--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月20日・安房峠~乗鞍周回ツーリング

2010年09月20日 23:07

DSCN8462.jpg
今更ですが、今季初の乗鞍ヒルクライムに行ってまいりましたのでその報告を。

写真は乗鞍高原温泉スキー場の最上部・かもしかゲレンデを横切るところの風景です。去年の秋から長引く体調不良でまともなトレーニングを積めておらず、この時点でほぼ死亡状態の私ですが、元気バリバリだった頃は観光センター前からここまで大体25分くらいで登っておりました。今は見る影もありません。ホントにトホホです。
DSCN8448.jpg
安房峠へと向かう途中、左手に焼岳のたおやかな山容が目に入りヨシさんhiroさんと写真を撮り合いました。

さて、乗鞍と安房峠をグルリ一周するルートは乗鞍と野麦峠を一周するルートとともに懐に温めていたものですが、今回hiroさんやみみまるさんのお誘いを頂きようやく実現することが出来ました。

心配された天気も来てみれば御覧の通りの青空。下界はようやく秋の気配を漂わせてきた頃なのに平湯付近はもう秋そのものの冷え込みでした。登山をやってた頃ならば上に行った時の事を考えて上着や手袋等をしっかり用意していくのですが、それも今は昔。ロード乗るのにリュックなんぞ不要、というのがいつの間にか持論になってしまった(そのくせサドルバッグはそれなりにデカかったりもする)ので、ウィンドブレーカーのみ背中のポケットに入れて登り始めました。この山をなめた行動が最後に裏目に出たのは言うまでもありません・・・



DSCN8449.jpg
その後はhiroさんと久しぶりのご対面にしゃべりまくりながら安房峠を登りました。ここ最近山登りはつらいばっかりで楽しいと思える瞬間があまりなかったのですが、素晴らしい景色や楽しい仲間との会話でいつの間にやら安房峠へと着いてしまいました。



DSCN8450.jpg
安房峠から奥穂高岳や前穂高岳、岳沢がこれほどばっちり望めるとは今回初めて知りました。この辺りに降る雪は激軽な事は以前の山行で体験済みなので、今年の冬は久しぶりに山スキーに出撃してみても良いかもしれませんね。でももう単独ラッセルパワーは残ってませんが。ヤマダさん、その節はよろしくお願いしますね。



DSCN8452.jpg
沢渡温泉のグレンパーク(道の駅もどき)にて物思いに更けつつ足湯を堪能する図。

安房峠から中の湯下の国道までは大量の路駐と登ってくる車で終始神経を使いましたが、それ以上に沢渡温泉までの国道が恐怖のライディングでした。特に坂巻温泉直後のトンネルは濡れている上に縦溝が掘ってあり、おまけにスピードもかなり出ていたので本当に死の恐怖を感じました。交通量もかなり多いので転倒したらマジで轢かれるかもしれないです。あぁ~、もう二度と通りたくないです。



DSCN8459.jpg
前川渡では僕の案内が悪くトンネル内で危険なUターンを皆さんに強いてしまい申し訳なかったです。リードすべき時は遠慮なくやんなきゃダメですね。反省です。

で、そこからはようやく静かな乗鞍高原へとなります。安房峠から下り一辺倒だったため体が冷えてちょっとした登りでも足に堪えます。mondoさんやまきちゃんさん達とおしゃべりしつつ観光センター目指して頑張りますが、この区間が意外とタフでした。僕もトレーニング不足ですが、それに輪を掛けてトレーニングしていなかった嫁さんは観光センター前の長くて急な登りで完全に脚が売り切れてしまい the end。予想し得た事態だったので特にあわてませんでしたが、輪行袋がないと意地でも乗車させないアルピコの対応には改めてガッカリさせられましたね。でっかいビニール袋を譲ってくれた向かいのお土産屋さんには本当に感謝感激です。



DSCN8460.jpg
嫁の自転車を包むためにいろいろ手を尽くしている間、みみまるさんはずっと僕らの事を待っていてくれました。何て良い方なんでしょうか!本当にありがとうございました。

観光センターを出てからはいよいよ乗鞍ヒルクライムの本編突入です。ここからのルートはエコーラインと言いますが、ここ数年は毎週のようにヒルクライムに通っていたまさに庭みたいなものです。どこにどんな上り坂があって、これくらいのタイムなら、なんてのが頭に入っているので意識しなくても勝手にペースが上がってしまいます。でも明らかに脚の動きが重かったですね。そりゃぁ安房峠越えて来てからのスタートなので当たり前っちゃ当たり前なんですが、あまりのふがいなさに開いた口が塞がりませんでした。はぁ~~~



DSCN8464.jpg
毎年10月まで通った大雪渓も今となっては遠い存在になってしまいました。肩の小屋口に死にそうな顔してヘロヘロになりながら登ってくるとバス停にスキー仲間の平○さんと近○さんがいたので久しぶりにおしゃべりを楽しみました。みんな連休で朴の木に来てる、との事でした。というわけでそのまま素直に金沢に帰る訳もなく引き続き乗鞍仲間と夜遅くまで酒宴を楽しみました。



DSCN8468.jpg
歓喜のゴールです。やりました!!! 今日は本当に後半の登りがしんどかったです。kotapapaさんやヨシさん、ブラックパールさんの背中を見ながら何とか離されないよう頑張りましたが、乗鞍がこんなにしんどかったとは想定外でした。まあ単純に練習不足なだけなんですが・・・



DSCN8470mmm.jpg
さて、今から下山です。

それにしてもこうやって見ると何ともヤクザな集団ですね。一般人は決して近付きませんように!(ウソです)

そんな事は置いといて、皆さん冬の格好をしておられますね。それはなぜかって?実はレストハウス内でもじっとしているとブルブル震えるくらい寒かったんですね。なので自転車になんて乗ろうものなら自殺行為な訳です。ちなみにこの時点での私の格好はウィンドブレーカーを羽織っただけで手は指切りグローブでした。mondoさんを始め皆さんからは信じらんねぇ的な視線を浴びせかけられ、哀れに思ったみみまるさんから冬用グローブが差し出されたのでした。あぁ~、なんと親切なお方なんですか、みみまるさんは。本当に感謝感激です。


DSCN8475.jpg
乗鞍スカイラインを爆走するmondoさんです。

皆さんにお世話になりっぱなしではいけないと思い、カメラを構えて皆さんのダウンヒルフォームを撮ろうとしますが腕が悪いのと薄暗いのが原因でろくな写真が撮れませんでした。つくづく役立たずですいませんでした。

今回は本当にいろいろと皆さんにお世話になりありがとうございました。仲間と走るのがこんなに楽しかったなんて今更ながら驚きでした。徐々に力を付けて皆さんに付いていけるよう頑張りますので、また一緒に遊んでくださいませ!
スポンサーサイト


コメント

  1. kotapapa | URL | -

    先日は初めて乗鞍でご一緒させて頂き、本当にありがとうございました~<(_ _)>
    メインの上りではitazoさんにご一緒して頂けたお陰でなんとか上ることが出来ました(*´∇`*)
    今後ともよろしくお願いします<(_ _)>

    リンク貼らせて貰っていいですか?

  2. 山ぼーずitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    kotapapaさん、こんばんは♪

    先日はお初でしたが、後半で引いて頂き本当にありがとうございました。あまりにヘロヘロな自分に幻滅しましたが、徐々に体力を付けていきたいと思います。

    リンクの件ですか?喜んでこちらこそ貼らせてもらいます。今度は国見岳でお会いしましょう!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/382-6cc4d893
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。