飲み会があり、栄養の過剰摂取分を消費するため、今日は自転車通勤でした。仕事は4時頃終わったので、そのまま自宅に帰っても芸がない、と言う訳で自転車競技のトラック見物を兼ねて内灘経由で帰途に就きました。
[ 続きを読む ]

お魚マウス

2008年07月03日 23:46



KC3A0353.jpg
今まで使っていた車型マウスが調子が悪くなったため、ネットで何かおもろいマウスないかなぁ、と思って探したら、こんなふざけたマウスが売りに出ていました。

基本的に光物に弱い私はついつい後先考えずに購入しましたが、正直言ってこれはかなり使いづらいです。その原因は形にあるのはもちろんですが、何せ大きさ自体が小さ過ぎました。僕は元々手のひらが普通の人に比べてかなり大きいので、余計に持て余してしまいます。

車型の時も大概使いにくいと思っていましたが、これから比べたら全然普通ですね。もしレガシィの形したマウスがあれば即買いなんですが、今の所この魚型マウスに変わる画期的デザインのマウスが見つからないので、当分このお魚とお付き合いする事になりそうです。

Wilier・LAVAREDO CARBON

2008年07月01日 00:04



LAVA-CB_PO-PU.jpg
ウィリエールのアルミフレーム、カーボンフロント、カーボンバックモデルのラヴァレド・カーボン

 スキーブーツは半分しゃーなしで購入している面もあって、ワクワクドキドキなんてなかったけれど、さすがに未知の世界となるロードレーサー選びとなればもう楽しさは無限大と言っても言い過ぎじゃありません。

 とは言えスキー以上に初期投資額が大きいので、中途半端な自転車を買って後悔だけはしたくありません。いろいろとにわか知識をかき集めて自分なりにこれだ!と思えるモデルをリストアップしつつも、ここはやはりその道のプロに『最初の自転車選び』をご指導頂くべきだろうと思い、内灘町のカツリーズ サイクル & デザインhttp://katsuri.com/に雨が降る中自転車で相談しに行ってきました。

 そこで出てきた案の一つが↑のモデルでした。僕としてはこのご時勢、やはりフルカーボンしかないっしょ!と考えていましたが、耐久性を考えるとやはりまだそれほど信頼性がおけない、と言う理由と、フルカーボンならばもっと高性能なコンポとフレーム、ホイールを買って決戦用(こんな使い道が僕にやってくるのか疑問ですが)になるべく温存しつつ、練習はアルミ&カーボンモデルの方を使うのが良いのでは、との事であった。まあ、賛否両論だとは思いますが、カーボンもピンキリでしょうからキリを買っても仕方がないし、数年で劣化するとなるともったいなくてガシガシ乗れない、ってのも何だが理に適ってないし。と言う訳でド素人の私は言われるがままにフルカーボンは止めておくことに・・・。

 ちなみにこのモデル、フレーム重量は1280g。フロントフォークは470gです。900g前後の軽量フレームも珍しくない中でこの数字は何だかとても重く感じてしまうのですが、フルカーボンモデルのモルティローロよりも実は軽かったりします。何だそれ、って感じですよね。

 で、ここのお店。完成車での販売はあまりやってない、との事。しかもシマノではなくカンパニョーロを強く推薦されており、コンポはケンタウル(たぶんシマノの105クラスでしょうか?)、ホイールはフルクラムのレーシング7、ペダルはタイムの何とか(モデル名忘れました)、その他うんぬんかんぬんで総額は32~35万くらいとの事でした。という事は結局モルティローロやオルベア・オニキスより高いやんけ!って事なんですが、完成車に付いて来るホイールやクランクは激安モノが付いてる場合が多い事を考えると、まあまあそんなものかなぁ?と妙に納得してしまいました。

 さて、ここまで書くとあたかも予約してしまい、あとは納車待ちのように聞こえますが、そうではありません。問題はこの季節、既にメーカー在庫は底を付きかけているらしく、在庫状況を確認してもらっているところなのです(まあ一緒か)。ないと困る、ってものでもないし、ツールドのとにでも参加出来たら良いなぁ程度に考えているので、もし運良く手に入ったら何としても出走しようと思います。是非そうなる事を期待してます。

 






最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。