--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月12日・奥平町からの国見岳なんちゃってヒルクライムの巻

2009年10月13日 22:36



DSCN7776.jpg
国見岳という名前の山はどこにでもありますが、この国見岳は福井市にあります。標高はわずか656mしかありませんが、海岸線の鷹巣集落からの二枚田幹線林道を登ると延長16kmのアップダウンとなり、相当ハードなルートに感じました。今回僕が登ったのはそのルートではなく、五太子の滝経由の奥平町からのルートでしたが、それでも十分にヒルクライム気分を楽しむ(苦しむ?)事が出来ました。一応今回のダウンヒルで鷹巣ルートのオブザベーションは無事完了したので、後は気合いを入れてタイムトライアルに望むだけですね(でも多分来年でしょうか??? いや、正直、鷹巣からのルートプロファイルは僕の好みじゃありません。途中のアップダウンと平坦地の繰り返しで心が折れること間違いないです。なので一生トライしないかも・・・。スキー同様やたらコンディションを選ぶなんちゃってヒルクライマーなり!)
DSCN7760.jpg
福井市内から県道6号線で滝波ダム横を通過し、越前海岸の大味を目指します



DSCN7762.jpg
大味から北へ進むと左手には特徴的な形状の海岸が続きます。



DSCN7766.jpg
春日神社を過ぎてすぐの県道183号線をしばらく登ると五太子の滝に到着です。



DSCN7765.jpg
五太子の滝です。先日訪れた龍双ヶ滝も印象的でしたが、こちらの滝も鬱蒼とした林の中からの流れが水量、高度ともにたっぷりで、かなりインパクトがありました。個人的にはこちらの方がマイナー臭くて好きかも?



DSCN7770.jpg
福井の自転車仲間がチャレンジする国見岳は鷹巣ルートの方ですが、今日僕らが登るのは奥平町からのルートです(こちらも二枚田幹線です)。距離は5.7km、標高差は300mほどでしょうか?ご親切にも道路には500m刻みでゴールまで表示があり、目安となってとても登りやすかったですね。途中で野郎3人組みのローディが下ってきましたが、知り合いはいなさそうでした。そりゃそうか?



DSCN7774.jpg
国見岳山頂には食堂やキャンプ場、ミニゴルフ場などが整備されていてとても感じの良い場所でした。食堂の窓からは白山を始め、奥越の山々や福井市街地、そして日本海までの景色を一望でき気分も最高でしたが、一歩外に出ると吹く風の冷たいこと冷たいこと。あったかいうどんを食べたらウィンドブレイカーと冬用グローブで防寒対策をしっかりしてから鷹巣へ向かっていざダウンヒルです。


DSCN7778.jpg
鷹巣までのルートは快適なダウンヒルが続くと思いきや途中で結構な登り坂がちょこちょこ出てきて、意外としんどかったです。とは言え海岸間近まではかなり標高の高い場所を走るので、なかなか豪快な景色を楽しむ事が出来ました。でも、やっぱこのルートを登るの、嫌やわ!



DSCN7780.jpg
長くて寒いダウンヒルを終えようやく鷹巣に降りてきました。とりあえず『いのしし注意』標識と一緒に記念撮影です。



DSCN7781.jpg
ダウンヒルを終えた後はコスモス広苑に向かいましたが、先週の台風で大半が散ってしまったせいか彩が悪く何の感動もないコスモス畑でした。と言う訳で見所もなくさっさと退散し、田舎道を快走して家路へと就きました(帰り道で食べたたい夢の薄皮たい焼きがとても美味かった!これが今日の一番の収穫?)
スポンサーサイト


コメント

  1. YAMADA | URL | iuSYaX1c

    itazoさん、おはようさんです♪
    国見岳ヒルクライムに行かれたんですね!
    itazoさんの指導(しごき?)で、kaoriさんも
    強くなられましたね。さすが~♪

    五太子の滝は水が上流の生活排水なので
    気をつけてくださいね! 
    あの坂道は下ると気持ち良いです。そこを
    登られたんですね。

    ヒルクライム練習は海岸から登る人が多いですが、
    楽しむのなら海岸に下る方が、気持ち良いです♪

  2. hiro | URL | -

    国見岳ヒルクライム、お疲れ様でした。
    五太子の滝から上ったということは、逆からの上りだったんですね。
    是非、鷹巣ルートもいいですよ。
    風車が見え初めて、もうそろそろゴールかと思いきや、それがまだまだ先という
    ドMにはもってこいの坂道です。

    『たい夢』のたい焼き、美味しかったでしょ。
    これ見たら急に食べたくなりました。
    買ってこよっと。

  3. ぴろぴろ | URL | Si2BarZE

    itazoさん、こんばんはぁ。
    あんれ~、かなりこの日は接近してましたねぇ^^
    ボクも滝波ダム通過で大味を目指しました。
    でもitazoさんチームは午前中出発だったんでしょうね。

    ちょっと前にスーパー号で鷹巣側から登りましたが
    やはりあのアップダウンには負けました。
    hiroさんやタクヂさんは1時間で登るって聞いてたけど
    16kmもモチベーション維持するのは無理でした^^;
    今度itazoさんルートで走ってみます!

