--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月7日・乗鞍ヒルクライム→剣ヶ峰登山→大雪渓スキー

2009年06月08日 22:38

DSCN6964.jpg
先週は乗鞍高原まで足を延ばしたにも関わらずあいにくの雨で撤収となりましたが、今回の週末の長野県の天気予報は晴れマーク。となればもう行くしかあるまい!スキー一式は相方に荷揚げを頼んで、僕の方は今期初の乗鞍ヒルクライムを楽しむ事にしました。


剣ヶ峰直下から大雪渓へ延びる狭い雪渓を滑った後は肩の小屋口の旧トイレ跡でぷしゅーっと一杯。最後はヘロヘロになって登り返して、変態3人衆はさらにテレモーグルを楽しんでました。


DSCN6946.jpg
ヒルクライムの後は乗鞍軍団の待つ剣が峰方面へツボ足登山です。久しぶりの登山で足が重いです。

DSCN6947.jpg
摩利支天のトラバースポイントから肩の小屋口方面を見下ろした様子です。除雪はここまで進み乗鞍高原温泉発のスキーバスはここで折り返しとなります。


DSCN6952.jpg
ヘロヘロになってようやく剣が峰へ到着するも残念ながら展望は利かず。直下の権現池は一部融けてはいるもののまだまだ深い雪に覆われていました。


DSCN6956.jpg
肩の小屋口から畳平へは除雪中のエコーラインを進みましたがバス停からすぐのカーブはなんちゃって雪の大谷でした。富士見岳直下も除雪中で雪の上を結構歩くので、あまりお薦めは出来ませんね。雪面が堅い時は止めたほうが無難です。


DSCN6966.jpg
岐阜県側ではモーグルを楽しむ仲間がいましたが、当然僕にはそんな元気は残ってませんでした。後は朴の木までのダウンヒルを安全にやり過ごすのみです。ちなみに写真に写っている左側の黄色いスコットのロードは乗鞍大雪渓ウェブサイトでお馴染みの乗鞍雷鳥さん、いやヤ〇ダさんの愛車です。右は僕の愛車・ウィリエール ラヴァレド君です。


DSCN6976.jpg
山スキーで有名な四ツ岳を右手に見ながら朴の木へ向けて爆走ダウンヒルです。極Mの僕はやはりヒルクライムの方が性にあっているのかダウンヒルはすぐに飽きてしまい辛いだけでした。

さて、来週の日曜日はグランフォンド福井です。日ごろはろくにトレーニングもしてませんが、150km以上のツーリングを2度と今回のヒルクライムでそれなりに自転車に乗れる体は作れた(ほんまかいな?)はずなのでさほど心配はしていません。後は天気だけですね。極Mの僕と言えども雨天で丸一日走れるほどタフな精神力は持ち合わせていません。何とか晴れてくれるよう毎日お祈りしとこうと思います(嘘つけ!)。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/278-a12e03d5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。