--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月20日・宝達山~氷見~七尾ヘロヘロポタリング

2009年07月21日 07:48

DSCN7167.jpg
 能登地方の最高峰・宝達山(標高637m)にて。宝達山山頂は何とも無機質な感動のない場所だなぁ、とガックリしましたが、実はこれから一旦下ってもう少しすると本当(?)の山頂がある、というのを途中まで下山して知りました。トホホです。今日はこの宝達山を手始めに小さい峠をいくつも攻めなら150kmほど走ろうと企んでいましたが、結局この峠で脚が売り切れてしまい、あとはノラリクラリとポタリングになってしまいました。コンディショニングの重要性を今さらながら再認識した次第です。
DSCN7165.jpg
 今日の出発はかほく市高松町のスポーツ施設・アクロスです。ここから国道471号を5kmほど進むと宝達山への入り口である県道75号線となります。ここから山頂までは標高差600mほど、距離は6kmです。という事は10%の登りです。キツイですねぇ。とは言え富士山と比較したら途中は平坦な場所もあって、楽しいヒルクライムのはず!でしたが、前夜の飲みすぎがたたり、心臓も脚も全く力が湧き出てきません。山頂間近で湧き水を発見するやいなや迷わず自転車を降り水を飲みに行きました。情けない・・・


DSCN7166.jpg
参考までに湧き水の看板を載せておきます。『霊峰 田呉伏流水』と書いてあります。とても冷たくて美味しいお水でした。


DSCN7169.jpg
普段はあまり汗を掻かない僕ですが、まったくもって調子の上がらない今日はレーサージャージ全面がびっしょり汗まみれで、膝下も塩が噴いていました。力がまるで出ませんでしたがこれで終わり、という訳にはいきませんので、県道75号を高岡方面へと向かいました。その途中にある五位ダムでパチリ。なんとも静かなダムで誰一人見掛けませんでした。


DSCN7170.jpg
宝達山山頂付近は濃霧で路面も水や砂があってコンディションは最低でしたが、下界まで降りてくると夏の日差しが戻ってきました。高岡から氷見へ抜けるしょうもない登りも今日の僕にとっては試練の連続でしたが、何とかかんとか氷見の道の駅へ到着しました。出発して既に3時間ちょっとも経ってますが、サイコンのメーターは55kmです。でも既にかなりお疲れモードです。ぶっかけうどんを食べて何とか元気を取り戻しました。



DSCN7171.jpg
氷見の道の駅からは当初碁石ヶ岳を越える原山峠かその北方にある荒山峠を越えるつもりでしたが、既に坂を登る力が残っていなかった私は進路変更で国道160号を七尾市に向かって進みました。県境手前までは道路があまり広くない割りに交通量も多く快適とは言えませんでしたが、石川県に入るとそこそこ快適に走れました。景色も最高でスピードも出る出る、と言いたいところですが、終始30km以下しか出ませんでした。ふぅ~



DSCN7175.jpg
七尾の市街地へ入ると道は狭い上に渋滞が発生で危なくてかなわないので、地図を見ながら裏道で帰路に就きました。羽咋市では初めて邑知潟(おうちがた)に立ち寄りました。ここは白鳥の飛来地として有名です。特に感動する風景でもありませんが、農村地帯をのんびり走るのは気持ちが良いものです。空気も美味いし。



DSCN7178.jpg
出発地点に戻ったのは夕方の6時ちょい前でした。出発が10時過ぎだったので8時間たっぷりサイクリングを楽しんだ(苦しんだ?)事になります。今日は何とか気合いだけで漕ぎ続け走行距離は156kmでした。平均時速は恥ずかしくて書けません・・・。



スポンサーサイト


コメント

  1. マサヒ | URL | wLMIWoss

    ご苦労様でした

    山の伏流水 美味しそうですね
    美濃にも山肌から水が湧き出している所がいくつかあります
    自転車を始める前は同僚と山に入って水汲みをしていました
    ポリタンクに入れてね

    酒の飲み過ぎのロードは素晴らしい(^-^o)
    ぜひ、これかも一緒に走る時は実行して下さいね
    明くる日はヘロヘロになって仲間に花を持たせましょう(^-^o)←こいつも飲むアホ

