--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月13日・鳥越村をグルリ

2010年06月15日 01:31

DSCN8343.jpg
旧鳥越村の五十谷町にある五十谷の大杉にて

今日は先週に引き続きスキークラブと一緒にツーリングです。小学校5年生からいい歳のオッサンまで幅広い年齢層の混成グループなので、基本ポタポタですが、ヒルクライムあり、プチバトルありで、久しぶりにハード(僕にとってはですが)な一日となりました。ドMの僕としてはやはりヘロヘロになるまで追い込むのが精神衛生上宜しいみたいです。お陰でまたまたハムストリングが悲鳴を上げておりますが・・・(自転車乗ってて良いんでしょうか?)
DSCN8335.jpg
今日は道の駅しらやまさんで10時集合です。曲がりなりにもローディなので自走しかないでしょう、と嫁を引き連れ5分前に道の駅に到着しました。しかし、沢山のローディがいますが、肝心のメンバーが誰一人いません。おや?日時間違えたかな?と不安が募りますがそうこうする内に続々と皆さん車で集まってきました。さすが皆さん金沢人です。金沢には金沢時間と言う言葉がありますが、皆さん阿吽の呼吸ですね!(オイオイ)

今日はバリバリのメンバーから普段ほとんど自転車に乗らない方まで力量は見事にバラバラです。とりあえず鳥越村のキャニオンロードを目指しましたが余りにもペースに差があったため、鳥越村の別宮地区の五十谷町分岐までは一旦バラける事にしました。そこで早速飛び出したサ〇イさんと一緒に気持ちよく先頭を行きます。と振り返るとkaoriも付いてきていました。お主やるの~!



DSCN8336.jpg
別宮集落からしばらくすると分岐地点となります。五十谷の大杉と蕎麦屋才次郎の看板が目印です。この蕎麦屋は遠い昔に行ったことがありますが、土蔵の中でおばちゃんが手作りの蕎麦をせっせと運んできたのを覚えてます。でも肝心の味の方はさっぱり記憶にありません。



DSCN8338.jpg
五十谷の大杉までは田園地帯ののどかな雰囲気で、自転車には最適です。すれ違う車もほとんどいません。ここから大日スキー場を回すのがサ〇イさんの定番トレーニングルートとの事ですが、確かに素晴らしいルートですね。石川は自転車には大した道がない、と以前書きましたが、いやいや、僕が知らないだけでした。スイマセン。



DSCN8340.jpg
普段トレーニングで周回しているはずのサ〇イさんもその存在に気付かなかったという五十谷の大杉。たしかに道路際にありますが、枝は道路からは見えないので、スルーしてしまいそうです。しかし、想像以上にド迫力の枝っぷりでしたね。



DSCN8342.jpg
嫁さんも3番手で登ってきました。小学生より遅かったらどうしよう、と微妙な心配を秘かにしていましたが杞憂に終わりました(オイオイ)


DSCN8346.jpg
一時間遅れで道の駅を出発したコ〇カさん。あっさりと追い付いて着ました。さすがです。伊達にケイデンス200まで回すサーキットトレーニングをしてませんね。いつ見ても軽快なダンシングは素晴らしいです(しかもノーマルクランクというのが驚きです)


DSCN8347.jpg
五十谷の大杉から鳥越高原大日スキー場に抜けるトンネルまではほぼ登りで、時折ちょいと急な坂も出てきます。集団はかなりバラけてきました。



DSCN8349.jpg
チビッコは元気一杯です。やる気無さげですが、黙々登って来ます。手が小さくてデュアルコントロールレバーが使えないので基本シングルスピードというのがこれまた何気に凄かったりもします。



DSCN8351.jpg
チビッコ・ユ〇キ君のパパは僕のスキーの師匠のス〇ヤマさんです。こんな小さな頃からスキーレースやロードバイクに浸れるのが素直に羨ましかったりします。強くなるだろうなぁ~。僕は下降線をひた走るのみです・・・



DSCN8352.jpg
トンネルを抜けるとそこは雪国、じゃなくて爆音地獄でした。このエコの時代にガソリンとタイヤカスを撒き散らしてのジムカーナなんて何が楽しいんだか?って向こうもこっちみてこんな山の中をペダル漕いで何が楽しいだか?って思ってるかもしれませんが。



DSCN8355.jpg
別宮まで戻ってきたら後は道の駅しらやまさんに戻るだけです。大日スキー場から別宮までサ〇イさんとハイスピードランデブーを楽しんだので脚はかなり疲れていますが、このポタポタなら大丈夫そうですね!(とこの時は思ってましたが後でとんでもないオマケがあったとは・・・)



DSCN8356.jpg
そのオマケとは鳥越城ヒルクライムです。登りは恐らく200mもないくらいですが、そこの登りはかなり急であることを先週のバーベキューの時にサ〇イさんから聞いていました。そこで冗談半分にコ〇カさんをけし掛けたらいきなり猛ダッシュで激坂を登っていきました。アウターに入れてた僕は全く反応出来ずに一度自転車から降りてインナーに入れて再出発しましたが、先ほどのサ〇イさんとのバトルで脚にまったく力が入らずスピードは1桁台に。本当にヘロヘロになりながら何とか登り切りました。やはり普段トレーニングをしていないとこういう時に如実に実力不足を露呈してしまいます。本当に情けない限りでした。フゥ~。


DSCN8358.jpg
鳥越城から鳥越村を見下ろします。一気に登っただけに抜群の眺望を楽しめました。今度は余裕のある時に再挑戦しようと思います。



DSCN8359.jpg
DHバーを装着して地を這うように進むコ〇カさん。カッコイイです。

今年トライアスロンデビュー予定のコ〇カさんと道の駅しらやまさんまでこれまた高速ランデブーです。先頭を頻繁に交代しながら次々と前方を行くローディを追い抜きます。ドラフティングってやっぱ凄いですね。でも結局道の駅手前1kmあたりからはもう追い付けませんでした。ハァ~。


本日の走行距離。多分85km位?平均時速は22kmほどですが、ペース配分がメチャクチャでとても疲れました。




ルートはこちら

スポンサーサイト


コメント

  1. koukeihaya | URL | 4jeLTJQM

    お疲れ様でした!
    いよいよ本格的な内容になってきましたね。
    GFゴール後,そば食いながらitazoさんの本格復帰はまだかと話をしていたところです。
    「itazoさんも,メチャ速やから」とのみなさんの言葉に,グイグイ坂を登るitazoさんが想像できました。
    なんとか機会を作ってご一緒したいものですね。
    もちろん坂ではお先にどうぞですが(笑)

  2. 山ぼーずitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    koukeihayaさん、こんばんは♪

    いやいや、グランフォンドでの大人数での高速走行とは雲泥の差です。本格復帰もいつになるのか全く出口が見えません・・・。

    坂も今は全く登れなくなってしまいました。去年の今頃は富士山国際ヒルクライム(TOJも開催されるあざみライン)に挑戦したり、普段のツーリングも山ばかりでしたが、今年は朝練、夜練を全くやっていないので、地力がまったくありません。koukeihayaさんがコスミックカーボンなんて新兵器を買われた日には全くもって背中も拝見出来ない体たらくに陥る事間違いないので、今のままでお願いいたしますね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/376-1b7ae779
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。