--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月14~16日・爺ヶ岳~針の木岳縦走

2008年09月16日 11:01

DSCN5928.jpg
 久々の連休は会社の同期・I氏と北アルプスの縦走を楽しんでまいりました。扇沢をベースに初日は種池山荘にてテント泊。そして当日は爺ヶ岳の南峰と中峰を登頂し早めの宴会となりました。

 二日目は岩小屋沢岳~鳴沢岳~赤沢岳~針の木岳と経由し、針の木峠でテント泊。三日目は僕だけ午後から仕事なので早朝4時に針ノ木峠を出発し、朝の6時過ぎに扇沢へ下山→金沢へ帰還となりました。

 相棒が登山経験が浅いため、終始ノンビリペースで楽勝楽勝と思ってましたが、最後の最後が実は核心だったのには肝を冷やしました。暗闇の雪渓を下るのはもうコリゴリです(当たり前か?)
DSCN5888.jpg
 種池山荘では何はさておき生ビール!


DSCN5909.jpg
 私の大のお気に入りの鹿島槍。やはりこの角度からの吊尾根は最高ですね!


DSCN5961.jpg
 その鹿島槍をバックに岩小屋沢岳山頂から一枚!


DSCN5966.jpg
 今度は剣岳(右)と立山をバックにもう一枚!いやぁ、最高!!!


DSCN6017.jpg
 今度は針の木岳の山頂から遠く槍ヶ岳をバックに。ここのピークは本当に北アルプスのど真ん中なので、ほぼ全ての主要な山が間近に見えました。最高の展望台かも


DSCN6043.jpg
 寒い寒いと連呼しておきながら針の木峠小屋に着くなりエビスビールの生中にて乾杯!やはり最高です。これで明日もノンビリ下山できたら最高だったんですが・・・。暗闇での針の木雪渓を下山するのは危険ですから皆さんは決してマネされませんように!(する訳ないか?)
スポンサーサイト


コメント

  1. freax2003ski | URL | -

    後立山連峰

     暗闇針の木雪渓下山ご苦労様!こちらも予定通り早月尾根から早月小屋泊まりの翌日無事に2回目の剣登頂出来ました!こちらからも、針の木、爺、昨年ヘロヘロになった鹿島槍~五竜が良く見えたよ!剣の頂上は沢山の人で賑わっていました。気温は3.5度と寒く秋と言うより暑さに慣れた体には冬に感じたよ!

    それにしても、番場島まで下りが長い事!長い事!あれを日帰りする人達(将軍)を含めて奇特な人!信じられない!昨年、11月滑った立山川上部には少し雪渓が残っていたよ!下りた沢は、ハッキリとは分らなかったけど、登り返した谷は分り、良くあんな急な斜面を登り返したなぁ!と思ったよ!初滑りまで後、2ヵ月!!

  2. 山ぼーずitazo | URL | -

    粉雪!

    いやー、今日も台風のお陰で蒸し暑い一日でした。とは言え降る降ると言いつつ一向に雨が降らなかったのはI氏の長期山行を考えるととても良かった、と安心しております。明日はそろそろ高天原温泉辺りに辿り着くのでは?

    馬場島への下りは本当にイヤになるほど長いよね!そんなところをノンビリ歩くと尚更苦痛なので、僕はさっさと走って下山します。その代わり翌日からしばらくの間は恐ろしいくらいの筋肉痛に襲われますけど。

    にしてもあと二ヶ月でパウダーとは早いものです。でも僕はまだ08シーズンを終わらせてませんから!もう1~2回は乗鞍かな?

    アバラング買ったら是非見せてくださいませ!

  3. freax2003ski | URL | -

    了解!

    アバラング2買ったら早速、11月立山に持って行くよ!(笑)早月尾根は走りたくとも自分には急だし、滑りやすくて無理!走ってないのに筋肉痛が酷い今週!

    一日風呂入れないのも嫌だからI氏みたいな山行は自分の選択肢にはないかな!無事に上高地まで行くことを祈ります。では、またね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/208-f671cced
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。