--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車欲しい病が発症

2008年06月20日 00:09



IZOARD-WP-BL.jpg
 イタリア・ウィリエール社の上位機種izoard(イゾアール)。フレームセットで30万円オーバー。アルテグラで組んでも40万は軽く越えてしまいますが、フルカーボンの流麗なフォルムが男心をくすぐります。欲すぃ~!
MORTIROLO_WT.jpg
 でもさすがにイゾアールは高過ぎて、なおかつロード未経験の僕には大それた選択だったりもします。と言う訳で現実的(どこが!)に考えて同じウィリエールのmortirolo(モルティローロ)にしようかなぁ、と皮算用しております。この場合コンポは105の完成車で30万円前後。3万円高でアルテグラSLです。僕はド素人なのでコンポの違いが走りに影響するのかさっぱり分かりませんが、スキーと一緒で脚前もないのにアルテやデュラが欲しくなります。



onix_orange.jpg
 モルティローロを始めウィリエールに惹かれる理由の一つはカーボン繊維による流麗な造形ですが、形だけで自転車を選ぶ訳にはいきません。と言う訳でもう一つの現実的な選択肢がスペインの大手メーカー・オルベア社のonix(オニキス)です。こちらもフルカーボン仕様でしかもコンポはアルテグラが標準です。しかもモルティローロよりも安い!マスプロメーカーだから出来るコストパフォーマンスの高さですね。でもデザインが同社のオルカと違って今ひとつセンスが良くないのが気に掛かります。カーボン地がクリア塗装で見えると言うのは大好きな演出なのですが。



x-light_up.jpg
 これまたフルカーボンで今年大人気らしいインタマのx-light。何とフレームは1kgを切るらしい。でもアルテグラで組んだら35万以上掛かるし、グラフィックが今ひとつなのと今中大介のファンじゃないので、買うことはないかな



kharma_up.jpg
 インタマが取り扱っているクオータのカルマ。これは105仕様の完成車で28万弱。しかもフルカーボン。これでデザインがもう少し垢抜けてれば文句なしなんですがね。でも現車見てかっこよかったら買っちゃうかも?



madone45.jpg
 自転車乗りでこのメーカーを知らない人はいない大御所のトレック。そのマドンシリーズの廉価モデルの4.5。上位機種のOCLVカーボンではなくてTCTカーボンだそうですが、そんなもん違いなんか分かるはずも無く。で、105仕様の完成車が295,000円です。フレームの形状はインテグレーテッドシートポストでない以外は上位機種とほとんど変わりません。現車を見るとボトムブラケットの強烈な厚みが印象的でした。


 何だかんだとリストアップしてみましたが、自転車の発注する時期と言うのはとっくに済んでしまっているらしく、たとえお金があっても買えるかどうかは別問題です。何だかこの辺はスキー業界とそっくりですね。それにしても自転車に30万円。マニアからしたらそんな中途半端なグレードなんて、と思うだろうし一般人からしたら自転車に30万?馬鹿野郎か、お前は!って言われそうだし。やっぱウィリエール・イゾアールにアルテグラ仕様で42万円か?(ヤバイね、俺・・・)


スポンサーサイト


コメント

  1. kozupi- | URL | Mn3ChPyk

    こんにちは

    時々読ませてもらってます、自転車乗りのこずぴーざんす。
    わかります、いろいろ迷ってるうちが楽しいのよね(笑)
    ところで、今週末に内灘でロードの自転車レースがありますよ。近くだったら
    見に行ってみてはどうですか?土曜日が内灘大橋?渡った先のサイクルタ
    ーミナルんとこのトラックで、日曜日は下の平野でロードレースです。
    http://www.fukaya-sangyo.co.jp/event/uchinada/
    個人的には日曜日のチャンピオンロードの観戦がおすすめです。公道レース
    なので午前のうちで終わりますしね。そこらじゅうに転がってる高級自転車を
    眺めるもよし、深谷産業っていう自転車屋が来て無料相談みたいなこともやっ
    てると思うので話を聞くもよし。(深谷に相談するとメルクスを勧められるかも・・)
    私も以前は毎年内灘ロード出てました。

  2. 山ぼーず | URL | -

    体力無さ過ぎ!

