--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキー発祥の地・高田&レルヒ少佐

2008年05月05日 23:06

DSCN5530.jpg
上越市内にはこれと言った規模のスキー場がないので、妙高や野沢へ行く時の通過地点でしかありませんでしたが、何を隠そう(誰も隠してませんが)日本におけるスキー発祥の地なんですね。今でこそ上越市内は大した雪が積もらなくなってしまいましたが、暖冬が始まる20年ほど前までは平野部でも1m近くは積もったはずなので、それこそ斜面さえあればどこでもスキーが出来たんだと思います。僕が小学生の頃裏山の崖でスキーしてたのと同じでね。
DSCN5529.jpg
地図を見るとスキー場らしきものが作れそうなめぼしい山はありませんが、そのレルヒ像の後ろにはこじんまりとした金谷山スキー場がありました。医王山スキー場と規模的に同じようなほんとに小さなスキー場で、いかにも家族連れでほのぼの雪と戯れるといった風情です。雪のない季節はBMXやなんちゃってボブスレーが楽しめるほか、芝生ではテントを張ってバーベキューを楽しむ大人たちで今日はもの凄い賑わいでした。雪が降らなくなって滑れなくなる前に一度は滑っておきたいスキー場の一つとしてリストアップしておこうと思います!
スポンサーサイト


コメント

  1. BORI | URL | -

    では来シーズン金谷山セッションでよろしくお願いします。
    レルヒ少佐に敬意を表し細板革靴あるいはXCスキーセットでご参加ください。
    1回券100円ですので5回も乗れば充分充実した1日になるでしょう?

  2. 山ぼーずitazo | URL | -

    ボリさん、どうも。さすがに細板革靴はテレ自体やった事がないので不可能です。でもノル板の方がさらに難しいような気がしますがどうなんでしょう?少なくとも正面の急斜面は到底無理ですわ。いつものアルペンでも腰引けてそうな予感が・・・。これから数年のうちにさらにスキー場の淘汰が進みそうなので、来シーズンは精力的に重箱の隅を突いて行こうと思います。その時はご一緒下さいませ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/158-f3035f9f
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。