    週末晴れることを願いますぅ^^

  4. マサヒ | URL | wLMIWoss

    国見岳

    福井の人が国見岳って書かれているのを見て奥美濃の国見岳かと思いました
    奥美濃の国見岳もスキー場のある山で標高はそちらの国見岳よりも高いと思います

    上りきって下りのゆったりした時間って良いですよね

    シクロクロスはアメリカでかなり流行ってるみたいですね
    キャノンデールもシクロクロスモデルがあってサイトにもシクロクロスの戦いが乗っていました
    だけどドロドロになって担いで走るのは見ていて辛そう

    のんびり峠散策をしたいです(^-^o)

  5. 裏二枚田(勝手に命名)お疲れ様でした♪
    こちらは距離が短いですが、斜度はそこそこあったでしょう(^^)
    特に風車まで残し少し!ってところで結構な斜度の坂があったような気がします。

    裏二枚田(勝手に命名)のルートがお気に入りでしたら、次は
    「深谷~上一光(かみいかり)隧道~裏二枚田登り口」ってルートも通ってみて下さい(^^)
    この「一光隧道」までのつづら折りの坂も、なかなか美味しいですよ♪


    さてさて、itazoさんの「鷹巣側からの登りはイヤン」な発言は、僕が察するに、
    全く裏をかいているような気がしてならないです・・・。
    実は言うと、40分台狙っちゃってますよね!!? もう頭の中はコースがインプットされちゃってますよね!!????
    ・・・・・・・・・・と、僕の被害妄想炸裂です(爆)

    今年のシーズンインにYAMADAさんとhiroさんと3人で、センチュリーコース+国見岳、ってコースを走りましたが、
    今年の締めもこのコースで!と思っております(^^)
    今年1年の「ありがとう」という気持ちと、研究の成果を発表するための「生活成果発表会」を、
    来月あたり国見岳で開催しようと思うのですが、恥ずかしいので一人でコソコソと(時間があったら)走りたいです・・・。

    春のタイム(確か1時間2分)が重いホイールだったので、軽いホイールの効果もまだ確かめておりませんし、
    春よりは早いタイムを出したいですね~。

  6. しゅう | URL | LbYl9WXI

    itazoさん、お久し振り~♪
    SPDサンダルをそろそろオシマイにしようと思ってるオンサンです(^^

    国見岳etcを楽しまれたようで何よりですが、こちらの時間が早ければ
    ヒルクライマー(カップル)に遭遇できたかと思うとチョビット残念だったな~

    ウラの失速ヘロヘロ登りでもけっこう汗を掻いたようで、下りは寒くて鼻水オンサン^^;
    足元より懐が(ホント)寒く、ウエア検討要でした。

    今夜はこの辺で失礼、よろしく、また~♪

  7. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    ヤマダさん、おはようございます。

    国見岳ヒルライム、ようやく行って来ました。地図で見てた時よりも骨のある大きな山だなぁ、という印象でしたよ。

    滝の水は生活排水混じりですか?さすがに水の流れまでは結構な高さがあったような気がしましたので幸い飲むことは無かったですが、要注意ですね!

    鷹巣からのルートは風車が見えてからグルリと大回りするので辟易としそうですね。アップダウンは意外とクールダウンも出来て快適なんでしょうか?僕的には一気に登り切ってしまうようなコースが好きなんですが。

    ちなみに膝が痛い件ですが、膝というよりも大腿二頭筋の膝への付け根の筋が痛いんです。なのでちょっと練習はお休みですね。早く治って欲しいのですが。

  8. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    hiroさん、再びおはようございます。

    鷹巣ルートは仰る通り、ゴールが見えてからが長い、と言うのがつらいところですね。ドMにはもってこい、との事ですが、せっかく稼いだ標高を何度も下げてしまう後半の登りは本当にしんどそうです。

    つらくても良いので単純な登りが続くほうが僕は好きですね。

    たい夢の薄皮たい焼きは中々美味しいですね。今回は季節限定の栗がありましたが、これまたとても美味しかったです。福井と言えばソースカツどん(決め付けるな、って?)ですが、僕としてはこのたい焼きの方がヒットですね♪

  9. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: 国見岳

    マサヒさん、おはようございます。

    そういえば奥美濃にも国見岳ってありましたね。僕は東濃に住んでいたのでスキーはもっぱら白鳥付近か御岳方面なので、そちらへは行くことはありませんでした。

    > 上りきって下りのゆったりした時間って良いですよね
    登山の時も同じパターンですね。登りはほとんど休憩せず一生懸命登って、山頂でのんびり昼寝し、下山はガンガン走る、と言うのが僕の登山スタイルです。周囲から見たらアホですね!もっと景色や高山植物を観て楽しめば良いのに、と思われていると思います。

    シクロクロスはとてもやろうという気になりませんね。まずはF2でマサヒさんが先陣を切っていただきましょう!新車は来年の春にお目見えかな?

