--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月3日・せせらぎ街道~鈴蘭峠

2009年10月04日 23:56

DSCN7630.jpg
月末月初の繁忙期直後の土日でしたが、家でまったりするはずもなく今回も自転車三昧でした。土曜日は午前中の天気が今ひとつの予報だったのと、前夜が遅くまで仕事だったため、行き先が中々決まらず家を出発したのが朝の9時。乗鞍方面へ行くことだけ決めて出発しましたが、出だしが遅かったこともあり、高山西インターを降りて直ぐの道の駅ななもり清見をベースに南飛騨を周回することにしました。
DSCN7617.jpg
ぴろぴろさんが高山往復の旅で通ったというせせらぎ街道を西ウレ峠目指して進みます。名前の通りで感じの良いせせらぎの横を快適な道路が続きます。東海北陸道の開通によりこの道路も交通量が激減したのかどうか、非常に快適なツーリングを楽しめました。


DSCN7620.jpg
旧清見村~馬瀬村(今は下呂市?)へと抜けると明るい雰囲気の田舎の風景に出くわしました。馬瀬川渓谷沿いのこのルートは景色が変化に富んでいてとても楽しいですね。


DSCN7622.jpg
萩原町からは当初小坂を経由して濁河温泉まで登ってやろうと息巻いていましたが、ここ一週間まともにトレーニングしていなかったせいか脚が思ったより疲れていたため、県道98号線(宮萩原線)で位山峠経由で高山に帰ろうか、としばし地図とにらめっこ。さて、出発だぁ~、と弱弱しくペダルを漕ぐこと十数秒。何だこの看板は?うーむ、工事現場はここから8.5kmも先ですか?無理して突っ込んで玉砕したら本当に死んでしまいそうなのでやむなく当初の予定通りに小坂方面へと向かいました。


DSCN7623.jpg
小坂ではなんてお寺か忘れましたが今年一年の交通安全と健康第一をお祈りしました。さて、これから41号で高山へ向かうか濁河方面へ向かうか?悩みに悩みますが、大型車がバンバン通る41号はやはり自転車で走る気にならず、湯屋温泉方面へと向かいました。


DSCN7625.jpg
道の駅飛騨小坂にて『淫らしだんご』、いや『みだらしだんご』を頂きました(すいません、タクジさんの専売特許を侵害してしまいました。でもなぜみだらしと濁るんでしょうかね)。これがまたとても美味しくて美味しくて。で、時既に15時。どう考えても濁河温泉へは届きません。かと行って41号線に戻る事は考えられないので、ショートカット(?)ルートの鈴蘭峠へと向かうことにしました。


DSCN7629.jpg
濁河温泉と鈴蘭高原の分岐を過ぎてしばらくすると写真の場所(鈴蘭峠)に到着しました。標高は1250mの表示があり、てっきりこの辺が最高地点かと思いきやまだまだしつこく登り坂が続きかなりグロッキーになってしまいました。何で峠って名付けるのよ!!


DSCN7633.jpg
こちらは名前もないけど正真正銘鈴蘭高原の最高地点です。標高は1330m。御嶽山と乗鞍岳を望む最高のビューポイントでした。でも何せ時間がないんだな。この時点で時間は4時10分頃。気温は15度以下となり、陽もかなり傾いてきました。先を急がねば暗闇ゴールとなってしまいます。


DSCN7635.jpg
道の駅ひだ朝日村にてごまダレの草五平餅を頂きました。片付け中だったのに親切なおばちゃんは直ぐに作ってくれました。感謝感激。それにしても寒いです。あったかい缶コーヒーが腹に沁みました。



DSCN7636.jpg
さて、では出発です。時は既に5時過ぎです。ここから車を止めた道の駅ななもり清見まではもう一つ小さい峠を越えて30km近く走らねばなりません。登りは本当に虫の息でしたが登りきってからは時間との戦いとなり、高山市内を抜けて道の駅へ向かう途中は時速35~40kmでラストスパート。6時過ぎの夕闇ギリギリに無事到着しました。到着してしばらくすると完全に真っ暗となりました。ほっ!


