--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕はメタル好きです

2007年03月16日 00:12

 と言っても金属マニアではありません。ヘヴィメタルの事です(んなこたぁ分かっとるわい、って?)。
 
 ちなみにいきなりヘヴィメタルが好きになったか、と言うとそうではありません(当たり前か?)小学生の頃は周りの皆と同じで歌謡曲(えらい懐かしい響きだなぁ~)ばかり聴いていました。で、中学生になると、ある友達がまだ当時珍しかったCDプレイヤーを既に持っており、その中にはポリスやカルチャークラブ、シカゴなどのCDがありました。そのままでは当然聴く事が出来ないので、テープにダビングしてもらい家のラジカセで聴き始めたのが洋楽への取っ掛かりでした。

 その頃テレビではマイケル富岡のMTVや小林克也のベストヒットUSAが放映されており、それに引きずられる様に徐々に洋楽漬けとなっていきました。とは言え高校に入るまではもっぱらスティングやマドンナ、バングルスなどのポップ路線中心でした。

 高校に入ってしばらくして、ある同級生が『これ絶対カッコいいから聴いてみい』とDOKKENのBack For The Attackのテープをくれました。これがきっかけとなり、徐々にヘヴィなものばかりを聴くようになってきました。ハードロックから次第にヘヴィメタル~スラッシュメタル~デスメタルへと。で、一時70年代中心のプログレを聴いたか、と思えば今度は現代版プログレの代表格DREAM THEATERと出会い、以降はひたすらプログレッシブヘヴィメタルにはまりまくりました。さすがに30歳を越える辺りからは常にヘヴィメタル、と言うのも疲れるので適度にポップも聴くようになりましたが、未だに基本はヘヴィメタルです。

DSCN3730.jpg

前置きが長くなり過ぎましたが、今一番のお気に入りアーティスト&アルバムを紹介します。PARADISE LOSTと双璧を成すゴシックメタル(シンフォニックメタル)の代表格THERIONの最新作『Gothic Kabbalah』(右下)です。たぶん10作目位だと思います。このバンド、初めはゴリゴリのデスメタルだったらしいのですが、徐々にシンフォニックな要素が多くなり、今ではデスともスラッシュともヘヴィメタルとも言えないいろんな要素を持ったとても個性的な音楽を作ってます。とても一般受けする音楽ではありませんが、一聴して彼らと判別の付くオリジナリティやその高いクオリティ、そして次々と高品質のアルバムをリリースし続ける無尽蔵の創造性には本当に驚かされます。いろんなヘヴィメタルを聴いてきて、最近聴きたいのが見当たらない人には是非ともお薦めしたいアーティストの一つです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/9-ce117a23
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。