--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーチワード検索結果

2008年09月21日 08:49

izoard_lightblue_lg.jpg
 ホームページとブログに訪れて頂ける方の国名、都道府県名、その他諸々を検索する機能があるのですが、その中でも興味深いのがサーチワード検索。9月の1位はウィリエールの上位機種イゾアールでした(本当はこれが欲しかった!)。その次がまたまたウィリエールのフルカーボンエントリーモデル・モルティローロ。そして3位にようやく私の愛車であるLAVAREDOがランクイン。そしてその後もずーっと自転車関連が続きます。スキー関連は9位の児玉毅のみ。でも僕はこの方の記事を書いた覚えはないんですけど・・・。

 と言う訳ですっかり自転車ブログになってしまった『野獣の咆哮』。でもあと2ヶ月もすればスキー一色といった検索結果になるのでしょうかね?


1ウィリエール イゾアール             50 9.34%
2 ウィリエール モルティローロ 39        7.28%
3 wilier lavaredo 27 5.04%
4 ウィリエール モルティローロ 07 在庫 21   3.92%
5 クライン アティテュード 16            2.99%
6 IZOARD 11                     2.05%
7 IZOARD 2008 11                2.05%
8 ウィリエール ラヴァレド 11           2.05%
9 児玉毅 11                     2.05%
10 クライン アティテュードV            2.05%

ウィリエールのHPはこちら
101_cunego_lg.jpg
 ロードド素人の私が何気に一番憧れるのがウィリエールの最上位機種・チェント1.去年のモデルとパッと見大差ないように見えますが、極端だったスローピング形状がホリゾンタル方向に戻され、シートポストもインテグラルタイプに。チェーンステイはトルクの掛かる右側が下方向へ曲げられ左右非対称となるほか、2本に分かれていたバックは今風のモノステー(これはコストの問題か?)に変更。その他細かい変更がいくつかある模様。フレームセットの重量は昨年よりも僅かに重くなったが完成車重量は逆に軽くなる、と言う不思議な改良が施されています。カラーも4種類ありますが、やはりクネゴカラーでしょ!(買えませんけど・・・)




leroi_chrome_lg.jpg
 イゾアールとチェントの間に位置する上位モデルのル・ロア。昨年までは無かったクロームカラーがとてもかっこよくてヒカリモノ好きの僕としてはイゾアールよりもこちらに魅力を感じてしまいます(買えませんけど・・・・・)




lavaredo_polish_lg.jpg
 そしてこれが09モデルのLAVAREDO CARBON。手前味噌ではありますが僕の持ってる08モデルの方がカッコイイですねぇ~。とは言いつつ来年になったらル・ロア買いそうで怖い!そろそろ経済的破綻が近くなってきました・・・
スポンサーサイト


コメント

  1. YAMADA | URL | iuSYaX1c

    自転車三昧

    私も最近は自転車ばかりです。ちょっとはまり気味かも?
    山の感動とは別物ですが、自分の脚で漕いであちこちに
    行けるのが楽しいです。古い街に行くと、歴史にもちょっと
    興味が出ます。

  2. 山ぼーずitazo | URL | -

    YAMADA先生、こんちは。

    日曜日は一日中シトシトと微妙に雨が降り続け、結局山も自転車も楽しめませんでした。と言うわけで今朝は早起きして自転車に、と思いつつ5時半に起きたらまだ真っ暗。再度寝なおして起きたら7時でタイムアウト。情けないです。この時期の二度寝は布団の中が気持ちよすぎて危険ですね。

    それにしてもYAMADA先生は元気ですねぇ。それに一緒にツーリング出来る仲間がたくさんいるのも羨ましい限り。いつか馬力が付いたら琵琶湖一周にお付き合いさせて頂きたいものです(今年は無理か?)

    とりあえずあと2ヶ月で立山です。早いですねぇ。今季こそ怪我のないシーズンにしたいです!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/210-d1616ffd
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。