--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月3日・三方崩山1369P

2009年01月05日 07:51



 野谷荘司山での爆雪から二日。雪も落ち着いて今日はベストコンディションか、と思いきや今日の三方崩山は例年と違って目の詰まったような密度の濃い新雪でした。希望を言えばあと1m積雪が欲しいところでしたが、それでも場所さえ選べば十分に豪快なターンを楽しむ事が出来ました。
IMGA0125.jpg
 帰雲橋左岸の第一堰堤まで登ると前日のものと思われるトレースが出てきました。これには驚き。


IMGA0126.jpg
 700m台地まで上がると去年は出ていた水も今年はしっかり雪に覆われていました。


IMGA0129.jpg
 稜線まで上がると弓ヶ洞谷右股の全景が望めました。下部の滝はしっかり露出している上に、ブッシュもまだまだ多いので、あまりお勧めではないような気がしましたが、はて?


IMGA0130.jpg
 振り返ると帰雲山の大崩落壁と猿ヶ馬場山が見えました。


IMGA0132.jpg
 弱弱のうちらは東尾根に向かうほどの馬力もなく、迷わず1369Pにて行動終了となりました。途中見かけたトレースはどうやら山スキー界の重鎮・H先生グループのものだったようです。3人のバカ力軍団が鬼のラッセルをやれば山頂までも楽勝で届くのかもしれませんね。とは言え登行のライン取りは三方崩山の主である僕のほうが数段良かったと思いますが。ハハハハハ。
スポンサーサイト


コメント

  1. 大阪のソロスキーヤー松村 | URL | -

    どもおめでとうございます。
    GPSの足跡を比べるとライン取りはitazoさんの圧勝ですね。
    実は僕も思ってましたよ(*^^)v ウヒョ~!

  2. 山ぼーずitazo | URL | -

    大ソロさん、こんばんは。

    以前この尾根で大ソロさんとお会いしてからというもの、いつでもご一緒出来ると思っていましたが、どうにもタイミングが合わずセッション出来なくてヤキモキしておりましたよ。

    今シーズンこそ怪我なく過ごさねば、と変な目標を立てているところです。あとヤマダ先生とも久しぶりに山スキーを楽しみたいし、しゅうさんとも滑りたいし。(と言いつつ単独行ばかりだったりもして)

    今回のライン取りについては僕のラインの方が勝手にベストだと思ってる(実は僕もちょっと藪にはまって往生してるんですが)だけでH先生のように尾根の突端から全て尾根経由で行っても問題ないのかもしれません。ただ、あの積雪量だと相当の藪コギを強いられたのは間違いないと思います(ホームページにそんな事は書いてありませんでしたけどね)。滑走ラインも恐らく登りと同じようなラインだったと思いますが、やはり大ソロさんと滑った北面や今回滑った1369Pの北面左寄りの方が明らかに快感度は高かったと思いますね。まあ、それだけ入山回数を重ねてますから、少しくらい人より詳しくないと逆に情けないですけど。

    今度の連休はまた白馬方面へ遠征するつもりです。おそらく強烈な寒波がやってくるはずなので、危険度を見てゲレンデが裏山か決定するつもりです。それ以降はまた奥美濃三昧、もしくは銀杏峯出撃といったところでしょうか?今季こそ是非是非ご一緒下さいませ!

  3. しゅう | URL | LbYl9WXI

    itazoさん、大ソロさん、こんばんは (--;
    今シーズンは地元で楽しみます。
    (北の大地へ遠征修行は没..シクシク...)
    よろしくお願いしま~す。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/240-16c10c36
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。