--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・続 3日の立山

2007年06月14日 01:00



天狗平

3日の立山・天狗平で練習に励むノルディッカー

 立山は何もアルペンスキーヤーやテレマーカーだけの聖地ではありません。毎年この季節になると室堂より下にある天狗平では、ご覧の通り100人以上のノルディック選手が汗、水、ヨダレ(これが一番強烈だったりします!)を流しながら雪の上のトラックを魚のように走っています。生まれてこの方ノルディックスキーを履いた事が無い私ですが、近所のしょうもない形式をジョギングするくらいなら、立山の豪快な景色を楽しみながらクラシカルでトラックを走る(又は歩く)方が余程楽しいのではないか、と思ったりもします(ただし絶対に大会には参加したくはありませんが)
060604大喰飛騨沢

昨年の6月4日は槍ヶ岳の横にある大喰岳北面を滑ってました。写真は飛騨沢の中腹です。

去年はまだまだ馬力が余っていたのか、槍ヶ岳に遠征していました。この時は当初大喰カールに滑り込んで、大曲付近から槍沢を登り返す予定でしたが、予想外に時間が掛かってしまい、敢え無く大喰岳北面の急斜面を滑って終了となったのを良く覚えています。ちなみに槍ヶ岳のブログによると先週もまた雪が降ったそうです。先シーズン(まだ終わっていませんが)は真冬に雪が降らなくて、春~夏に掛けて雪が良く降る本当に変な年でした。となれば今年の11月も例年通り立山で初滑りが楽しめる保障はどこにもありません。毎年雪の心配をしなくちゃならなくなったなんていやな時代になりましたねぇ。せいぜい地球温暖化防止に向けて僕なりに出来る努力をしていきたいと思います(と言いつつ毎晩電気付けっぱなしで意識を失っているのですが・・・)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/51-543eaf6c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。