  2. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: ご苦労様でした

    マサヒさん、おはようございます。

    私も鉄人ではないので、昨日一日体がだるかったです。ツールに出てる選手は毎日200kmを競り合いながら走ってそれを三週間とは本当に人間業とは思えませんね。

    山の水は本当に美味しかったですよ、酔い醒ましには(オイオイ!)残念だったのは山頂がガスのために日本海や立山連峰、白山などの素晴らしい眺望を楽しめなかった事です。そんなに遠くない山なので、近いうちにリベンジしようと企んでいます。


    > 酒の飲み過ぎのロードは素晴らしい(^-^o)
    いやいや、本当に辛かったですよ。本当に緩い坂でもトルクを掛けたそばから心拍数がグンと上がって力が全然出ませんでしたから。ゆっくり走っても回復もしないし。なので、ロングライドの前日はせめてビールは2本程度に抑えたほうが僕の場合無難かと(もちろん暴飲暴食はご法度です)。

    とはいえ一度美濃で前夜宴会、翌日ツーリング(びわ湖パターン)で楽しみたいですね。また宜しくお願いします。

  3. hiro | URL | -

    itazoさん、こんばんは。
    この、能登のコースはツールド能登のコースですか?
    相変わらず、ヒルクライムに徹していますね~。
    暑かったでしょうが、お天気でなによりです。

    おっ、ブリッテッシュスティールのウエアですね。
    やはり、目立ちますよ。
    itazoさんならではのセンスです。
    ホント、良い物見つけましたよ。

    やはり前日のアルコールは飲み過ぎに注意です。
    あと、寝不足も駄目ですね~。
    (マサヒさんは前日にアルコールが入ると、翌日はニトロ
    が爆発したようになります。多少の飲み過ぎは関係ない
    見たいですよ、気を付けましょう!)

    お疲れ様!

  4. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    hiroさん、こんちは。

    このコースは地図を見て適当に考えた(&行き当たりばったり)ので、当然ツールドのととは無関係です。七尾から戻ってくるルートは一部ダブっていた可能性はありますが出場した事がないのでよく分かりません(すいません・・・)。ツールドのとはやはりこの手のイベントの先駆けなので、是非一度は参加してみたい、と思っていましたがエントリーフィーを調べてガックシ。庶民感覚とはかけ離れた金額設定であっさり諦めました、ハハハハハ。福井のセンチュリーランぐらいの出場者数で和気藹々と走れるイベントが石川にもあって欲しいです(ツールドかがなんてのも5月頃にあったらしいですが)

    > 相変わらず、ヒルクライムに徹していますね~。
    何せ今年は一度しか乗鞍へ出撃しておりませんので、次回行くときまでは何とか登れる脚にしておきたいという焦りがありまして。とは言っても漕ぎ出した瞬間から心臓バクバクとはやはりアルコールの悪影響というのは想像以上だと感じました。

    ブリティッシュスティールはかなり気に入っていますよ。プルオーバーなのが若干気に入らないですが、ファスナーは三分の二以上は下げれるので、まあ許容範囲内かな、と妥協しています。これを着て切れ味鋭いペダリングをご披露出来れば最高なんですが、実力が伴わずでトホホです・・・。

    マサヒさんは僕以上にエロエロ大王のようで尊敬に値します(オイオイ)。その上お酒を飲んだらさらにパワーアップするとは尋常じゃないですよね!越前海岸もそうですが、マサヒさんの牙城の池田山にも近いうちにみんなで乗り込みましょう!

    それにしてもhiroさん、最近絶好調ではないですか!予行演習でアベレージ30kmなら本番はさらに2~3kmスピードアップしてもおかしくないような気がしますが。後はスカッと梅雨が明けてくれるのを皆でお祈りするだけですね!頑張ってくださいませ!僕は乗鞍かな?

