--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月11日・夕霧峠スノーハイク&おまけ

2011年12月11日 21:47

DSCN9030.jpg

やはり行くところはここしかありません(って事はありませんが)ね、夕霧峠ですよ!

さんざん自転車で登っていながらスキーでも行くか、って感じですが、何せ近くて金が掛からない。これが一番の理由ですね!もちろん峠からの景色も申し分ないくらい素晴らしいってのはありますが。

ちなみに道具一式準備して現地に雪がなかったらアホくさいので、前夜に車でリサーチしておりました。今回はしがらくびポケットパークに停めてそこから3km程度のハイクで済みました。

これから積雪が増えれば見上峠から先はフルラッセルになるので、難易度は低いとは言え体力だけはしっかり必要となります。また林道は次第に不明瞭となり、白ハゲ山より奥は雪崩の危険性も高まりますのでハイシーズンは稜線伝いにルートを取った方が安全でしょうね!


DSCN9027.jpg

しがらくびポケットパークに駐車して、いざ出発!

地熱のないイスの上には30cmほどの積雪がありました。これからどんだけ増えるんでしょう?ワクワク






DSCN9028.jpg

久しぶりのラッセルです。自然とテンションが上がりますが、心拍も同時に上がってしまい、序盤からヘロヘロ。

自転車だと速攻通り過ぎるところを牛歩のごとくゆっくり進みます。





DSCN9031.jpg

数年前19,800円(たぶん)で購入した死に体のヴォラントで今日は出撃です。

ソールはベナベナでしかも今流行りのロッカー形状です(反ってるとも言いますが)







DSCN9033.jpg

振り返ると眼下にキゴ山の白い山頂が見えました。下界は全く雪がありません。






DSCN9034.jpg

誰もいない雪山の静けさって本当に最高です。大勢で山に行くのも楽しいけど単独かせいぜい2~3人で行く山行の方が僕の場合合ってます。他人にペースを乱されないし、状況判断も正確に出来るのでね。






DSCN9035.jpg

お約束の夕霧峠です。自動車の轍や足跡はありますが、人影はありませんでした。






DSCN9040.jpg

避難小屋でカップラーメンを食べました。

自宅で熱湯をテルモスに入れてきたので当初バーナーを使う予定はなかったのですが、どういう訳かそのお湯がぬるくなってて、麺がいつまで経っても柔らかくなりません。結局コッヘルに生煮えのラーメンをぶっこんでバーナーでグツグツ煮る羽目になりましたが、熱々で却って旨かったです(何だそれ!)





DSCN9048.jpg

登ってる最中は寒いと思いませんでしたが、休憩していると次第に寒く感じてきました。

そこで温度計を見てみると、なんとマイナス3度。十分寒かったんですね。







DSCN9052.jpg

イオックスアローザの上部ゲレンデの様子です。積雪は30~40cm程度ですが、ゲレンデ整備するにはあと30cmは欲しいところですね。まだ地面のうねりが残っていました。






DSCN9042.jpg

下界はご覧のとおり雪がまったくありません。平野部にもある程度積もるくらい降らないとスキー場のオープンは難しいでしょうね






DSCN9045.jpg

DSCN9049.jpg

今シーズンの初滑りです。雪はセメントの一歩手前で非常に重く、体重を無理やりテールに掛けてターンしました。でも下付きはほとんどありませんでした。もっと太くて長い板を持って来れば良かったと少々後悔しました。






DSCN9055.jpg

帰り道は板が全く滑らずほぼ漕いで降りました。明日は間違いなく肩と二の腕が筋肉痛になりそうです。

今日は久しぶりに山スキーを楽しみましたが、以前の調子とは比較にならない程今は体力も技術もなくなってしまったので、本格的に復帰する予定は今のところありません。でもハイキングとちょこっとした滑り程度ならまたやってみても良いかなぁ~、なんて思いました。


スポンサーサイト


コメント

  1. 駿洋 | URL | -

    お疲れさまです。
    スキーはクロスカントリー用なんですか。
    ゲレンデスキーだとやはり厳しいものでしょうか。

    スノーシュー買うつもりです。

    でも稜線のハイキングコースを雪が降った状態でトレースできるものですか。
    結構怖そうですね。

  2. 山ぼーずitazo | URL | -

    Re: タイトルなし

    駿洋さん、おはようございます。

    > スキーはクロスカントリー用なんですか。
    今回使ったのはゲレンデ用です。クロカン用の板も持ってますが使い慣れてないのとラッセルでの踏破性が低いので、あまり雪山で使う人はいないと思います。

    > ゲレンデスキーだとやはり厳しいものでしょうか。
    いやいや、問題は金具とシールの有無です。アルペンビンディングでは踵が上がらないですが、山スキー用のビンディングは登るときに踵が上がるので、後は滑り止めのシールをソールに貼り付ければほぼ普通に歩いて坂を登れるようになります。

    > でも稜線のハイキングコースを雪が降った状態でトレースできるものですか。
    全然オッケーです。ただし、ある程度読図が出来るのと高度計(僕は時計を使ってます)が必要です。最近はGPSを使う人も多いようですが、地図を読めないと話になりませんね。機械は壊れますんで。

    ちなみに前回登った記憶だと積雪1m程度ならしがらくびまでひたすら林道を歩いても問題はなかったと思います。ただ、医王山直下の林道法面がモルタルしてある付近は雪崩の恐れが高いのでここだけは通過しないほうが安全だと思います。一度国土地理院の「うぉっちず」で地形図を見られたらイメージが涌くと思いますよ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/405-d51fb4f2
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。