走行距離 132.83km
平均速度 27.7km/h
走行時間 4時間47分

12時前に出発するというナメナメ作戦は精神的に余裕がなく決して安全とは言えませんでした。今度からはもうちょっと早く帰ってこれるよう安全策を取らねばなりません。反省・・・
スポンサーサイト


コメント

  1. ぴろぴろ | URL | Si2BarZE

    itazoさん、こんばんはぁ。
    おーーー!懐かしのせせらぎ街道ではありませんか。
    つい先日のことですが、ずい分前のことのようで^^;
    ボクも高山市街へ入る前にななもり清見で休憩しましたが
    ここの案内のオバちゃんがとても気さくな人でいろいろ話をしました。

    パスカル清見の手前で下呂の標識が見えたもんで
    思わずデカ~いトンネルに吸い込まれそうになりました。
    そっちもおもしろそうですね。

    それにしてもitazoさん、お昼出発の強行でこれだけ走られたのはスゴイです!^^

  2. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    ぴろぴろさん、こんばんは。

    せせらぎ街道とは良く言ったものですね。本当に真横にずっとずっと寄り添うようにせせらぎが流れているんですから、本当に最高のサイクリングロードです。

    ななもり清見の道の駅は車を止めただけで営業時間内にお店に顔を出すことが出来ませんでした。パスカル清見は僕の持ってた地図だと下呂との分岐の手前のはずだったんですが、実はその向こうだったんですね。一瞬潰れてなくなっちゃったのかな?と思いました。

    馬瀬川渓谷も中々に迫力があって魅力的でしたよ。しかもやけにスピードが出るし爽快ツーリングでした。

    昼からの出発でしたが冷静に考えたら濁河なんて行けるわけ無いですよね。日の入りを確認して無理の無い計画を立てねば、とちと反省致しました。

  3. 牛乳太郎 | URL | -

    キレイな空の写真ですね~。雲が輝いています^^
    それにしても、itazoさんの脚、なんかレベルアップしてませんか?
    筋が凄い。。。

  4. いやいや、僕の特許侵害なんて全くしておりませんよ♪
    というか、やはりY談はitazo先生の横に並ぶものは居ないでしょう! もうブッチギリですよ!!(^^)

    しかし飛騨地方では「みだらしだんご」って言うんですね~。
    ふつうは「みたらしだんご」と言いますよね?

    せせらぎ街道、ぴろぴろさんに続きitazoさんも走破ですね!
    写真で見ると、竹田の渓流横のコースを思い出させます。
    こういったコースは走っていても、ホント気持ちいいですよね!!

    しかしこの日だけのヒルクライムでは終わらないのが、さすがitazo先生です・・・m(_ _)m

  5. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    奇跡的に二日間晴れてくれて本当に最高でした。今回はたまたまkaoriの体調が優れない、と事前に聞いてドサクサで遠出(逃亡とも言う)してしまいましたが、その甲斐あって今季一番のドMツアーとなりました。

    ところでレベルアップなんかしてませんよ(まぁ少し位はしてないと寂しいですが)。『筋が凄い』なんて言うからもう一度写真を見返しましたよ!特に何の代わり映えもないように自分では思えるのですが・・・。そういう牛乳さんのふくらはぎの方がよっぽど筋だらけですからご心配なく!

  6. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    タクジさん、こんばんは♪

    日々家庭と自転車の両立お疲れ様です(余計なお世話だっつーの)。

    それにしても僕のわい談は師匠たるタクジさんの足元にも及びません。もうちょっと面白おかしくネタに出来れば良かったのですが、文章力がなく、イマイチインパクトの足りない文章になってしまいました。出来ればこの時の映像を誰か撮っててくれたら百倍受けたと思いますが・・・。

    淫らしダンゴ、いやみだらしだんごにはちょっと目を疑いましたわ。でもいろんな道の駅でも看板にはみだらしだんごと書いてあるんですよ。とは言え注文する時は何だか恥ずかしくて『みたらしだんご』下さい、と言ってしまいました。余計変だっつーの!


    せせらぎ街道は東海北陸道が出来るまでは高山への最短ルートでしたが、今は158号線同様ガラスキの快適なサイクリングロードと化してしまいました。とても気持ちの良いルートなので、ここを絡めてコース設定してみるのもお勧めですね。

    ヒルクライムはねぇ~。やっぱ自分でも好きなんでしょうね。でも地形的に岐阜や長野だとヒルクライムは付き物ですし、今回もこのルートしか選びようがなかったんですわ。鈴蘭峠は冬場でも観光バスがアクセス出来るように作ってある(と思う)ので、傾斜もえげつない箇所はほとんどありませんでした。ただ、その分感動の度合いも低いかもしれません。次回は何としても濁河まで行ってみたいのですが、果たして。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/319-9c19333c
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。