--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロニー・コールマン

2007年07月04日 00:52




最強のボディビルダー・ロニーコールマンの2005年、ミスターオリンピアでの映像です。

何でこの私がボディビルディング?と思われるかもしれませんが、一時月刊誌のボディビルディングを購読していた事もあるほど僕はボディビルディング好きでした(僕自身はボディビルダーでもなんでもないですが)。僕が学生のころはそれこそスキーのトレーニングでしこたまバーベルと戯れたものですが、その頃は本当にこの手の本を読み漁っていました。個人的にはシンメトリーや全体のバランス(巨大過ぎない)に優れたフレックス・ウィラーと言う選手が一番好きで、その次はショーン・レイと言う選手がお気に入りでした。この画像のロニー・コールマンはその次の世代に出現した偉大な王者です(アーノルドシュワルッツェネッガーも何連覇もした偉大な王者ですが、現代の選手と比較するとえらい細い体です。他の動画を見てみてください)
 それにしても人間の体って極限まで鍛えるとあそこまで肥大化する、と言うのが凄いですよねぇ。しかもコンテスト前には皮下の水分(脂肪ではありませんのであしからず)を減らして筋肉がバリバリに浮き出るようにものすごいキツイ食事療法をやっているんだから、そんじょそこらのいい加減な栄養管理だと命に関わる危険性もあります。いくら趣味の世界とは言えここまでストイック、かつ医学的に高度な知識を必要とするスポーツは他にないのではないでしょうか?

 ちなみに僕が一番好きなポーズはラットスプレッド(背中の筋肉を強調するポーズ)でクリスマスツリーのような筋肉の筋(ストリエーション)を出しつつそのままダブルバイセップスに移行するシーンです。ロニーの背中の厚みはもはや人間業とは思えませんね。

 と言うわけで僕のブログを見に来ていただいている方にはまるで興味のわかないネタですいませんでした。月末の強烈な忙しさからもようやく開放されましたので思いついた事を書いてみました・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/59-163f7604
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。