--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いもきんつば最高!!!

2009年11月25日 00:34

SN3K0231.jpg
大野市元町の伊藤順和堂謹製・いもきんつば


今となっては食べる事しか能がない私itazo。せっかくの三連休ですが自転車にも乗らず立山に初滑りに行くでもなく、ここ最近福井のナウでヤングなローディ(またまたタクジさんのパクリ)に大人気のいもきんつばを食べに大野へ行って参りました。

うまいうまいと噂には聞いておりましたが、その美味さは想像以上でした。中津川の栗きんとんの美味さにも悶絶致しましたが、このいもきんつばも全く引けを取らない美味しさでしたね。栗きんとんと言いいもきんつばと言い、栗やさつま芋をそのまま食べるよりも数段美味しさがアップしており、これぞまさに芸術品と言える一品でした(ちと大げさか?)。どちらも季節限定(冬季のみ)というのがニクイですね。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

ラヴァレド号入院

2009年11月22日 10:33



LAVA-CB_PO-PU.jpg
今やWILIERの最廉価モデルになってしまった我が愛車のLAVAREDO号。今時下手すりゃ10万円台でもフルカーボンに手が届く時代にアルミ&カーボンバックですが、こうやって写真を見ると中々カッコイイじゃないですか!(オイオイ) 僕の体重は増える一方ですが、ラヴァレド号は何だかんだと装備を付けた状態で8.7㎏と思ったよりも軽量です。30万前後のフルカーボンモデルと全く遜色ないですね。

  で、ハムストリングを痛めている私としては自宅にラヴァレド号が置いてあるといつ乗ってしまうか不安なので、早速カツリーズサイクルさんに入院させて来ました。2年間でかなりいろんな場所を傷め付けた(ゴメンよ、ラヴァレド号)ので、おそらくいろんな箇所がヘタっているはずなので、フルメンテナンスをお願いしました。来年は新品の走りが甦るのかな?ちょい楽しみです。

  リム打ちした可哀想な僕のレーシング1(特にフロントが酷かった)ですが、思い切って前後輪ともリム交換をお願いしました。そんなお願いするなんてやはりまだまだド素人ローディの証拠なんですが、シルバー&超扁平スポークの旧型レーシング1はとても気に入っているので、直せるだけでも有難い話です(直せないなら09モデルのシャマルを買おう、と色気を出していたのですが封印です)。

  結局メンテナンス代にリム交換、そしてスプロケット2組(レーシング1&カムシン)その他モロモロを含めると諭吉さんが9人ほど出撃する事になってしまいました。小さい出費ではありませんでしたが、まだまだラヴァレド号には活躍してもらわねば困るので、必要経費という事で。出来ればサドルもSMPのエヴォルーションに、ブラケットも新型ケンタウルに交換したいところでしたが、そうなるとさらに5諭吉が必要となりますので、却下。ペダルもタイムの新型が出る、と言うし本当に罪な遊びです。

 追伸・カツリーズさんに置いてあった09モデルのデローザ・アイドルの赤色。値段を聞いてビックリしました。僕はコンポのグレードにあまりこだわりがないので、ケンタウルで組んだとしたら多分45万位で仕上がるんじゃないでしょうか?自転車やらない人から見たらアホか!って値段ですが、フレームだけで40万円を超す高級フレームですから、その安さは眉唾ものです。リム打ちする時点で僕には猫に小判ですが、オブジェとして買っても誰も怒りはしないでしょう。という事でタクジさんに続いて僕もアイドル買っちゃおうかな~、なんて、ウソウソ!

MEDOCシャトー・ルデンヌ・ルージュ05年とSLAYERの新作

2009年11月22日 10:07

SN3K0229.jpg
トレーニングが終わって散々立ち読みした後は家に帰って赤ワインとスレイヤーの新作『WORLD PAINTED BLOOD』で一日の疲れ(疲れてませんが)を癒しました。

写真に写っているワイン。会社で作業員が破損した商品を僕が買い取ったものですが、何とも良い香りにいろんなフルーツが交じり合ったような複雑な味わい、舌に絡みつく渋みが最高に美味しかったです。で、一体いくらくらいするのか、とネットで調べたところ、3000円以上する高級ワインでした。そりゃ美味いはずですね。カマンベールチーズと一緒に堪能させて頂きました。やはり短期間で熟成させるボジョレー・ヌーヴォとは一味違います(どっちも好きですがね)。

