--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月18日・びわ湖~信楽ツアー

2009年10月20日 01:23

takuji20091019000324.jpg
信楽の巨大タヌキの前にて一物を触り満面の笑みの私(写真提供・タクジさん)

二週間前の飛騨~信州気合いツーリング以降、両膝(厳密には大腿二頭筋の膝の付け根外側)に不安を抱える僕は前日の夕方まで出走するか迷いに迷っておりました。とは言え一ヶ月以上前から楽しみにしていたみんなとのツーリングだし、前日のポタリングでも何とか大丈夫との判断から出走を決意(無謀とも言う)しました。一番肝心だった天気はYAMADA先生のルート変更のお陰で絶好の自転車となりましたが、僕の方は終始膝の調子を伺いながらの安全走行となり、130kmも走ったのに微妙に不完全燃焼な一日でした。早く脚を治してまたガシガシ漕ぎまくりたいです。皆様にはご心配をお掛けし大変申し訳ありませんでした。
DSCN7794.jpg
日牟禮八幡宮にて八幡掘とラヴァレド号

あいとうマーガレットステーションを8時頃出発し、まずはびわ湖の湖岸道路を目指し北上します。が、途中でどう見ても生活道路のような地元民ルートをYAMADA先生が迷わずすいすい走って行きました。一体どこへ行くの?と思ったら昔ながらの教会(すいません、どこが貴重なのか普通の教会と違いが分かりませんでした)へ。そして、そのお次は八幡掘でした。中々風情のある古都って感じで良かったですね。金沢よりもよっぽど小京都って感じがしました。



DSCN7803.jpg
湖岸道路へ向かう途中にサイクリングロードに入りましたが、僕らの目の前にはコンバインがノロノロと走っておりました。さすがに早く行け!と文句を言う訳にも行かず、追いつかないようにしばし待機しました。稲の刈り取り作業中に僕らは自転車遊びですから、何だか申し訳ない気持ちで逆に頭が下がりました。遊んでいる僕らが文句を言っちゃあかんですよね!



DSCN7808.jpg
ヤマダ先生の背中を見ながら湖岸道路をびわ湖大橋に向け走行中。

湖岸道路に入ると自然発生的にペースがアップし、いつの間にやらスプリントタイムに突入です。気付けば隊列はバラバラとなり、先頭集団は数分の内に視界から消え去っていました。僕は自分の心にブレーキを掛けて意地でもペースアップしないように自重しましたが、この時点で両膝に微妙な違和感が早くも現れてきてしまいました。まだ50kmも走ってないのに・・・。ヤバイ(冷汗)



DSCN7811.jpg
びわ湖大橋ではた~くさんの自転車乗りとすれ違いました。皆さん、この青空で気分も最高!っといった感じでしたね。それにしてもスキー場とか立山とかと同様、日本のメジャー(ちょっと違いますか?)な観光地は外国の方がかなり増えてきましたね!



DSCN7817.jpg
延暦寺の山麓にある日吉神社にて

ここは公認(?)スプリントポイントでしたが、1kmもない緩い上り坂で皆はあっという間に登って行っちゃいました。




DSCN7826.jpg
石山寺にて

僕は大学時代、京阪沿線の枚方市に住んでおり、石山寺であれば京阪の乗り換えだけで行けたんですが、訪れたのは今日が初めてでした。



yamadah21biwako341a.jpg
石山寺を後にして信楽方面へと向かいます(写真提供・YAMADA先生)



DSCN7831.jpg
信楽へ向かうに従い国道は徐々にアップダウンが多くなり、またもや先頭集団は視界から消え去ってしまいました。オレンジのクラインで頑張るのはアウター固定で頑張るノブさんです。ようやるねぇ~!



DSCN7837.jpg
397号と422号の合流地点で先頭集団が待っててくれました。そこからは集団で旧道をポタリングです。



DSCN7839.jpg
信楽の市街地(?)に入ってしばらくするとYAMADA先生がとあるお土産物屋さんへ向かいました。そこはなんとタヌキの焼き物が所狭しと置いてありオドロキのお土産物屋さんでした。正直これにはド肝を抜かれました。



DSCN7843.jpg
気持ちよく飛ばすhiroさん

信楽を過ぎると爽快なダウンヒルとなり、貴生川まで高速巡航を楽しみました。




DSCN7844.jpg
水口城跡にて。お城とお寺はツアーには欠かせません♪



DSCN7848.jpg
後はマーガレットステーションに戻るのみです。徐々にペースアップしていきます。一体どこからゴールスプリントが始まるんでしょうか?



