--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーコンいろいろ

2008年03月08日 14:18



Pulse_Barryvox_front_bild1.jpg
マムート社のパルスバリフォックス

pieps002.jpg
ピープス社のDSPスタンダード(微妙にいろんなバージョンがあるようです)

 先月労山の雪崩講習会の時に僕を悩ませてくれたBCA社製のトラッカー。僕の練習不足による探索能力の低さは潔く認めますがあまりにも安定しない信号には正直不安を覚えました。かれこれ4年以上も前に購入したものなので今さら保障は利かないだろうし、修理しても今時のビーコンとは演算能力が比較にならないだろうからこの際新調しようか、とここ数週間悩んでいました。とは言え携帯電話の倍ほどもする高額商品ですし、友達の命を助ける道具なのだからおいそれ、と衝動買いする事は許されません。それに加えて昨今のユーロ高で来年は海外のスキー、登山グッズが2割近くも値上がりすると言う情報もありのんきに構えている時間もなさそう(お金がある人は関係ないでしょうけど)。

 で、あーだこーだ考えながらやはり値段の高騰は受け入れがたいとの判断から今期モデルの中からベストなビーコンを選ぶ事にしました。デジタルビーコンしか使用した事がない僕が今さらアナログモデルに戻る事はないので、必然的に選択肢は下記の2機種に絞られました。いずれもデジタルのトリプルアンテナです(マムートはアナログアンテナも入ってます)。本当ならこういう商品は手にとってその素性を徹底的に比較出来たら文句ないのですが、現実的にはそうはいきません。なので国内外のいろんな情報から判断し結局マムートのパルスバリフォックスを購入することにしました。いずれの機種も現在販売されているビーコンの中では最高の性能を誇る事に間違いないはずですが、僕なりに判断した結果です。セルフレスキューの道具なんて使わない事にこした事はありませんが、それ以前に使いこなせない事には意味がないわけですから、出来るだけ操作が分かりやすい事を重視しました(&デザインも!)。今まで使っていたトラッカーも壊れてしまった訳じゃないので捜索訓練用に使用してみようと思います。

※日本国内で販売されるパルスバリフォックスには海外仕様に搭載されている人体の生体反応を検知する機能が電波法の関係でブロックされており、ハイテクに弱い僕は海外のショップから取り寄せる事も考えていましたが、何かと面倒くさい事が多く結局日本バージョンにしました。海外仕様の使い勝手がどのようなものなのか知っている方がいれば是非教えて頂きたいものです
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/141-dbce74ed
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。