ところで、いろんな国のワインを今まで飲みましたが(って、ほぼ破損品かスーパーで売っている1000~1500円程のものですが)、自転車同様イタリアワインが一番僕の好みに合うような気がします(本当か?)。自転車の乗ってWILIERの工場見学、ジロ・デ・イタリア見物&ワイン飲みまくり、なんてツアーをやってみたいものです(ちなみに写真のMEDOCはフランスのワインです)。


SN3K0230.jpg
こちらはSigne VIGNERON(シニエ・ヴィニュロン)のル・シャ・ルージュ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ(名前が長い!)です。ヌーヴォは通常のワインとは違う熟成方法のため、長期保存には向かないワインとの事ですが、発売当日に飲んでしまう僕にとってはどうでも良い話ですね。個人的にはミディアムボディ~フルボディの舌に絡みつく渋みがないと何だか物足りないのですが、このヌーヴォは毎年何かの賞を受賞しているそうで、渋みはあまりないのですが、とても美味しかったです(ラベルにはライトボディと書いてありました)。ちなみにこのヌーヴォも2,800円する高級品です(空輸代がほとんどなのかもしれませんが)。焼酎や日本酒を飲むと確実に二日酔いになる私ですが、どういう訳かワインならそういう事はないような気がします(量にもよりますが)


で、スレイヤーの新作です(この先はマニアックな話ですからスルーして下さいませ!)。個人的にはやはりSHOW NO MERCY~SEASONS IN THE ABYSSまでがスレイヤーの黄金期、特にREIGN IN BLOODが頂点だと思っているので、それ以降のアルバムは迫力があっても独特のおどろおどろしいリフ展開が乏しい作品には今ひとつのめり込めませんでした。しかし、今回の作品は久しぶりに原点回帰と言うかBurrn!のレビューにもあるようにREIGN~SEASONSの延長線上にあるような会心作となった、と思います。THRASH METALと赤ワイン。中々のBLOODY NIGHTでした(意味不明・・・)

3連休ですが・・・

2009年11月22日 09:32

SN3K0228.jpg
会社近くの石川総合体育館前の信号で二重の虹を見た

金曜日の夜は社内の飲み会でした。さすがに一週間前の自転車仲間との忘年会のようにグロッキーになるまで飲むなんて事はなく(お偉いさん達が沢山おりましたので)、一次会で速攻会場から立ち去りました(サラリーマンとしては失格ですね!)。

土曜日はありがたい事にお休み。とは言え一向に回復の兆しが無いハムストリングでは無理やり立山出撃なんてプランを立てる訳にも行かず、まずは接骨院へ。それが終わってからは職場近くの体育館へ腹筋背筋をやりに行きました。上肢のトレーニングは自転車にどれだけ役に立つのか分かりませんが、やはり家でのんびりしているよりは精神的苦痛が和らぎます。

ジムの中は土曜日だと言うのにやたら賑わってました。トレッドミルを鬼のようなスピードで走る50歳位の人やバーベルをガシガシ持ち上げる若い人達、有り得ない重量でマシントレーニングする人達、と何せみんな黙々とトレーニングをしています。そんな中僕は微妙に目の保養をしつつ(タクジさん風♪←オイオイ)ハムストリング以外の筋肉をひたすら鍛えました。でもたぶんこんなトレーニングは長続きする訳ないので、僕にとってはほぼ無意味ですね。筋トレは年中継続してやることに意味があるし、ここで変な筋肉を付けても却って持久力が落ちそうだし。要は何のためにトレーニングをするのか?というビジョンがないんですよ。本当ただの気休めでしかありません。

雪が降らねぇ~、と思ったら

2009年11月17日 07:40

立山のライブカメラを見ると少しは積雪が増えたようですが、まだ滑るには全然足りないねぇ~、と思ってました。しかし、吹き溜まるところにはちゃんと積もっているようです。みくりが池温泉のブログ(↓のトピックにリンクあり)見たら真砂岳の上部や内蔵助カール、剣沢、そして何度と無く滑ったサル又のカールが何とか滑走可能だそうです。ただし、問題は下部に雪がないことですね。雪のない雷鳥沢や雄山から室堂までをスキーブーツで歩いて下山するのは相当に苦痛です。幸い今週からしばらくはかなり寒くなりそうなので、連休に入山される方にとっては朗報となりそうです。かくいう私はハムストリングの故障中に付き、年内に滑れるかどうかといった具合ですがね・・・

雪が降りません

2009年11月14日 12:43

pro1_img.jpg
立山室堂山荘のライブカメラの今日12時頃の様子(気温は0.1度ですが、窓枠には雨つぶが付着しているように見えます)。こちらも参考までに→みくりが池温泉公式ブログ。やばいくらい雪がありません。

