--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁断のカンパニョーロへ・・・

2008年07月10日 00:14



VEL_Brake-front.jpg
 カンパニョーロの上から4番目のグレード・ヴェローチェのブレーキ・Dスケルトン(詳しくはよ~分かりません)

 先日フレームを発注していたウィリエール(そうです、私とうとうロードの世界へ足を踏み入れてしまったのですよ!って、まだ手元にはありませんがね)のLAVAREDO CARBON。空の旅を終えてあっという間にお店に届いてしまいました。前回のログでも書きましたが、今回は完成車での購入ではなく、全てをバラバラに購入し組み上げていくやり方なので、今日は夕方に職場を抜け出し、またまたカツリーズサイクル&デザインさんへ組み立てのご相談に行って参りました。

 さて、前回お伺いした時にもいろいろと親身に相談に乗って頂いたのですが、何だかんだとお話する内にディレイラーやクランク関係はカンパニョーロのヴェローチェ、ハンドルはチネリ、ペダルはタイム、ホイールはカンパのカムシン、その他うんぬんかんぬんと決まっていきました。

 それは良しとして、コンポがカンパニョーロですか!来ましたねぇ~。ネットや雑誌上でのシマノとの比較を見る限り、値段は相当に高いようです。しかも性能面だけで言えばシマノの方が良い!?との分かったような分からないような説明を受け頭が混乱。でもイタ車にはイタリアのパーツでしょう!みたいなノリで、まあそうかなぁ、と何となくシマノを避けるようにカンパに決まってしまいました(何じゃそれ!)。で、実際のところこのヴェローチェってモデルはしょぼくないの?と聞いたところ、違いなんて分からん(これまた何じゃそれ!)との事でした。僕自身、もしシマノだったら最低でも105、出来ればアルテグラクラスで揃えたいなぁ、と思っていたのに、ヴェローチェだったらレコード→コーラス→ケンタウル→ヴェローチェで、何だか105よりもランクが下のように思えてしまうんですが、それほど気にする事ではない、との事でした。

 まあ、冷静に考えて自分の体重が数100g変化しても気が付かないのに、自転車のパーツ一つが数10g重いのを使ったって僕なんかが簡単に識別出来るはずありませんよね。ウン万円掛けてパーツを数100g軽量化するよりも自分の体重を1~2kg減らす方がよっぽど効果を体感出来る、と言うのはもっともな考え方だとよーく理解出来ます(とは言ってもコーラス、ケンタウルがカッコイイなぁ~、と見てくれ重視の僕はちょい残念気味だったりもします)。

 しかし、スキーもピンキリですが、自転車のピンキリはその比じゃないですね。一つ一つのパーツの値段設定がもう一般人の理解不能なレベルですから。自転車のタイヤに7,000円(しかも1本)なんて有り得ねぇよ、まったく。これはそこそこのはまり具合で止めておかないと本当にスキーが出来なくなりそうです。
スポンサーサイト


コメント

  1. kozupi- | URL | Mn3ChPyk

    おめでとうございます

    いよいよローディーの仲間入りですね。それにしてもカンパとは!イタゾーさんらしい。
    まぁ、紳士服と自転車は、いいもの買おうとしたら吊るしじゃダメってことですね。
    納車したらノリクラへ見せびらかしに来てください。

  2. よう | URL | -

    ロード

    パーツのことはよく分かりませんが・・・すごそうですね
    道といえば90パーセント?は舗装道路 それも段差のないところを快適に走る。
    となれば結局 車と同じところを走ることになりますね。
    スピードが維持できるロードが一番なんでしょうね。
    スピードださず、ちんたら車道を走っていたら車との接触が怖いですからね

  3. 山ぼーずitazo | URL | -

     コズぴーさん、どうもです。

     いよいよ来週中には私もローディ(と呼ぶんですか?)の仲間入りですよ。これからそれなりに乗り込んでいったら僕も栂池や乗鞍のヒルクライム、完走出来るようになるんでしょうかねぇ?タイムさえ気にしなけりゃ問題ないと思いますがせっかくのロードだし、最後尾をノロノロなんてんじゃ意味ないし・・・。とにかく今年は金沢から乗鞍高原まで新車で走破してやろう、と無意味に意気込んでおります、ハイ。

     それにしても本当、自転車って高いですよね。良い頃合を見計ろうにも自分の中に基準がないので、どこで妥協するべきなのか今でもさっぱり分かってません。情けないっす・・・。



     ようさん、どうもです。

     今年は乗鞍ヒルクライムに挑戦する気になってきましたか?僕はそれ以前に自転車購入に金を注ぎ込み過ぎて乗鞍までの交通費が捻出出来そうにありません(オイオイ)。是非相乗りで行きましょう!スキーは先月で毎月の滑走記録も途絶えた事だし、何が何でもスキーって気持ちは今のところなくて、とにかく自転車に乗れれば満足、って感じです。

     ちなみに通常のツーリングで走るのは当然の事ながら車道ですよ。スピードの早い、遅い問わず軽車両(自転車)は法律上歩道を走行してはならないので、遠慮なく車道を走ってやれば良いのですよ。とは言っても狭い車道や混雑する道路で車と同じ場所を走るのは気分的にもイヤですよねぇ。なので、僕は最初からそういう道路は避けています。あと走りやすくても空気の汚いところは辛いですね。

     あと、ここ最近はなんちゃって朝練を犀川河川敷のサイクリングロードで朝の5時半頃から7時の間にやってます。もし気が向いたら一緒に走りましょう!朝なので気合いは入れず、アベレージ25kmほどで往復丁度一時間です。良い汗掻けますよ!是非是非。それでは・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/188-55a480f2
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。