--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イオックスアローザ

2007年04月08日 21:29

070408医王山1

白ハゲ山付近から望む奥医王山方面

右ひざの状態は一進一退ですが、お医者さんに運動の可否を尋ねた所軽い運動なら問題ない、との事でしたので、またまた近場の医王山にハイキングに行ってきました。例年並の積雪であれば医王の里付近でも50cm位の積雪があっても不思議じゃありませんが、さすがに記録的な暖冬の今年はまるで雪がなく、それを良い事にどんどこ車で奥に入り込み、しがらくびポケットパーク(たぶん)から登山道へと入りました。
070408医王山2

白ハゲ山まではわずか20分ほどのハイクで小汗程度であっさり到着です。市民の憩いの山だけあって、すでに7~8人が登頂していました。ここまでは登山道上にほとんど雪はありませんでした。しかし、ここから医王山を越えてイオックスアローザの山頂駅まで通じる登山道にはさすがに50~100cm程度の積雪があり、ありがたくトレースを利用させて頂きました。この辺りの標高はたったの800前後しかありませんが、それでも数日前には降雪があったらしく、うっすらと白い雪がのっかっていました。今さらですがちょっと嬉しかったりもして。

070406医王山3

 イオックスアローザの山頂駅に到着するとそこにも先客が5~6人おりました。いつものように挨拶をしますが、案の定無視されてしまいました。この後も中高年のグループに擦れ違いで挨拶しましたが、やはり無視されてしまいました。ここ数年で山でのマナーは大きく変化してしまったのかもしれません。何だかとても寂しい気がします。かえって若い人達の方がしっかり挨拶してくれるような気がします(そもそも山に若い人達はいませんが・・・)

 それにしても山頂付近の積雪はかなり少ないです。0~50cmってとこでしょうか?それでも利賀村方向の山々を眺めるとまだまだ純白の世界でした。今年は標高の低い場所ほど暖冬傾向が顕著なのかもしれません。立山室堂で積雪7mだそうですが、本当なのでしょうか?

070408医王山4

 帰りの林道は雪崩れた雪で絶壁か、と思いきや雪崩れるほどの雪がなかったのか、楽勝で通過出来ました。車道もこの区間(200mくらい?)さえ除雪してあれば峠まで来れます。でも裏側(アローザ側)は除雪する気が無いのか、富山側への通り抜けはしばらくは無理だと思います。

 下山後は石川県会議員選挙の投票を済ませ、明るい内に帰宅。ビールを飲みつつ映画を見て過ごしました。山スキーの負荷からすると比較にならないくらいショボイ運動量でしたが、やはり山に登れるだけでもかなり気分が晴れました。あと三週間たったら山スキーを再開出来ると思うと自然にテンションも急上昇と言いたいところですが、その前にゴールデンウィーク前の強烈な繁忙期が待っているか、と思うと逆に気が滅入ってしまいました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/26-20b32c77
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。