     こずぴーさん、どうもです。

     自分の貧脚を棚に上げて高性能なマシンにばかり気を取られる馬鹿野郎ことitazoでございます。未だに去年の乗鞍でのま〇もと夫妻の速さは目に焼きついておりますよ。

     ここ最近は当たり前ですが、背中に重荷を担いで自転車に乗る事もないので、割とフォームを意識しながらペダリング出来ています。それでもまだ100km以上走った事がありません。もしチャンスがあれば乗鞍まで金沢からスカイライン越えで行ってみたいと企んでいるのですが、どんなもんでしょうね?200kmはないはずだから平均時速20kmで10時間・・・。死ぬかも?それか乗鞍高原を基点にエコーライン~畳平~平湯へ下って今度は安房峠を登り返して白骨経由、もしくは沢渡経由で乗鞍高原に戻る、なんて事も画策しております。ツールの山岳ステージっぽくないですか?

     ところでこずぴーさんから内灘なんて地名が出てくるとは意外でした。言われるまでそんな大会があることすら知りませんでした。来年あたり挑戦してるかもしれません。でもその前にツール・ド・能登に1日で良いから出てみたい、と考えてます。距離は160kmだそうです!ひぇ~。

     メルクスねぇ。金沢で取り扱っているところあるんでしょうか?こずぴーさんのはちなみにいくらくらいしたんですか?なんだか調べれば調べるほど金の掛かる趣味ではないか、と少々ビビリ気味ですが、まあその辺はスキーと一緒なのかな?はまり過ぎてスキーがやれなくならないよう注意します!

     で、今週日曜日はそろそろ100kmツーリングと息巻いてましたが、どうやら雨模様のようです。アウトドア人間としては雨が降ると途端にやる事がなくなってだらけてしまいます。何とか晴れて欲しいものですが。

     29日は乗鞍に行こうかなぁ、と考えてますので、その際はまた宜しゅうお願いします。

  3. kozupi- | URL | Mn3ChPyk

    私はあんまりロングはやらないので、一日100キロ以上走ったのは数えるほどしか
    ないんですよ。私のメルクス号はお店で組んでもらって30万です。フロントフォーク
    だけがカーボンです。浜松でお世話になってたお店(ミソノイサイクル)が深谷と仲良し
    で、チームのコーチがメルクス好きなので、おまかせコースにしたらメルクスが出てき
    た(笑)
    イタゾーさんは道具に対するこだわりもあるし、大事にするだろうから、最初から高性
    能マシンでもぜんぜんもったいなくないですよ。個人的な感想では、フルカーボンの
    マシンには105じゃなくてアルテくらいついてるといいなぁ~
    内灘ロードは、2001年に自転車買って一ヵ月後にいきなり出たらなぜか入賞してし
    まった記念すべき大会なのです。まっちゃんも一度だけ出たことあるよ。

  4. 山ぼーずitazo | URL | -

    アルテグラですか、やはり

    こずぴーさん、どもども。

    今週末は乗鞍ですか?(この時間のレスならそれはないか?)今日の金沢は天気予報とは打って変わって雨は一粒も降りませんでした。なので愛車でかる~く通勤でした。20kmもないのに着くころには汗が出るわ出るわ、蒸し暑い一日でした。

    それにしても最初から高性能マシンでオッケーなんですか?そんなこと言わないで下さいよ。自動的にウィリエールのイゾアール&アルテグラ=42万円コースになってしまいます。さいわい僕の欲しいカラーは既に完売だそうですが(←既に調査中だったりもする。2chネタですけど)。

    今年は一気にフルカーボンが主流になった感があるので、フルカーボンと言っても値段はピンキリだと思いますよ。アルミフレームにカーボンフォーク、カーボンバックのような組み合わせはその内なくなってしまうんじゃないでしょうか?推測ですけど。

    それにしても105とアルテで違いは分かりますか?そんなの関係ないか。2ヶ月スキーせずにチャリ通したらすぐにお金たまりそうな気がします。さて、しばらく悩んでみます!

  5. よう | URL | -

    北陸のようと申します。
    以前から乗鞍スカイライン スキーを持って登ってらっしゃいますね。それから一日滑るってすごいですね!!

