--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月11日・小黒姫山

2008年02月12日 07:17


小黒姫山の北西斜面は地図から察すると標高差500m以上の素晴らしい山スキー向き一枚バーンなのですが、そこへ達するまでの行程の面倒さと樹林帯が元々多い山域と言うこともあり僕が知る限り滑走記録を目にしたことはありませんでした。と言う事はそこへ行って見なければ分からないと言うことなので片手スキーヤーの私はラッセル要員として山ちゃん、リューを上手く騙して(ヘッヘッヘ)連れ出すことに成功しました。
DSCN5302.jpg
大橋から外輪山の標高1900mに向かう登山道に沿って登ると1530m付近でブナ林の素敵な平坦地に出ます。青空に最高のパウダーとなれば自然と笑顔があふれてきます


DSCN5304.jpg
稜線間近になるとようやく展望が開けてきます。前日の戸隠ではなかなか見ることの出来なかった戸隠連山を始め北アルプスの南部や八ヶ岳、浅間山、四阿山などが徐々に視界に飛び込んできました。心が癒される瞬間の連続です


DSCN5321.jpg
先月敗退した乙妻山北西斜面もしっかりとチェックさせて頂きました。予想外に起伏や樹林帯がありますね!取り付きはやはり高妻との中間部に突き上げる尾根を使った方がスッキリしそうです


DSCN5309.jpg
小黒姫山から黒姫山本峰を見るとまるでゲレンデと見紛うような幅30mくらいの無木立斜面が目を引きました。木がないと言う事は地盤が相当弱いのか雪崩が頻発しているのか何らかの危険な要素がある事は間違いなさそうですがスキーヤーとしてはあの斜面を目の前にして冷静でいられるかは甚だ疑問であります



DSCN5324.jpg
当初予定していた北西斜面は松の木(?)のモンスターだらけで快適な滑走は望むべくもなかったので、あまりお勧め出来ませんが南面の疎林帯を滑ることにしました。標高は2000mを越えているとは言え早朝から日射を受けているだけに雪質はお世辞にも良いとは言えずかなりてこずりながら高度を下げます。私はと言えば普段からショボイ脚前が片手ストックとなりさらに磨きが掛かってしまい冗談抜きでターン出来ませんでした・・・


DSCN5329.jpg
外輪山を大だるみ方面に反時計回りにトラバースして行くと次第に頚城方面の山々が視界に飛び込んできました。妙高山、火打山、焼山、そして天狗原山(金山)、さらには雪倉、朝日岳の後立山連峰とまさに圧巻の山岳展望で滑りの不甲斐無さに少々凹み気味だった私の気分もスッキリ爽快と相成りました

スポンサーサイト


コメント

  1. freax2003ski | URL | -

    NG大賞!

    中々楽しい動画だったよ!みんな良く転んだね!(笑)北信の山は、この連休の佐渡山&子黒姫山が初めてだったけど、お手軽で楽しかった。来年は乙妻に是非、行こう!!

    テレのビィンは新しいの買わなくても直りそうなので、安く済みそう。将軍に温度計を買うつもりだったけど、すっかり忘れてしまい、火打の雪崩講習には間に合わないの!スマン!!

    こちら、今週は土曜日、飯綱山でも登り野沢温泉に移動して、寿司&温泉して、翌日はゲレンデ&少しの裏を滑ろうかなぁ。

    明日と言うか今日、母ちゃん&まみおがカナダスキーから帰って来ます!短い独身生活気分でした(笑)

  2. 山ぼーずitazo | URL | -

    どもども、動画楽しんで頂けたみたいで光栄です。テレビン安く直ってよかったっすね。温度計はまったく急がないのでいつでも良いです。

    明日は飯縄ですか?この前見たみたいにかなりの激藪具合なので木に激突しないようご注意下さいませ。

    今朝は久しぶりに金沢の街中でも10cmほどの積雪となりました。今年は根雪が積もらない代わりにちょくちょく雪が降ってます。雪道ドライブお互い気を付けましょう!では

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/134-4c531e27
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。