--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震その2

2007年03月26日 22:46

070224三方崩山Aルンゼルート図

 写真は2月24日に滑った三方崩山のAルンゼ(仮称)です。本峰に向かって順番にDルンゼまであります(もっと過激なラインもあるのかもしれませんが、僕には見出せません)Dルンゼは恐らく唐松本谷と同じくらい広いと思われるので、ルンゼと言う呼び名は適正ではないかもしれません。とりあえずは来シーズンの課題です(写真は大ソロさんが対岸の御前岳前衛から撮って頂いたものです。有難うございます)。
 ところで、昨日の地震に引き続き今朝も余震がありました。会社に行って見るとお客さんからの問い合わせ電話が既に何件か入っており、午前中はひたすらその対応で終わりました。で、実際のところどうなの?と言う肝心な情報は金沢に住んでいても良く分かりません。ただ言える事はニュースでやっているほど実際の状況は深刻ではなさそうだ、と言う事です。被害の大半は日本海側の沿岸部に集中しているみたいで、そんな所にはもともと大して人も住んでいないので、仕事(あくまでも僕のお客さんの)への影響もほとんどありませんでした。道路に関しては能登有料道路の崩壊映像が何度も流されていますが、それ以外の国道や主要地方道には深刻なダメージはほとんどないようなので、陸の孤島になって生活に困る、なんて人はほんの一握りではないか、と思います。

  今回の地震で少なからず被害を被った方々がいらっしゃるので、大した事ないよ、なんて不謹慎な事は言えませんが、マスコミが報道しているほど石川、富山の人達は困っていない、と言うのが多くの人の実感ではないでしょうか?(違ってたらスイマセン)もし同規模の地震が金沢の市街地で起きていたらとんでもない被害に見舞われていたであろう事は容易に想像が付きますが。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/19-83ef2785
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。