DSCN7850.jpg
ファミマでのラスト休憩の後、YAMADAさんから残り7kmとのアナウンスがありました。。こうなると〇塚さんのペダリングはまたまた唸りを上げてロングスパートとなり、集団が一気にバラけました。そして、しばらくすると今度はぴろぴろさんが軽快にダッシュし先頭を交代。さらにペースは上がりました。しかし、瓜生津峠では〇塚さんがまたまたダッシュで再度先頭に立ち、さらにグングン加速していきます。この辺は本当にあわらさんを彷彿とさせますね。で、驚いた事にその登り坂をhatayaさんが間髪入れずに〇塚さんにピタリと追走して行きました。ツアーを終始後方から眺めていた僕もここの登りで最後と言うことでヤケクソになって先頭の二人に付いて行きましたが、まるで余裕がなく、離されないように走るだけで精一杯でした。

走行距離は130kmほどでしたが観光スポットを沢山回った事もあり、平均時速はたったの24km/h。ですが、実走行は平均すると33~35km/hくらいだったと思います。中々中身の濃いツアーでしたね。今度はもうちょっとスプリントに絡めるよう体調を整えて参加したいと思います。皆さん、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

  1. YAMADA | URL | iuSYaX1c

    itazoさん、おはようさんです♪
    天気予報を見ながら、いつも大平洋側の
    天気の良さに、ため息をついています。
    内陸部の信州、奥美濃も雨が少なく
    晴天率が高いですね。

    故障上がりでも、あれだけ走れるんですから
    さすがです! 私ならリタイアですね。
    いやはやロートルには厳しい速度でした。
    またお願いします♪

  2. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    YAMADAさん、おはようございます。

    日曜日は風もなく天気は最高で、言うことなしでしたね。

    あの辺りも過去に何度も走られているのでしょうか?道の駅や走る道、観光スポットの選定など僕は中々思いつかない事ばかりでした。

    故障については本当にトホホです。長引かなければ良いのですが、全く運動しないという訳にはいかないので、それがどう影響するか、が問題です。何とも歯がゆいですね♪YAMADAさんのような強靭さが僕にも欲しいものです。

  3. あわら | URL | -

    itazoさん 膝の具合はいかが?
    無理は禁物、思い切って休むのもトレーニングですよ~
    信楽 楽しそうですね~ あの 巨大たぬきのところに行ってみたい!
    (itazoさんの満面の笑みは、勝利の笑みでしょうか?)
    otukaさんものすごいパワフルでしょ! ほんとすごいです。

  4. ぴろぴろ | URL | Si2BarZE

    日曜はお疲れ様でした。
    そしてありがとうございました^^

    itazoさん、足の具合のこと聞いてはいましたが
    すでに琵琶湖大橋の手前で違和感があったのですね。
    先のことを考えれば、不安だったでしょうね。

    今回は確かにitazoさん、いつもの元気さが見えなかったような。
    本当なら鹿跳橋あたりから 『 うぉーーー! 』 とか雄叫びあげて
    猛然とダッシュしたのでしょうが。
    とは言っても終盤の走りは、やっぱりitazoさんでした^^

    しばらく調整して、完全復活されたら、ガシガシと走る背中を見せてください。

  5. マサヒ | URL | wLMIWoss

    足大丈夫ですか

    itazoさん 超元気がなかったのですか・・・

    自分も足がまだ痛いのに仕事が急に段取り狂って酷道157号線に行って来ましたが太腿が怪しげでだましだましで行って来ました
    山中で肉離れを再度した熊のえさになってしまいます(^-^o)

    日吉神社の上りってキツくなかったですが
    去年上った時に一気に上がったら気持ち悪くなってあげてしまいました(-_-;

    みなさんと走りたかったです

  6. itazoさん、先日は本当にお疲れ様でした♪

    いやはや、itazoさんにはいろいろとお聞きしたいことや、積もる話があったのですが、
    いざitazoさんを目の前にすると、緊張して(爆)、話したかった内容をど忘れしてしまいます・・・。
    無言でいる時間(?)が長かったのは、いろいろ思い出していたからです(?)

    まぁ、お聞きしたかったことの一つは、サプリの話だったんですが、
    結局暴飲暴食の僕には、まだまだ必要なさそう・・・と、勝手に解釈しておきます(^^;;

    しかし今回のitazoさんは本当にしんどそうでしたね・・・。
    最後のラストスパートの話を聞いたとき、「やっぱり演技やったんか!」と思いましたが、
    けどよくよく考えると、途中でいつものitazoさんなら思わず飛び出すであろう!ポイントも何カ所かありましたし、
    それを我慢した、と言うことはよほど具合が悪かったんですね(T_T)

    とりあえずは早く回復して欲しいですよね!
    どうしたら早く回復できるか、何にもアドバイスできないのが心苦しいですが、
    完全復活したら国見岳で、一気に僕の視界から消え去って、僕の心をへし折って下さいね(^^;

  7. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    あわらさん、おはようございます。

    いやぁ~、この膝(というかハムストリングですね)の不調には参りました。どうにも気持ち悪い感触なので、おっしゃる通り完全休養となっております。このまま今シーズン終了にならなければ良いのですが・・・。

    たぬきの置物には笑いましたね。ついつい写真を撮りまくってしまいましたが、その後に似たようなお店が続出したのにはこれまた驚きました。あの近辺には巨大なたぬきが全部で10匹以上はいたような?

