--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月20日・五竜47

2009年03月21日 07:55



DSCN6784.jpg
 一応全面滑走可能を謳っている五竜47。でもご覧の通り飯森ゲレンデの急斜面は見るも無残な姿に変わり果てて、もはや死に体でした。緩斜面は人工降雪機があるので、それなりに積雪はありましたが、既に地面が露出していたり、透けて見えるような箇所もかなり見受けられたので、いいとこ来週末が関の山といったところでしょう。寡雪のシーズンに下部ゲレンデがここまで持ち応えたのはかなり驚異的ですが、何とも淋しい限りです。その割りにゲレンデは多くのスキーヤー、ボーダーで溢れており、世の中の不景気とは無縁のような不思議な空間でした。
DSCN6785.jpg
 今日は終日濃い霧がゲレンデ上部に立ち込めていました。昼間と夕方に山頂付近が何とかガスの上に出ましたが、中間部は10m前がやっと見える程度で、初級ボーダーの僕にとってはとても快適とは言いがたいコンディションでした。しかし、今日蓮華温泉に向かった連れの山ちゃんによると上部は快晴だったそうです。山の天気は分かりません。


DSCN6782.jpg
 ヘボ脚で上部の急斜面は危険、ということで、飯森のフラット斜面でボードの基礎練習です。実質積雪量は30~50cmといったところで、地面の凸凹が一部出てきて、しかもスケスケとところもあって、微妙な快適さでした。とは言え隣りのとおみゲレンデは激混みなのに、ここはさほど混雑していないので、安心して滑れました。


DSCN6779.jpg
ゲレンデは白いですが、下界の田んぼは雪が全て消えて茶色でした。3月下旬の白馬の景色じゃありませんよね。今年のゴールデンウィークは本当にやばそうな感じです。立山に逃避行か?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/260-e902080c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。