--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLANET X & WITHIN TEMPTATION

2007年10月02日 01:31



KC3A0109.jpg

 左がPLANET Xの新作QUANTUM、右がWITHIN TEMPTATIONの新作The Heart of Everything

 ここ最近定価でCDを購入する機会がほとんどない僕ですが、中古があまり出回らない音楽を聴く事が多い僕としてはどうしてもすぐに手に入れたいCDがあると中古が出回るのを待っても仕方がないので定価で買わざるを得ません。そんなわけで2500~3000円も払ってまでカスを掴みたくありません。しかし、それでもドリームシアターを始めとする現代のプログレッシブメタルやパラダイスロストを起源とするゴシックメタル、ダークトランキリティやアークエネミーなどの北欧系シンフォニクデスメタルに目が無い僕は、そんなCDが目の前に置いてあると試聴もそこそこについ自然と手が伸びてしまいます。そんな中でも僕がここ最近一目置いているキーボーディスト・デレク シェリニアンと超絶ドラマー・ヴァージル ドナティのプロジェクトであるPLANET Xや去年から日本でも人気急上昇のWITHIN TEMPTATIONは迷うことなく購入すべき対象でした。そんな僕の心が見透かされたかのように日曜日立ち寄ったCD屋さんにはこれらのアーティストのCDが並んでいました。

 
 一応自分の中ではいろんな言い訳を考えながら我慢しようとするのですが、廃盤になってからでは遅い、とか自分の価値観が変化して理解出来なくなってからでは意味が無い、と何だかんだ理由を付けて結局購入してしまいました。正直まだ聞き込みが足りないし、分かりやすい音楽でもないので、今の時点で良い、悪いは言えませんが、この聞き込んでいく過程がこの手の音楽を聴く時の大きな魅力でもあったりします。だって一度聞いてすんなり頭に入っちゃうメロディなんてすぐに飽きてしまいそうですからね。ちなみにウクライナの超絶キーボーディスト・ヴィタリ クープリの新作も出ていたのですがこれは何とか踏み止まって買うのを我慢しました。誰か持ってたら貸して下さい!(いるわけないか・・・)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/90-ab50caf5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。