  10. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    裏二枚田へのダウンヒルは面白いんでしょうかね?鷹巣側へはダウンヒルも楽しいのか苦しいのか良く分かりませんでした。海を見れる休憩スポットでもあれば良いのにねぇ~。

    > 特に風車まで残し少し!ってところで結構な斜度の坂があったような気がします。
    そういえば残り1kmほどでヤケに急な場所があったような気がします。距離が短くて助かりました!

    > 「深谷~上一光(かみいかり)隧道~裏二枚田登り口」ってルートも通ってみて下さい(^^)
    > この「一光隧道」までのつづら折りの坂も、なかなか美味しいですよ♪

    おぉ、いろんなルートがあるんですね。今回のルートは全てkaoriに任せっぱなしだったので、どの辺をどう走ったのかよく分かりませんでした。やはり登山と同じでいろんなルートを攻めてみないとその山を攻略した事にはなりませんから、そちらのほうもいずれ挑戦してみようと思います!

    鷹巣からのルートですが、単純な標高差で考えたら100mが7分掛かったとしても45分ほどで登ってしまう計算ですが、標高500mを越えてからのアップダウンで10分は余分に掛かると計算すれば55分と言うのが現実的なタイムかなぁ~、と推測しています。でもあの風車が見えてからの大回りはゲンナリですね。何とも食指が動かないのが本音です♪

  11. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    しゅうさん、本当にお久しぶりです。お元気そうで何よりです。スキーシーズンも僕がゲレンデばっかり滑るもんでお会い出来ませんでした。自転車でもスキーでも良いので久しぶりにご一緒したいものです♪

    SPDサンダルって良いですね。出来が良さそうなら僕も真夏に使ってみても良いかなぁ~、なんと前から考えてました。でも、あの寒い朝にサンダルとはしゅうさんの足の感覚はどうなってるんでしょうか???


    懐が真冬なのは私も同じです。やはり去年からの不況で仕事が薄くて、この先不安たっぷりです。とは言え自転車界は不況知らずでいろんな魅力的な商品が続々発売されて物欲を刺激するので困ったものです。今のところ冬用のジャケットとタイツが欲しいのですが、果たしてそんなに寒い季節に自転車に乗るものなのか怪しいもんです。無駄遣いかなぁ~?

  12. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    ぴろぴろさん、おはようございます(すいません、レスの順序が最後になってしまいました)

    最近は夕方の陽が落ちるのが早くなりましたね。5時頃には微妙な暗さになってくるので、出来れば4時過ぎに戻ってこれるようなコースにせねばなりませんね。特に道に不慣れな場所の時はね。

    > ちょっと前にスーパー号で鷹巣側から登りましたが
    > やはりあのアップダウンには負けました。
    やっぱそうですか?一生懸命登ったのに、何度も下りを味わわされると本当ゲンナリですよね。こんなコースを1時間も漕ぎ続けるのはかなりツライと思いました。

    週末の天気はどうでしょうかねぇ~。久しぶりの皆とのツーリングですが、濡れ鼠のツーリングはこの時期地獄です。何とか雨だけは降らないで欲しいものですね。

  13. 牛乳太郎 | URL | -

    わぉ、上からの景色はかなりのものですね~。
    kaoriさん、メキメキとパフォーマンスを上げている様で、またご一緒するときには
    待つ必要はなさそうですね^^
    昨日は家族サービスで車で六甲山に登りましたが、夫婦?カップル?で登っているローディがいました。
    追い越しざまにチラッとしか見ていませんが、女性のほうもしっかりとしたブレのないペダリングで、上級者と見えました。
    僕の嫁さんはとても付いてきてくれなさそうなので、羨ましかったですね~。

  14. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    牛乳さん、毎度です。

    写真はかなり下ってきた(と言うより海に近付いてきた)時の写真ですね。ここまででも山頂から7~8kmほど下っているはずなんですが、標高は200mも下がってませんでした。なので、何度もアップダウンを繰り返しているんですよ。標高は650mちょっとの全然大したことない高さしかありませんが、山のボリュームは1000mクラスのようなイメージでした。一度挑戦してみてはいかがですか?僕は冗談抜きにこういった後半にダラダラアップダウンが続くコースは好きではありません。調子が良ければまだマシかもしれませんが。

    kaoriの方はさすがにロードを始めた時から比較するとかなり上達しましたよ。でもいろんな面でまだまだですね(スイマセン、偉そうなセリフを吐いてしまいました)。とは言え、ロード乗っててすれ違うのは99%野郎なので、こうやって二人で自転車に乗ってフラフラ旅に出れるだけでも幸せなのかもしれませんね。

    六甲山は遠い昔(大学時代)に観光バスかなんかで行った覚えがありますが、結構奥深い国見岳のような山だったイメージがあります。交通量が多いのかどうか分かりませんが、ここも良いルートが沢山取れそうですね。1.5kgの増加分をここでせっせと落としてしまいましょう!(余計なお世話でした、スイマセン)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/323-7da89aae
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。