--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右肩亜脱臼のその後

2007年10月04日 01:16



DSCN4329.jpg

恐ろしいまでに高度感を楽しめる(?)北岳バットレス

 昨年の立山で右肩を亜脱臼しており、その後も特に大した治療もせずにいたら、8月の白山登山での山頂ボルダリングで再び亜脱臼。そしてその二週間後にはKCウォールでのボルダリング中にまたまた亜脱臼。さすがにこのまま何度も脱臼を繰り返していては肩関節がボロボロになってしまうのではないか、との恐怖感から今日の午前中職場を抜け出して肩の専門医がいる北陸病院を訪ねました。
 早速レントゲンやらMRIを撮ってもらって即日最終的な結論が出ました。『内視鏡手術を受けないと完治はしません。リハビリしても意味ありません』、との事でした。ちなみに内視鏡手術とは言え入院期間は4日間。その後のリハビリには少なくとも半年以上は要するそうで、とても簡単に決断出来る手術ではなく、とりあえずは診断結果だけを聞いて帰りました。詳しい説明をしてもらったのですが、正直良く覚えていません。ただ肩関節の中で本来骨と密着していなければならない場所が剥がれかかっていて、そこを縫わない限りは同じようなシチュエーション(腕が不用意に後方に引っ張られたりした時など)では今後も抜けやすいだろう、との事でした。

 で、今の僕の気持ち。手術を受ける気はほとんどありません。もし僕がクライミング命と言えるほど生粋のクライマーであれば100%以上のパフォーマンスをどうしても要求してしまうので、手術を受けると思います。でも僕はそこまでクライミングには入れ込んでませんし、今はかなりスキーに傾いています。またスキーをする時にも余程激しい転倒をしない限りは肩に急激な衝撃や変な動きを与える事はなく、実際問題滑っていて何の不都合も感じません。となれば目前にまで迫っているスキーシーズンを棒に振ってまで手術を受ける利点がまったく無いのです。僕がいずれバリバリのクライマーを目指すような事があれば思い切って手術に踏み切るかもしれませんが、とりあえずはボルダーのみ自粛し、ルート中心のやさしい課題ばかりを攻めていこうと考えています。また脱臼する不安もありますが、気合だけのクライミングからは脱却しムーブを洗練させる事でダイナミックなムーブを減らし、スタティックで安定したクライマーになれればそれで良いのではないか、と考えています。
スポンサーサイト


コメント

  1. hatayan | URL | JalddpaA

    脱臼ですか…

    はじめまして。
    itazoさんの奥美濃や乗鞍エリアの山スキーの記録、オフシーズンの自転車の記録、いつも凄いと思いながら読ませていただいています。

    僕も少しだけ山をかじっているのですが、8月の沢で右肩を脱臼してリハビリ中の身です。
    http://d.hatena.ne.jp/hatayasan/20070805/p1
    これまで登攀の要素が含まれる沢をめざしたこともあったのですが、
    不意に脱臼するのが怖く、かといって手術を受ける覚悟もなく、
    しばらくは登攀系のムーブは自粛することになりそうです。

    僕も少しだけ山スキーをやっているのですが、
    記事を読んで人ごととは思えずコメントしてしまいました。
    怪我を克服されて、これからも熱い記録を読めることを楽しみにしています。

  2. 山ぼーずitazo | URL | -

    hatayanさん、はじめまして。どうもレス頂きありがとうございます。

     いろいろとネタを提供しつつもレスがないとやはり淋しいものです。なので、お会いした事もない方からのレスは非常に嬉しいものですねぇ~。

     ところで、早速貴殿のブログをちょこっと拝見させて頂きました。僕なんかよりよっぽど多方面から山を楽しんでおられるようで、その桁外れの体力についても本当に羨ましい限りです。日本海からの剣岳は以前から挑戦してみたいなぁ、と私も考えていましたが、ここ数年は夏山自体に行く機会が乗鞍のおかげでめっきり減ってしまったので、今後余程トレイルランに目覚めない限りは永遠の課題となりそうです・・・。沢登りはたぶん一生やらないなぁ~(苦笑)。だって濡れるのが嫌いなので。となるとやはり天然岩でのボルダリングが僕的には一番性に合っていた(強い訳ではありませんよ、念のため)のかもしれません。とりあえず今の状態は放置すれば亜脱臼を繰り返して悪化する可能性はあっても自然治癒はありえないので、とりあえずは亜脱臼しないように99%スタティックムーブでクライミングを楽しもうと考えています(止めときゃ良いのにね・・・)。

     でもって山スキーもされる、との事。普段中々僕の趣向と合う山スキーヤーがいないので、二回に一回以上は単独ですが、もし気が合えばいつかご一緒出来ると良いですねぇ。11月はおそらく雪さえあれば毎週のように立山に出撃するつもりです。モンチュラのジャケットを着たぼーずがいたら私です。

     ではお互い脱臼には注意と言うことで!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itazo555.blog96.fc2.com/tb.php/91-e32bcc02
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。