--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の積雪量は平年並みなんですか?

2007年04月25日 23:57

050504槍沢

05年5月4日の槍沢です。

 山スキーをしている人の大半は閲覧していると思われる山スキーメーリングリスト。ケガをしている時には迷惑千万この上ない、と思うのは私だけでしょうか?だって滑れないのに、これでもか!と自動的にメールが送りつけられてくるのですから(まあ、脱会するか、すぐにゴミ箱に捨てれば済む話ですが。怪我人のヒガミです・・・)。
 それにしても便利な時代です。リアルタイムに日本全国津々浦々の尾根や谷の積雪情報が家にいながらにして入手出来てしまうのです。貴重な休日を無用な藪漕ぎやカリカリ、凸凹の修行滑りで潰してしまうくらいなら、このメーリングリストの情報を使わない手は無いと思います。とは言え投稿の半分近くは自己顕示欲の発散の場にもなっていたりして、『この人の記事、読みたくねぇ』ってのは片っ端から読まずに消去してしまいます(「○○山激パウダー!」とか「片道○○kmを日帰りスキー」とかいった類のやつ)。

 で、本題です。年に1~2回は滑りに行っている飛騨沢&槍沢の積雪量ですが、このメーリングリストの情報に拠るとどうやらこのエリアの積雪量は平年並みのようなのです。僕が時々参考にするあるブログでは何と2月終盤に既に飛騨沢に出撃しているのですが、その時でさえ白出沢を過ぎてすぐには河原へ降りる事が出来ず、しばらくは夏道を利用しており、槍平までに一部高巻きもあった、と記録されていました。冒頭の写真の05年は特に雪が多かった訳でもありませんが、GWの時点でもすぐに河原へ滑り込めましたし、高巻きなんて一切ありませんでした。槍平小屋も冬季出入り口がわずかに顔を出していた程度でした。となると、これらの情報は一体どこまで正しいのでしょうか?槍平は標高2000mですが、これより上部はほぼ平年並み、それより標高の低い場所は例年よりもかなりの小雪と考えれば良いのでしょうか?3月から4月に掛けては予想外に寒気が流入しましたが、それと同じくらい暖かい日もあったわけで、総じて暖冬だったと言えます。私は現地へ行って実際の積雪量を見ていませんので、確かな事は何一つ言えませんが、僕的な推測だと、今年の冬は普段多く降る所にはほとんど降らず、逆に普段さほど積雪量が多くない内陸で南岸低気圧に伴った水分を大量に含んだ多量の降雪があったのではないか、と思います。とすれば乗鞍や槍、穂高の中部山岳、富士山で積雪が多い、と言う説明が理に適います(間違っていたらスイマセン)

 で、結局のところ何が言いたいのか、と言えば、早く山スキーを楽しみたい!って事なんです(オイオイ)。足も一応は治っているので、ゴーサインは出ています。しかし肝心の休みがありません。本当、連休なんてクソくらえです。家で他人の記録を読むのはもう沢山。連休の前半は山スキーなんて出来ないくらいにザーザー降りで、後半の5~6日がせいぜい晴れてくれれば良いんですよ!ったく(これまた滑りに行けないヒガミです・・・。人間性が歪み始めています。って大分前からという説もありますが)
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/35-1c523140
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。