--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月2日・白馬五竜

2007年12月03日 22:50




ガチガチのコブを皆さん本当に上手く滑っていきます(私を除いては、ハハハハh)。でも正直もうちょっと雪がないと厳しいですね。下半分は至る所にブッシュや石ころ、そしてサッシの枠(意味不明ですが本当です)がありライン取りが大変でした

DSCN4953.jpg
DSCN4958.jpg
12月2日の白馬五竜スキー場・アルプス平の様子です。47方面は雪質も良く気持ちの良いカーヴィングターンが味わえますが、グランプリコースはシャリシャリ、ガリガリ&石ころで賞味期限も残り僅かの際どいコンディションでした

 この季節と言えば僕にとっては山スキーシーズンの前哨戦となります。山に十分な雪が積もるまでの間、ゲレンデのハードバーンでコブやカーヴィングを楽しむ事は基本的な技術を見直す上でとても良い機会(と言いながらまるで滑りに生かせていないのが悲しい限りですが)となっていますし、気の知れた友達とバカ話に花を咲かせつつコブと戯れるのは本当に楽しいひと時です。と言う訳でいくら雪が少ないからと言って滑れない訳じゃないので、迷うことなくこの日曜日も白馬へ遠征してまいりました。
DSCN4963.jpg
47方面へと続くlineE沿いのコースは締まった固い雪の上に粉雪が乗りヘタクソの私でも自動的にカーヴィングターンが描けてしまう快適なコンディションでしたが、その気持ち良さと比較してあまりにも長いリフト待ちに我慢出来ずこの1本で結局グランプリコースへと戻りました。グランプリの方がゲレンデ面積は圧倒的に広いのに雪質の悪さと積雪量の少なさに嫌気が差したのかこちらのリフト待ちはほぼゼロでした

Still0008.jpg
白馬の若旦那・マ〇モトさん。本当に腰が痛いのか甚だ疑問の過激な滑りを披露しておりました。翌日の仕事に差し支えない程度にお願いしますね!

Still0013.jpg
初登場のなっちゃん。マジで私の2倍位のスピードで滑り降りていきます。しかもその滑りがまた滑らか!一体どうなってんだか?

Still0025.jpg
今にも殴り付けられそうな形相で突進してくるモーグル界の影のドン・24さん

Still0020.jpg
ヤケに上手いテレモーグルを披露するム〇イさん。聞けばやっぱり昔はモーグラーだった、との事。にしてもテレマークでコブの中をあそこまで安定して滑れる人もそうそういないよねぇ?!

Still0022_20071203224402.jpg
日本に数えるほどしか生息していないと思われるテレモーグラーの一人・Pink Vitz氏。上手い、と唸らせておいて転倒の炸裂とは中々にやりますね!(何を?)

DSCN4976.jpg
と言う訳でTHE GOGLEマ〇モト氏に引きつられゴンドラ下山のリミット4時まで滑り続けた面々。さすがに疲れました。今度来るときにはもっと雪が増えていたら最高ですが、今後の寒波に期待しときましょう
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/107-2011ad33
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。