--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月23日・セイモア

2008年03月23日 21:39



DSCN5410.jpg
セイモアスキー場の山頂から大笠山と笈ヶ岳を背に

 お前本当に肩怪我しとんかい!と一喝されそうですが、怪我はしてても肩が真上に上がらないだけでそれ以外は特に違和感はありません。なので意外と普通に滑れてしまうのです(オイオイ!)。とは言えまだリハビリの身としてはさすがに山スキーに行くわけにはいきませんので、今日ももちろん(意味不明)ゲレンデスキーでした。山スキーばかりしていると滑り自体に集中出来ない事も多く、これはこれで意味のあることじゃないかと自分を納得させてる次第であります。まあ今の時期どこの裏山に行ったところでグサグサのどうしようもない雪だろうから圧雪のきれいに掛かったゲレンデの方が滑りも当然楽しいに決まってます。
DSCN5400.jpg
セイモアの看板コース・ラプソディはこんなハゲハゲ状態にもかかわらず滑走可能だそうです。ちなみに公式発表だと左隣のボレロコース(上部と下部に大きなクラックがあり)を除いては全面滑走可能で積雪量は100cmとの事。でもボレロもそうだしシンフォニーやプレリュードコース、林道コースも限りなく死に体に近いと思うのですがどうなんでしょう?ただそれ以外のコースは薄いながらもしっかりと雪が付いているのでストレスになると言うことはありませんでした。


DSCN5411.jpg
午前中はスイートコースでジュニアのGSレースがありました。そのお陰で午後からはフラットの締まったバーンでカーヴィングの練習が出来ました。


Still0001.jpg
スキークラブなだれのク〇タさん。中々決まってますねぇ~

Still0005.jpg
こちらはクラブの会長の三〇さん

Still0002.jpg
杉〇師匠の愛息ユーキ君

Still0003.jpg
Still0004.jpg
杉山師匠のド迫力ロングターン。上手い人はどの瞬間を切り取っても絵になりますね。羨ましい限りです

今日はスキークラブなだれの練習日でした。久しぶりに師匠と会長からご指導して頂き、有意義な時間を過ごすことが出来ました。今まで考えたこともなかった練習方法だったのでこれからも要所で意識しながら滑りに生かしていきたいと思いました(でもその滑りをすると四頭筋がえらく疲れましたわ)

DSCN5413.jpg
本日のメインイベントは実はスキーじゃなくてスイーツでした。せっせと準備して頂いたク〇タさんと北〇さんに感謝感謝!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/146-8c7167b4
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。