  5. ぴろぴろ | URL | Si2BarZE

    お疲れ様でしたぁ。

    この時期のクライムはどM以外の何物でもないですよね。
    ボクもこの間の月曜はヘロヘロとペダル回してたのですが
    心臓がバクバク言えば言うほど、笑いたくなってきました。
    なんか変な方向に向かいつつあります。

    itazoさんも琵琶湖では笑いながら登ってましたから
    やっぱりそういうのが気持ちいいのでしょうか??^^;

  6. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    ぴろぴろさん、おはようございます&激亀レスすいません

    中々梅雨が明けなくて嫌になりますねぇ~。オマケに数日前から風邪を引いてしまい、体調は今ひとつです。

    ところで、何故登りが楽しいか、というとそれはズバリ苦しいからです!びわ湖の時笑っていたのはまだ余裕が残っていたからでして、あれからさらにペダルを漕ぎまくった時は顔がよじれていましたよ!それで楽しいってんだから、やはりドMなのは間違いないです。登山の時も一緒でして、のんびりらくらく登れば辛くないのに、ついつい限界域まで心臓バクバクいわせてしまいます。これはもう性分だからしょうがないですね。懲りずにまた一緒に坂を登りましょう!

  7. 牛乳太郎 | URL | -

    お疲れ様でした~。
    確かに、コンディションの悪い日は別人みたいになってしまいますよね~。
    あ、調子がいい日が別人なのかも(笑)
    いったん脚が売り切れると、なかなか入荷しませんよねぇ。。。
    もっと若ければすぐ回復するのかな?とか詮無きことを考えてしまったり^^;

  8. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    牛乳太郎さん、こんちは。

    激亀レスすいません。ブロガー失格ですねぇ~。

    『コンディション悪い時は別人』  うーむ、厳しいお言葉・・・。ちなみにあの後から風邪を引いてしまい
    未だに治っておりません。という事は二日酔い+風邪で走っていたと言うことでしょうか?さすがに僕は
    鉄人ではありませんので、速攻ヘロヘロサイクリストへ成り下がりです・・・トホホ。

    それにしてもここ数年は体調の浮き沈みが確かに激しい気がしないでもないです。歳を取ったのは確
    かですけど、ツール3位のランスは38歳ですから(較べるな!っちゅうの)ようはちゃんとトレーニングして良い食事と良い生活習慣を送っているかどうか、だと思いますね。やはり鉄人金本を見習って一年中体脂肪を一ケタ台に維持するくらいの心構えがこれくらいの年齢になると必要かもしれません。とはいえ牛乳太郎さんの若さと強さも羨ましかったりもして。

    それにしても良く雨が降って困りますね。お陰でローラー台が毎日唸りを上げておりますよ!早く乗鞍を登りたい&滑りたいです!



  9. 先日の宝達山ヒルクライム、本当にお疲れ様でした!m(_ _)m
    その後、風邪を引かれてたみたいで、最近の気温の変化がこれだけ激しいと、
    風邪引きさんが多いのも、うなづけます。

    とにかく早い風邪の回復を心待ちにしておりますm(_ _)m

    ↑の牛乳さんへのレスを読みましたが、ヨーロッパのプロツール選手達は、
    レースシーズンだと、当然体脂肪は1桁台ですが、
    オフシーズンになると、病気の予防観点から、体脂肪を2ケタにしているそうです!

    今回もコンタドールのブッチギリな優勝でしたね~。
    来年、アンディ・シュレクがコンタドールを脅かすくらいまで成長してくれるか、大変楽しみです(^^)

  10. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    タクジさん、おはようございます。

    > オフシーズンになると、病気の予防観点から、体脂肪を2ケタにしているそうです!
    クライミングをせっせとやっていた時は僕もかろうじて一桁台の体脂肪だったんですが、今は安定して二桁ですよ!あと体重を3kGほど減らせたら一桁になると思うのですが、簡単なようで難しいですね。好きなものを食べたり飲んだりしている時点で既にアスリートとは言えませんわ。


    > 今回もコンタドールのブッチギリな優勝でしたね~。
    コンタドールは嫌いな選手ではないですけど、ランスとの確執をそのままメディアに言ってしまうあたりがどうも大人とは思えずもろ手を上げておめでとう、とは言えないのが僕の心境です。ランスにはもう火と頑張りして欲しいなぁと思います。

    それにしても今年のランプレは冴えませんでした。バッランが病み上がりで、クネゴも不出場だし、来年こそはもうちょっと目立って欲しいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/292-d7cb2900
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。