    普段行けない場所を走るといろいろ発見があって楽しいですね♪

  8. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    ぴろぴろさん、おはようございます。

    日曜日はお疲れ様でした♪今にして思えば勇気を持って参加を取り止めにすべきでしたが、皆と楽しくツーリング出来ると思うといてもたってもいられず無理して参加してしまいました。

    結局終始抑え気味の走り方となってしまい、皆さんにも余計なご心配をお掛けし申し訳なかったです。

    とりあえずしばらくは脚を使うような運動は完全にストップして様子を見てみようと思いますが、どこまで我慢出来るやら?早く治って欲しいものです♪

  9. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    タクジさん、またまたおはようございます


    サプリの話ですか、これまた奥が深い世界ですね。しかも自転車同様値段が結構するし、その割りに効果の程が明確ではないので、半分は信仰の世界ですね。普段からバランスの良い食事を取っていればサプリはそれほど必要ないのかもしれませんが、なかなかそういう訳にもいかないので、不足するなぁ、と思うものをサプリで補給している次第です。でも、一番重要なのは暴飲暴食しない事ですよ!((たまには僕もやりますけどね)

    > しかし今回のitazoさんは本当にしんどそうでしたね・・・。
    > 最後のラストスパートの話を聞いたとき、「やっぱり演技やったんか!」と思いましたが、
    いやいや、最後だったんで無理やり頑張りました。それにしても〇塚さんにピタリと並走するハタヤさんには驚きました。最後の峠も本当にピタリでしたからね。僕も半分意地になって付いていきましたが、心臓はバクバクでした。これからしばらくは完全休養となりますが、体力レベルが低下するかと思うと何とも微妙な心境です。脚を使わずに体力を維持できる方法があれば良いのですが。

    国見岳挑戦はいつになるでしょうか?とりあえず来年の課題と言うことにしておきます。脚、早く治らんかなぁ~・・・

  10. hiro | URL | -

    膝、大丈夫ですか???

    itazoさん、こんにちは~
    日曜日は、お疲れ様でした。
    それと、ありがとうございました。

    アハハッ!
    信楽の、巨大タヌキの『○ん○ま』を持ったのは、マサヒさんとitazoさんぐらいですよ。
    いやぁ~、楽しい写真です。

    しかし、早くも50km地点で膝が痛かったとは…
    ちょっと元気なかったなぁと思っておりました。
    あまり、無理せずに早く直してくださいね。
    私は、シフトの不調とホイールの違いで、気分はサゲサゲでした。

    最後は、やはり出ましたか。
    itazoさんのスプリント見たかったです。
    それと、ここで初めて知りました。
    otukaさんにピタリと並走するhatayaさんの話も驚きました。
    上り坂も緩みなく淡々と上る姿もびっくりでしたが…
    来年のグランフォンドは、私だけ置いていかれるのではと今から心配です。
    今から、対策を練りながら密かに特訓するつもりです。

  11. 山ぼーitazo | URL | -

    Re: 膝、大丈夫ですか???

    hiroさん、こんばんは♪

    日曜日はレバーの有り得ないトラブルでお疲れ様でした。やはりコーラス以上で換装しかありませんよね!でも新型エルゴレバーは個人的には物凄く好きです。なので僕のほうが先に交換したいくらいです。でもその時ももちろんヴェローチェですが・・・

    ちなみにキ〇タマは持ってませんよ。指差しただけです。って一緒か?しかもマサヒさんも同じことやってたとは何ともいやはや・・・

    最後はちょこっとだけ頑張ろう、と思っただけでスプリントでも何でもないですよ。でもさすがにあれを午前中にやってもし万一の事があったら皆に迷惑を掛ける、と思ってザめしやまでの前半戦はかなり抑え気味に走りました。なので、ラストも余裕たっぷりかと思いきやotukaさんに付いていくので精一杯でした。やはりotukaさんからはあわらさんと同じオーラを感じました。本気出したらどんなペースで走るのやら・・・


    hatayaさんは本当に馬力(←この表現が一番しっくり来ますね、って失礼・・・)がありますね。タクジさんも感心してたように、otukaさんに少しも離される事なくピタリと追走してました。僕が言うのもなんですがペダリングスキルや体全体の使い方が良くなると相当速くなるのでは、と思いました。伸び代があるって良いですね!僕はしばらく自転車に乗れないかと思うとせっかくアップした体力も↓↓↓


    来年のグランフォンドですかぁ~。まだまだのようで冬が過ぎるとあっという間ですから、油断は出来ませんね。僕は今のところ迷わず150kmの部です。前回は後半かなりヘロヘロだったので、何とか足付きせずに余裕を持って、しかも前回よりも早くゴールしたいと考えてます。と言いながら栂池ヒルクライムにエントリーしてたりして・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/326-c27e5a43
この記事へのトラックバック

[bicycle][record]一緒に走って、景色を見よう - 琵琶湖・信楽サイクリング

一緒に走って、景色を見たい。 10月18日(日)は、琵琶湖の南沿いを自転車で走りました。 この日曜日は、福井や金沢で自転車に乗られる方とご一緒できることになりました。 朝7時過ぎに滋賀県東近江の「道の駅あいとうマーガレットステーション」でみなさんと合流。(写真:



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。