--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月15日・八方尾根

2007年12月16日 07:28



DSCN5024.jpg
普段はアルペンのス〇さんがテレで気持ち良さげに兎平の新雪コブを滑り降りてきました。器用ですねぇ~!

 三週連続での白馬出撃。五竜、栂池(白馬乗鞍)、そして今日は八方でした。今日の狙い目はやっぱりパウダーでしょう。前日は雨混じりの雪だったらしいですが、深夜に掛けては気温もぐっと下がってきていたので、山の上は激パウ間違いなしと確信し。一路白馬へと向かいました。

 結果は期待通りの膝前後のパウダースノーでした。先週のような湿ってパックされたような新雪ではないのでファットスキーさえ履いていればただ普通に乗り込んでいくだけでターンが決まってくれます(と言いながら何度転んだのか記憶にありませんが)。

 しかし、それにしても最近のファット装着率はものすごく高いです。僕がロシニョールB3を買った時はトップ124、センター94もあればモンスター級のファット板だったのに、今となってはセミファットクラスと大差なくなってしまいました。従って八方のような広大なエリアを持ってしても大勢のパウダーフリークが時を競って滑りまくればあらかた午前中には食べ尽くされてしまってました。そんなわけで新雪のないゲレンデをファットで滑っても楽しくとも何とも無いので、午後からは板をフリーライドに換えて兎平のコブを楽しむことにしました。アルペンクワッドを降りてすぐの狭い急斜面はいつもどおりのカリカリ&変則コブで兎の入り口までは何だか無駄に疲れてしまいます。でも、一旦兎の中に入ってしまえば大小いろんなコブが入り乱れて中々に楽しかったです。ブッシュも何となく透けて見える場所はありましたが実際に踏む事はありませんでした。兎の中は上級者だらけでヘタレの私はどんどん追い抜かされてしまいます。勝てるのは酒の量くらいでしょうか?(オイオイ!)休憩をやらた取りつつもしつこく滑り続けていましたが、夕方4時近くともなるとさすがにアルコールが切れてきて(ウソです)足が動かなくなりただ落ちるだけ状態の滑りに成り下がってしまいました。

 翌日曜日は雪崩講習会参加のため白馬で一杯飲んだ後は仮眠を取って夜中の三時に白馬を出発しました。前日の夕方には綺麗に雪を払っていたはずの僕の車の上には新たに30センチ以上の湿った新雪が積もっていました。昨日の夕方からの累積積雪は下部ゲレンデでも50cmを軽く超えているんじゃないでしょうか?これで一気にどこのスキー場も全面滑走可能になるはずでしょう。それくらい久々の激パウダーでした。ちなみに来週も八方出撃の予定です(裏山かゲレンデかはその時次第ですが)。もっともっと雪が増えて欲しいですね!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/111-01cd5de5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。