--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月5日・夕霧峠&犀鶴林道

2009年09月05日 17:11



DSCN7324.jpg
 8月22日に続き本年二回目の夕霧峠タイムアタックです。タイムは前回よりも2分30秒縮めて53分27秒(杜の里のクスリのアオキから)でした。

 前日は職場の飲み会で焼肉&ビールでしたが、ちょっとガマンしてビールは二杯、焼肉もほどほどに抑えてさっさと寝ました。とは言え何だか朝からお腹は重くてモチベーションは↓気味。しかし、そんな事でヒルクライムをやらないようではヒルクライマーの名が廃る(かなりなんちゃってのクライマーですが・・・)、と言う訳でカクタスカップを一週間前に控え心臓を煽っときました。でも本日の核心はこの後に向かった犀鶴林道でした・・・。
DSCN7327.jpg
 夕霧峠からは僕の家がある湯涌温泉へと下りました。僕が山の上に居た時には濃い霧に包まれていた山頂も何故か下山するとこの通りでした。ったくむかつきます。


DSCN7328.jpg
山間部で取れるお米はさぞ美味しい事だろうと思いますが、僕の家は農家じゃないので、普通のスーパーで売っているお米を食べてます。冷夏のわりにこんがりと良い感じに穂が垂れてます。右手に見えるのは僕の母校(小学校、中学校)です。


DSCN7330.jpg
旧江戸村(県外の有名なところじゃなくて、元々湯涌温泉の山の上にあった江戸村の事です)から移築した萱葺き屋根の前でお約束のショットです。こんな家に住んでみたい、と思いつつ、現代の便利さは捨てられませんのでやっぱ普通の家で良いです。


DSCN7333.jpg
湯涌温泉を後にして次は北袋集落~瀬領集落を抜け、熊走(これまたスゴイ名前の町です)町へ向かいます。熊走大橋を渡ると本日ももう一つのメインディッシュである犀鶴林道となります。地図を見ると何だかややこしい小道が右から左から合流するので分かりにくそうですが、実際に走ってみると看板や道路標示はめちゃくちゃ分かりやすくて、まず迷うことはありません。とは言えとんでもない山の上へと林道が続き、夕霧峠で売り切れたヘボ脚ではほとんどスピードが出ませんでした。


DSCN7336.jpg
熊走から標高700m弱まで登ると今度は爽快な下りが続きますが、内川ダムの第二発電所(標高270m付近)まで降りてくると今度はまた登りとなり、これがまた延々と続くのであります。さすがに登り好きの私もこの頃になるとかなり食傷気味でペダリングに力強さはまるでなし。見下ろすととてつもなく標高を稼いでいるのが分かり嬉しいやらゲンナリやら。で、標高710mくらいまで登ると犀鶴林道開通の記念碑が設置されていました。この林道が完成したのは平成17年の10月との事です。何と30年の歳月を掛けての開通だそうで、全くご苦労な話です。それなのに交通量はほぼ皆無です。何とも高級な自転車道ですねぇ~。この林道は今後もトレーニングにせっせと活用させて頂こうと思います。


DSCN7339.jpg
林道から手取川の大扇状地と獅子吼高原を望む。

この林道が元々林業や水源地区の保護のため(他にもあったかな?)、写真を撮れそうなスポットが本当に少ないのがちょっと残念ですね。とは言えところどころに垣間見える景色は最高の一言です。


DSCN7341.jpg
 鶴来の浄水場までが林道で、それを下ると国道へ出ます。そこでようやくお昼ご飯にありつけました。冷たいうどんを食った後は怪しげなバナナカステラを頂きましたが、まぁそれなりに美味しかったです。

 それにしてもコンビニに駐車する車のアイドリングがうるさいことこの上なし。世の中エコがどうの、温室効果ガスの排出がどうの、って騒いでいる割に一般人の無関心さには呆れるばかりです。アイドリングを5分以上したら自動的にエンジンが切れる、とかシートに人が乗っていない、と感知したらエンジンが切れるような造りにでもしなきゃ無駄なアイドリングは無くならない、と思いますね。

という訳で本日の走行距離は98.3km。累積標高差は810m+580m+430m=1820m(かなり適当ですが、これよりは下回っていないはずです)でした。ふぅ~。
スポンサーサイト


コメント

  1. 頑張りすぎです(^^;

    明日は皆さんでヒルクライム勉強会ですね☆
    さすがitazo先生、前日に心臓煽っておきましたか~!
    しかし累計標高の凄い事・・・。想像がつきません(T_T)
    その分、明日は手を抜いて下さいね~(^^)


    明日、もしかして自走でしょうか?
    僕も自走で行く予定です。
    それでは明日、よろしくお願いいたします~m(_ _)m

    PS.メールありがとうございます。m(_ _)m

  2. マサヒ | URL | wLMIWoss

    夕霧峠 良い名前ですね

    焼き肉を食べたら馬力が出るでしょう(^-^o)
    実際の年齢よりも体が若いって素晴らしいです
    自分なんか年も年だし体力は年以上に老けてるから・・・(-_-;

    バナナカステラ 懐かしいね・・・
    まだ売ってるんですね

    今日はクライムなんですね
    何位くらいだったのでしょうか・・・

  3. 牛乳太郎 | URL | -

    たっぷり登りましたねぇ^^;
    感服します。
    最近はレースの準備といういい訳をふりかざして、あまり山へ向かっていないです。
    次のレースは平坦地っぽいので(まだ詳細はわかりませんが)、やっぱり山は
    後回しになりそうです。
    それにしても一気に2分30秒も縮めるとは、かなりトレーニングの効果がでてますね^^

  4. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: 頑張りすぎです(^^;

    タクジさん、おはようございます♪

    日曜日はどうもありがとうございました。お陰で良い事前練習になりました。ただ、いろいろ考えながら登るつもりがいつも通り途中から必死になってしまい、AWARAさんから逃げることだけに終始してしまいました・・・(滝汗)。本番はスキー場より上部でもっと力強くペダルを漕げるようなペース配分を心がけねばいけませんね。お互い頑張りましょう!

  5. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    マサヒさん、おはようございます。

    夕霧峠、良い名前でしょ!何とも神秘的です。まあ、実際にはごく普通の峠ですが。

    焼肉食べたら馬力が出そうな気もしますが、職場の宴会ともなればついつい我を忘れてがぶ飲みしてしまう悪いクセがあるので、その日はあんまり肉を食べず焼き野菜ばっかり食べてました。それでも翌朝はお腹が重かったので、やはり焼肉は胃腸に負担を掛ける食べ物だと思いましたね(歳を取った、ともいう・・・)

    マサヒさん、最近はとても忙しそうですね。自転車にもあまり乗れてないみたいですが、大会が終わったら岐阜に遠征も考えておりますので、その時はポタポタ一緒に楽しみましょう!

  6. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    夕霧峠は本当に辛い峠です。3箇所激坂がありますが、どれも止まりそうなスピードにまで落ちてしまいます。土曜日にタイムを縮めた時は二つ目のチェックポイントまではタイムはほとんど変わりませんでしたが、残り標高差450mからだけで2分縮めました。やはりヒルクライムは後半いかに垂れないかが重要だと再認識しました。乗鞍でもそうですが、調子が良い時は最後まで垂れません。カクタスカップもスキー場からが勝負だと思っていますのでペース配分を誤らないようにしたいです。

    これが終わるととりあえず大会の予定はありませんが、モチベーションを保つためにももう一試合くらいは出場したいな、と考えてます。牛乳さんもそろそろヒルクライムレースはいかがですか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/308-c36a6582
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。