    空身で一度スカイライン挑戦してみたいのですが
    膝も痛めてるし MTBかフロント3速のクロスバイクで登ってみたいのですが・・・
    傾斜はどんなものでしょうか
    市ノ瀬から別当までの林道では、MTBでも登山のザックも多いので3分の2くらい自転車を押して歩く感じです。 あそこより傾斜が緩いのかなlぁ と思っているのですが?
    酸素も薄いし 、体力なしの自分にはキツイかもしれませんね。 MTBのほうが楽でしょうか

  6. 山ぼーず | URL | -

    スカイラインMTBヒルクライム

     ようさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

     乗鞍をスキー担いでMTB漕ぐバカは私ぐらいなものですが、正直顔がねじれるくらいしんどいです。なら止めれよ!ってとこですが、私はドMなので、つらい方が充実感が得られるんですよ。

     それはさておき傾斜ですが、決して緩くはありません。と言うより急です。平湯峠から猫の小屋辺りまでは何とか良いペースで登れますが、それから先は緩急がなく、一定して緩やかな登りとなるので桔梗ヶ原まではかなりタフです。荷物を担いだ状態で畳平まで2時間を切れれば上等って感じですね。

     ちなみにレースやってるような本格的な人だと1時間を切ってきます。

     市ノ瀬から別当までと比較するとまあ似たり寄ったりかもしれませんが、距離は倍(14kmです)ですから、一度も降りずに漕ぎ続けるのは相当の気合と脚力が必要だと思います。

     MTBが楽かクロスが楽かはクロスを持ってないので分かりませんが、ギア比が高いロードレーサーがガンガン登っていく位だから自転車の違いというよりか軽い自転車が有利なのではないか、と思います。なのでスキー道具一式担いで、なんと論外ですよね。

     それと、体力ないから止めとくんじゃなくて、何度も挑戦して体力付ければ良いんじゃないですか?辛かったらそこで下山すれば良い訳だし。僕の場合あくまでもスキーをしに行っているからギブアップ出来ませんけど。ちなみに一日滑ってると言っても既に足は死んでるので、せいぜい滑って20本ってとこです。なので練習にはなりません。でもコブは大好きだから楽しいですよ。一度お試し下さい。

     と言う訳で今日は雨も降らなさそうなので今からツーリングの予定です。通り雨がなければ良いのですが・・・

  7. よう | URL | -

    ITAZOさん
    アドバイスありがとうございます 市ノ瀬から別当と同じくらいの斜度ぐらいということで 所要時間 イメージが沸いてきました。
    好天を狙って、 朝一 休み休みいってお昼を終点で食べる感じで行けば楽しそうだと思いました。

    ぜひ今年の夏挑戦してみたいと思います。 
    自分も今日雨がばらつくなか午後走ってきました。 しかし暑くないのに体が濡れると体力消耗は相当なものですね・・・ 腹も減るし 体が冷えました。

  8. kozupi- | URL | Mn3ChPyk

    こずぴーです。週末は朴の木までは行ったのですが・・・(笑)
    私が思うに、イタゾーさんは中途半端なモノを買うと、すぐにあとでいいモノが欲しくなっ
    ちゃうんじゃないですかぁ?とまたまた悪魔のささやき。
    自転車に何十万て、普通の人からすれば驚くだろうけど、ロードバイクで走る爽快感は
    プライスレスですよ。かっこいい自転車は、なんていうか、所有欲を満たしてくれます。

    >ようさん
    こずぴーといいます。よろしく。フロント3速のクロスならそれもいいかもしれませんね。
    重いギアを踏み続けるのはしんどいですから。自転車自体の軽さと、長時間漕いでも
    疲れないポジションが取れるのがいいと思いますよ。
    ヒルクライムは自分のペースで走れて、頂上に着けば誰でも達成感が味わえるのが
    魅力です。ぜひチャレンジしてみて下さいね。

  9. 山ぼーずitazo | URL | -

    何だか心を読まれているような・・・

    >中途半端なモノを買うとすぐに後でいいモノが欲しくなる

    その通り!心の中をズバリ見透かされております。とは言え先立つものが今のところ見当たらず・・・。と思ったらもうすぐでボーナスですねぇ。ヘッヘッヘ。車のローンを繰上げ返済しようかなぁ、とも考えてたんですが、ユーロ高で自転車やスキー関連は軒並み値上がりしそうなので、ここはやっぱ無理して買っとくべきでしょうか?(オイオイ)と言いつつ既に私の頭の中はイゾアールで固まっておりますよ!(問題はカラーとサイズですな)

     ところで来週末は乗鞍出撃、と思ってましたが、日曜日は自転車に乗れなかったので、乗鞍は取り止めにしよう、と考えております。久しぶりにスキーをしない月になりそうです。肩の事考えたらもう少し先延ばしした方が無難かもしれませんが。

     次回は乗鞍高原&大雪渓にて。夕方の明るい内からプシューっとビール&焼き鳥(ウナさんのを横取り!して)が実は一番の楽しみです!(何だそれは)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/180-0bef966c
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。