--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tony Macalpineといえば、その2

2008年06月03日 01:54




 僕のブログに早弾きギタリストの情報を求めている人が一体どれだけいるのか甚だ怪しいものです。しかし、そんな事を気にしていてはブログの更新もままなりません。という訳でまたまた今日も音楽ネタにてヨロシク!はい、垂れ流し・・・

 前々回取り上げたトニーマカパイン。その時の映像は今彼が取り組んでいるフュージョンバンドCABでのものでしたが、僕にとってのギターヒーロー・トニーマカパインと言えばやはりEdge Of Insanityがリリースされた頃のネオクラシカルサウンドです。ユーチューブで検索するといろいろ出てきますが、やはり1stと2ndの頃のサウンドが完成度が高く粒揃いです。今聞いてもほんとに捨て曲がありません。それなのに何故かそのCDが現在行方不明なんです。今の時代ならパソコンにバックアップを取っておく事なんて屁でもない事なんですが、学生の頃にはそんな芸当が使えるはずもなくちゃんとした音源は残ってません。もし1stと2ndをカップリングで再発してくれたら買っても良いんだけど、この手のファンも多くなさそうだから難しいのかな?ちなみに僕がこのCDを買ってからしばらくしてジャケットが野郎の汚い足に差し替えられてしまいました。何で?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/171-9f3005a0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。