僕が山スキーを本格的に始めた03年11月も極端な暖冬で、後半の連休になってようやく積雪が70cmくらいになったのを覚えています。しかし、それ以上に今年の暖冬ぶりは目を覆うばかりです。みくりが池山荘のブログを見ても雷鳥沢南面や大日岳方面は全く雪がありません。初雪がそれなりに早かっただけにガックリです。

滑り始めのこの時期は精神的にやきもきしているため、よく記憶に残っていますが、02年の11月は序盤からめちゃくちゃ雪が降りまくって、アルペンルートがクローズする11月末には積雪4mを記録したほどの好スタートで、11月の第一週から毎週のように白馬にスキーに行っていました。かと思えば03年は全く雪がないし。それ以降目立って両極端な気候が年中繰り返されるようになったように思います。もう既にPOINT OF NO RETURNは過ぎてしまったんじゃないでしょうか?

ここ数年の立山の様子を↓↓↓にて。今年の寡雪ぶりが良く分かります。
[ 続きを読む ]

これって良いの?

2009年11月14日 11:51

road-bike-delta-7-ascend-4.jpg
DELTA 7のAscend(こんなブランドがあったなんてつい先日初めて知りました)

名前からしてヒルクライマー御用達のこのフレーム。シクロワイアードで以前記事が掲載されていて、何だこのフレームは!とド肝を抜かれましたが、キワモノ好きの僕もさすがにこれは欲しいとは思いませんね。ただし、見た目のインパクトはそこら辺の流麗なフルカーボンフレームの比ではありません。詳しくは→『DELTA7』を参照下さい。 それにしても、これだけスカスカにするとさぞや超軽量(実際そうアピールしている)なのか、と思いきやフレーム重量は1050gとの事です。今や800g台のフレームも珍しくない時代にこれで超軽量とアピールするとはさすがMADE IN USA。せめてインテグラルシートポストでも採用してればその宣伝文句も少しは納得出来るんですがね。僕のラヴァレド号とも100gほどしか変わりません(アルミなのにね)。一応来年はどこかのプロチームに供給するらしいです。

今さらですが

2009年11月14日 11:29

DSCN7905.jpg
 大腿二頭筋の挫傷以来、休日にやる事がなく、先週の日曜日は栗きんとんを食べるためだけに岐阜の中津川へと遠征してきました。ガイドブックを参考に一番人気の『すや本店』(支店があるのかは不明)やその他にも2件ほどハシゴしましたが、最初のこの栗きんとんがまさに絶品でした。栗と砂糖だけで作っているのに味に明確な差が出ると言うのは面白いですね。その後は馬籠宿や付知峡の温泉と郡上八幡のサンプル工房を訪ねる、などおよそスポーツマンらしくない休日を過ごしました。たまにはこんなのんびりした休日も良いのですが、さすがにこればっかりとなると・・・。

リハビリトレーニング→暴食→雪化粧

2009年11月03日 22:14

SN3K0188.jpg
石川総合体育館のトレーニングルームにて

訳分からんタイトルですいません。祝日の今日も残念ながらハムストリングの不調により自転車はお預けです。まぁ、こんなクソ寒い日に自転車に乗る人もいないでしょうから少しは気が楽ですけど。で、何もせずに自宅で沈殿してても仕方が無いので、ハムストリング以外を鍛える方法がないものか、と職場近くの総合体育館に行ってきました。
[ 続きを読む ]

クロモリって高級なんですね

2009年11月01日 10:10

ramato.jpg
以前紹介させて頂いたWilierのGIOIELLO RAMATO(発音の仕方が分かりません)ですが、ようやく服部産業のホームページも10モデルへと更新されました。そこで早速今一番気になるGIOIELLO RAMATOのページを見てビックリ仰天!
定価336,000円也(もちろんフレームセット価格です)

そんなもん手が出せるかいな?
このフレームが本国サイトにラインアップされた時、カツリーズサイクルのナ〇タさん(←別に隠さんでも良いか?)に購入出来るかどうか相談したら、今度イタリア行くから買って来ようか?なんて軽く言われて、心が揺らぎました。今となっては『お願いします♪』なんて軽口叩かなくて命拾いしましたよ、ほんとに。ちなみに僕の愛車も当時日本には在庫がなく、イタリアの某所から空輸で取り寄せていただいた経緯があります。さすが世界を股に駆けるプロメカニックだけあります。人脈もワールドワイドですね。
[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。