--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月13日・五竜

2008年12月15日 01:11

DSCN6508.jpg
 極端な雪不足の今シーズン。出だしが良かっただけで、ここ最近はさっぱり積雪が増えないので行き先は自然とシーズン券の五竜に決まりました。ゴンドラに乗車する時は微妙な雲空でしたが、山頂へ上がってみればご覧の通りの青空に武田菱が映えて、山を鑑賞するには中々にゴキゲンな一日でした。でも何せ雪が少な過ぎる・・・。コブ斜面は腹一杯食べたけど、カチカチのテクニカルコンディションはやはり体には堪えたようで、滑り終えた直後には両脚がピクピク痙攣&背中全体が筋肉痛になってしまいました。

 来週もまとまった降雪は期待できそうも無いので、必然と行き先は五竜になると思うけど、ヘタしたらパノラマコースしか滑れない可能性もあったりで、本当に心配。ガツンと50cmくらい積もって欲しいよ・・・
DSCN6507.jpg
 朝一のフラットを楽しむつもりでしたが、例のごとく寝坊のため金沢出発は朝の6時半。オイオイ。とりえあず通勤割引を1回だけ使って後は下道にて。山の上に上がれたのは9時半頃でした。この時期滑れるスキー場が限られるのかゲレンデはバブル真っ盛りのごとくスキーヤー・ボーダーで溢れかえっていました。これがいやで山スキーに没頭していた時期もあるけど、最近はさほど気にならなくなりました。やっぱ歳か?


DSCN6513.jpg
 既に朝一のコーデュロイバーンを逃した僕としてはカチカチのコンディションでガッツリ滑りこむほどの気合いはなかったので、地蔵の頭へちょいとハイクしに。山頂からは五竜や唐松岳、そして白馬の町並みが手に取るように分かりました。数週間前までは白馬の町も真っ白だったのに、今日は雪のカケラほどしかなくて何だか季節が逆戻りしたかのようでした。本当に下まで滑れる日が来るんでしょうか?


DSCN6511.jpg
 岩岳の山頂ゲレンデの雪も既にハゲハゲ状態に。4月下旬のような雰囲気でした。隣りの八方は十分滑るエリアがあるのに、何とも不遇な岩岳スキー場です。仮に雪があったとしても余程の理由(タダ券が手に入ったとか)がない限り岩岳には滑りに行きませんがね(オイ)。


DSCN6512.jpg
 五竜での山スキーと言えば一の背髪から平川へのルートが一般的(滑ったことはありません)だと思いますが、自分の体力不足を棚に上げてそんな軟弱なルートは滑らん、と今までは選択肢にも入りませんでした。でもそんなのも今は昔。ズン券をフル活用して今年はお手軽山スキー全開で行こうと企んでいます。でもその前に早いとこ大寒波が来て欲しいです。頼む!!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/237-359973b6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。