--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左手にお箸

2008年02月06日 02:41



DSCN5289.jpg
右利きの私が何故左手にお箸?塗り箸に麺類は最難関課題です。さすがに上手く食べれません。

今月の21日にいよいよ右肩の手術を受ける私。当然術後は右手が自由に使えなくなります。なのでそのときに備え既に会社の昼食時には左手を使ってご飯を食べております。怪我をしてからかれこれ2週間も経っており、今では大抵のものが左手で難なく食べれるようになりました。けれどもさすがに麺類だけは未だに上手く食べることが出来ません。ついつい余計な力が入り小指の下あたりの筋がつりそうなります。こればっかりはもうひたすらトレーニングあるのみですね。右手を見ながらどうやったら同じような動きが自然に出来るのか考える毎日です(もっと他の事を考えろ!と言われそうですが・・・)

ただ実際問題今悩んでいるのは左手が上手く使える、使えないなんて事じゃなくて一番肝心の右手(及び右腕)に一部麻痺が残っている関係で以前のように自分の意思通りに動いてくれない事です。脱臼した際長時間腕を首の後ろに持ち上げていた(それ以外の姿勢が痛くて耐えられなかったんです)のが原因で腕の上側を通る神経が圧迫されたらしく、そのせいで指を伸ばしたり腕を持ち上げたりする動作が非常に弱くなってしまいました。先生曰くは数週間で神経は修復されて元通りになる、との事なので絶望感はありませんが、さすがに利き手だけに不安は募りますね。とは言え入院した当初はまともに字を書くことすら出来ませんでしたし箸も持てませんでしたから徐々に回復しているのは間違いないようです。もうこれだけは神経が修復されるのを気長に待つしかないみたいですね。ひょっとしたら数ヵ月後には左手のほうが器用になっているかもしれません(さすがにそれはないか?)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/130-b927d26f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。