--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月17~18日・立山初滑り

2007年11月19日 23:01





 17日の立山はこれ以上ないくらいの快晴に恵まれ、ちょっとばかりパウダースキーを楽しむ事が出来ました。もう少し雪が軟らかかったら良かったのですがそれは贅沢と言うものでしょう。でもアルペンルートが運休になったのは何かと大変でした

 毎年シーズン初めになると、今年は本当に雪が降るんだろうか?と不安になるものですが、今年は夏が強烈に暑く、また残暑も長引いたので尚更不安要素がいっぱいでした。しかし、季節はちゃんと辻褄を合わせてくれるものなんですね。直前になって連日寒気が入ったお陰で積雪は一気に80~100センチに増えてくれました。もうこうなったら日曜日の天候がどうであろうと行くしかない、と言う訳で後先考えず立山へ出撃したのでありました。それが大いに仇となったのは言うまでもありません・・・。
2007111801.jpg

立山三山をバックに意気揚々と宿へ向かうノリクラ軍団(by 340)

 立山はここ数年毎年のごとく11月と5、6月に通っていますが、11月第2週に滑れなかったのは今年が初めてのような気がします。しかしながら今回は美女平に雪一つなかったのに、天狗平まで来ると平均して50~60センチの積雪があり、小さな岩もほぼ雪に埋もれて辺り一面真っ白じゃありませんか!予想外の好コンディションに飲兵衛軍団、いやノリクラ軍団のモチベーションは否が応にも高まりました


Still0002.jpg

雷鳥沢北面でパウダーを豪快に蹴散らす我らが師匠の照れ屋さん

 宿に着くなりプシューっと始まった時には何となくいやな予感がしましたが、それからは無事(?)皆準備を始めてだし、11時頃には滑り(&登り)に行くことになりました。僕を含めほぼ全員が10月下旬に鹿沢スノーエリアで今季の初滑りを終えていましたが、やはり天然雪を目の前にすると俄然興奮度が上がります。宿の目の前、雷鳥沢北面には既に何本ものトラックが刻まれていましたが、そんな細かい事は気にしないのがノリクラ軍団の良いところ(そもそもファーストトラックを狙おうにも早起き出来る人がいないのでどだい無理な相談ですが・・・)。アップもそこそこに(そこそこどころかまるで準備運動なんてしてませんが)粉雪が載った急斜面を一気に滑り降りました。表面の雪は非常に軽いパウダーでしたが、そのすぐ下が堅くしまった雪質(アイスではない)だったため、まるでピステンを掛けたフラット斜面にうっすらパウダーが載ったようなゲレンデコンディションでした。山スキーの範疇としてはクセが無さ過ぎて醍醐味のない条件でしたが、いきなりクラストを滑らされる事を思えば上出来だったと思います。


DSCN4778.jpg

雷鳥沢南面をハイクアップするノリクラ軍団。はるか彼方に見えます

 その後称名川を渡り一同雷鳥沢南面を登り出しますが、僕だけシールで他のみんなはツボ足だったので必然的に差が開いてしまいました。途中でビッツ氏が強烈な追い上げを見せて、以後別山乗越まで一緒に登りました。乗越からは剣岳の雄姿や黒部五郎、槍ヶ岳、そしてはるか遠くには白山も望む事が出来ました。何度も見た景色とは言え毎回感動してしまいます。不思議ですねぇ。その後ビッツ氏と別れ僕は単独で別山北面を滑りました。しかし、せっかく苦労して登ったのに雪質は完全なアイスバーンでほとんどエッジが掛からずただの修行に終わりました。残念です。結果的には雷鳥沢北面と南面の下半分が一番雪が軽くて深かったように思います。それ以外はウィンド&サンクラストで非常に堅い雪質でした。

2007111901.jpg

真っ白に雪化粧した扇沢にて。私です!(by 340)

 土曜日の日、雷鳥荘でチェックアウトするなり「明日はアルペンルート動かない可能性高いけど大丈夫?」なんて念を押されていました。しかし、夜の宴会が楽しみ(失礼!)で来ているメンバーにそんな忠告が聞き入れられるはずもありませんでした。お陰で翌朝は予報通りの暴風雪で富山側のアルペンルートは終日運休。敢え無く扇沢へ下山し立山駅まで戻る事になりました。立山駅からの往復チケットを購入していた僕らは扇沢までの運賃は無料でした。今まで一度も扇沢方面に下山した事がなかったので正直ちょっと嬉しかったりもしましたが、何度も乗り換えするうちにいい加減疲れてしまい、扇沢に着いた頃にはもうウンザリでした。これから立山駅まで帰ることを考えるとさらにゾッとしましたが、7人もメンバーがいたお陰で会話も弾み、これはこれで楽しい週末を過ごす事が出来ました。皆さんに感謝です!

 今週末の連休もまた立山へ出撃の予定ですが、次回こそちゃんとアルペンルートが動いて欲しいものです。もう扇沢は勘弁願いたいですね!
スポンサーサイト


コメント

  1. 立山初滑り情報有難うございます

    いたぞーさんお久しぶりです。篠崎です。
    予想通り週末には立山に出かけていたようで、羨ましく思います。
    土曜日には晴天を当てて、別山北面も滑られたとの事、各種怪我にもめげず立派です。
    また貴殿ブログの動画は、テレ滑降のイメージ作りに大変役だっており、大いに感謝しています。
    僕もチャンスを見つけ立山初すべりを狙ってはいるのですが、ちと今年はどうなるか微妙な状況です。僕のスキーは相変わらずへぼですが、今年こそは貴殿に負けない滑りを目指しています。
    それではまた。どこかで出会うこと楽しみにしています。
    篠崎 拝

  2. 山ぼーずitazo | URL | -

    篠崎先生、こんばんわ(おはようございます?)

     今季は予想に反してここ最近で一気に積雪が増えて良い感じですねぇ。まあ近年の気候は全く当てになりませんので、12月に入ったらぱったり降らなくなる可能性も大いに有り得ますが、シーズン初めの大雪は我々山スキーヤーにとっては結構な事ではあります。

     また、動画を参考にして頂いているとはこれまた有難いお言葉じゃないですか!滑りうんぬんよりどう楽しく雰囲気を伝えるか、が主眼になってしまってますので聞き苦しい点、多々あるかと思いますが、今後もご笑覧下さいませ。

     今週末はまた別パーティで立山入山の予定なのですが、さすがに天候が悪すぎるような気がします。先週の二の舞は避けたいところですがどうなることやら。白馬や越後湯沢あたりも相当に積雪が増えているそうなので、僕的にはゲレンデの方が無難のような気がしますが、そんなに気合を入れて滑るわけでもないので飲み会ついでの山スキー感覚で行ってこようと思います。

     では今年もまたどこかでお会いしましょう!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/103-349339a2
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。