--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高熱隧道

2008年04月09日 01:49



41siKZeokRL__AA240_.jpg
吉村昭(新潮社)の傑作小説

 雑誌を立ち読みする事はあれど小説を買って読むという習慣のなかった私ですが、ここ最近は小説を始めビジネス書や啓発本などをちょくちょく読むようになりました。その中でもとりわけ面白かったのがこの高熱隧道です。この本の初版は何と昭和50年。僕がまだ3歳の頃に発売された小説です。それでは何故こんな小説に興味を持ったのかと言うと今年2月に立山山麓で雪崩講習会を受講した時に富山大学の教授(名前を忘れてしまいました)がホウ雪崩の研究を黒部峡谷で長年取り組んでおり、その一端が高熱隧道という小説にも記載されている、と言う風に紹介されたからです。

 ところで皆さんホウ雪崩ってご存知でしたか?この小説内では泡雪崩と記述されておりますが、現代風に訳せば面発生乾雪表層雪崩の事ではないかと思います。なんだそんな事か、とタカを括ってしまいそうですが、その小説(事実に基づいています)によりますと欅平のさらに奥、志合谷で発生した泡雪崩では鉄筋5階建ての強固な宿舎が1階部分を残して綺麗に切り取られて、しかもなんとそのままの状態で対岸の小尾根を越えた向こう側にある奥鐘山の大岸壁にまで吹き飛ばされ激突、大破したそうなのです。また夜中に発生した事から犠牲者の多くは布団に包まった状態で空を飛んでいって壁に激突し死亡したそうです。にわかに信じがたい話ですが事実だそうです。大自然には人間がどうあがいても太刀打ちできない次元を超えた脅威が潜んでいる、という一例ではないでしょうか?

  また、普段黒部を訪れる人に取っては真っ先に頭に思い浮かぶのは黒部第四ダム(通称黒四ダム)の方だと思いますが、この小説ではあまりなじみのない黒部第三ダムが主題となっており、その建設に伴う劣悪な労働条件や人間感情、その当時の時代背景がリアルに描かれています。国策優先で推し進められた人権を半ば無視したような危険な工事はその時代だからこそ為し得たものでありますが、あまりに生々しいその記述には目を背けたくるのも事実です。しかしその先人達の苦労があるからこそ今の僕らはその恩恵を授かっているわけですから、先人達のご苦労に敬意を払うと同時にもう一度しっかり日本の歴史を勉強しなきゃならない、と思いました。文庫でわずか420円。一読の価値大いにあります(特に山スキー、山ボード愛好家の皆さん)
スポンサーサイト


コメント

  1. freax2003ski | URL | -

    お疲れ様!

    こちら、報告通り三宅先生と先週の土曜日、栂池~天狗原~白馬乗鞍~蓮華温泉で温泉ビール。日曜日、朝1で雪倉岳を狙いましたが力不足で途中にて撤退!蓮華温泉~木地屋~タクシーにて栂池に戻りました。雪倉や朝日を滑るには更に蓮華に1泊しないと、自分達には厳しかった!人も少なく天気も良かったので、それでも、楽しかったけどね!

    以前、雪崩講習受けたときに、砲雪崩!?聞いた気がします。遠い昔の記憶で、しかも、特殊な雪崩だった気がするけど、自分の記憶なので???何か、乾雪や湿雪の雪崩でなく、強烈な空気と言うか強風で、山の上から谷に向かい強烈な勢いで流れて何キロか離れているテントをふっとばしたとか!?まぁ信用しないでね!(笑)

     来週山ちゃんと、立山行ったら暫くスキーはお休みで5月の連休に鳥海山&月山&栗駒&東吾etc..。天気次第でだけどね!

    では、その後に恒例の白馬鑓温泉で命の水だね!今年はタワシ持参でね!!

  2. 山ぼーず | URL | -

    どもです。泡雪崩を単純に面発生乾雪表層雪崩と書いたのはあまり正確ではなかったかもしれません。おっしゃる通り泡雪崩は一般的な雪の雪崩ではなく極度に圧縮された空気と雪の粒が音速以上のスピードで一気に駆け下るという類の雪崩です。従ってその振動によって二次的に雪崩を引き起こす事はありますが、それ自体によってデブリが発生するわけではない、との事です。まあ専門的な事は学術書でも読んで欲しいのですが、厳冬期の降雪中、または降雪直後の早朝に入山するのは危険極まりない行為だという事を学びました。雪って難しいっすよね!

    来週は立山との事。もし馬力があったら日曜日だけでも立山川を遡行して合流出来たら良いなぁ、と思ったりもしますが今季はゲレンデでも良いかなぁ、と軟弱な事を考えてます。連休の後には恒例の鑓温泉に行きましょう!それでは来週はお気をつけて・・・

  3. バンバン | URL | JalddpaA

    こんな番組がありました

    録画したはずなんだけど、録画したメディアが見つからん・・・

  4. 山ぼ~ず | URL | -

    どもです。富山大学の教授もその番組の事について言及していました。でもおそらく番組ではホウの映像はとらえられてないはずですわ。ホウは厳冬期深夜の激しい降雪の時に積雪が極度に不安定になり発生すると考えられるので、常識的に考えてちゃんと撮れるはずがないのです。とはいえその番組見たかったなぁ。もし出てきたら教えて下さいませ!

  5. Repu | URL | ni/2Ezng

    こんにちは。いつもブログを楽しみにしている者です。
    こんな以前の記事にコメントしてごめんなさい。
    このitazoさんの記事を読んで、本を注文し読み終えました。そして凄く感動したんです。
    紹介頂きありがとうございました。感激のあまり、自分のブログにも記事にしました。
    ところで私は3月30日、北ノ俣岳の山スキーで左前十字靱帯を断裂し、4月28日に再建手術を受けました。現在リハビリ中です。涙・涙。でも12月には山スキーに復活したく毎日頑張っています。itazoさんもクライミング、ぜひ復活しましょう。
    私は小松在住です。またいつの日か山でお会いできますように!



コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/149-bc0c3f0b
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。